映画レビュー

【映画レビュー】『黒い司法 0%からの奇跡』差別が無くならない以上、こういう社会派映画も無くならない!



(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

アメリカの歴史は、人種差別の歴史でもある。その中において、
ハリウッドは常に同テーマの映画を絶え間なく作り続けている。シドニー・ポワティエが今以上に差別が横行している60年代、映画『夜の大捜査線』の中で白人の頬を平手打ちするシーンは衝撃的であった。暴力を賛美するわけでは決してなく、一方的な黒人への差別や暴力が当たり前となっていた、周囲も無関心だったことへの反論がセンセーショナルに表現されたものと捉えている。
彼の意志を継ぐように、近年でも『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』『ムーンライト』『ドリーム』『ブラック・クランズマン』と数々の同テーマを取り上げた名作が誕生するも、そこから差別は何も変わらないどころか、トランプ政権下で尚更に人種差別意識が表面化したように思える。現に、白人警官による黒人への暴力が問題視されているではないか。



この映画の時代設定も1988年と、そんなに昔ではないことに驚く。こんな最近の出来事なのに、検察側が理不尽な捜査で無実の黒人男性を犯人に仕立て上げ、裁判所も死刑判決をしてしまうという考えられない、司法制度には恐怖すら覚える。

「潔白の貧しき者が罪に問われ、疑わしき裕福なものが優遇される」という台詞が何よりも象徴的であった。黒人の罪人はすべて死刑という理不尽が30年前に起こっていたリアル感。この『黒い司法 0%からの奇跡』は、権力が腐敗していたアメリカの愚かしい歴史を焙り出す。その意味でも本作の存在意義は大きい。
『ブラックパンサー』のマイケル・B・ジョーダンのように未熟ながらも己の信念を貫かんとする若者の好演もいい。それに仕える秘書が『キャプテン・マーベル』のブリー・ラーソンと何かとMCUを彷彿とさせるキャスティングだったが、彼らがSFではなく現実問題に立ち向かう様も格好良かった。



『ブラッククランズマン』のように差別は人間の憎悪から生み出されていることを見ると、本当に恐ろしく、同年のアカデミー賞作品賞に輝いた白人だけで製作された『グリーンブック』の当事者視点ではない生温さでは何も解決に至らないことを思い知った以上、尚更に、この映画で起こっていることの絶望感、理不尽さに言葉を失う。
それは、黒人だからというだけで、何かあると疑われる価値観は今のアメリカにも根付いている。この手の映画が過去の事件の記録でしかなくなる日が来ることを願いたい。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  2. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  3. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  4. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  5. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…

関連記事

  1. 映画レビュー

    二兎追う者は一兎も得ず?『女王陛下のお気に入り』は権力に奢れる人間の愚かさを描いた愛憎劇

    アカデミー賞はこの映画の何が好きだったの?英国王室・衣装メイク…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ドクター・ストレンジ

    いろんな映画を観ていると時に、その映像に驚愕する時がある。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  2. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  3. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
PAGE TOP