映画レビュー

『いぬやしき』加齢のギャップを活かせず、憲さんよりも佐藤健がカッコ良いのが最大の失敗!

(C) 2018「いぬやしき」製作委員会 (C) 奥浩哉/講談社

空中戦の映像は見事でした。昨今の邦画では最高クラスじゃないかと思えるど迫力でした。ただね、なんかヒーロー漫画原作の映画にしては腑に落ちないというか、スカッと感が無かったんですね。ヒロイズムがきっちりと描かれてないというか。『GANTZ』『図書館戦争』のようなアクション映画を得意とする監督だけに、話がね、薄っぺらいまま映像だけ派手な映画だった印象でね。

配役に憲さんを抜擢したのは絶妙だなと思うんだけど、致命的だなと感じたのは敵役の佐藤健の方がカッコ良過ぎたこと。ヒールに徹し切れていない。憲さん演じる爺と、どっちが主人公でヒーローなのか分からない。確かに、ベジータとか力石徹のようなヒールが支持されるパターンも有りだと思うけど、佐藤健演じる高校生はそれらとは違う。カッコ良く撮っちゃ駄目なんだよね。佐藤健ばかりが、ひたすらカッコ良くて、事務所(アミューズ)の顔色伺ってるのか?とすら思えたくらいで。




この作品って爺が主人公で英雄ってところが最大の魅力なわけでしょ? 日本は加齢をネガティブなものとする風潮があるから、そのギャップを活かしたところに原作の面白みがあるのに、劇中の木梨憲武が駄目なのなんのって。“冴えないからの~実は超人で強くて世界守っちゃって、爺スゲェじゃん!”という前振り~オチの設定が活かされてない。最後までヨタヨタして強くないし、互角に戦えないし、ヒーローじゃないんだよね、あれじゃ機械化された意味ないじゃん?
幼少期に「仮面ノリダー」に笑い憧れた世代としては、あの感覚をもう一度と思っていたけど、それが成されなかったのが残念でならなかった。

それと、やたらと匿名掲示板の書き込みが世論を象徴する声のように扱うの、いい加減に辞めたら?と思う。05年の電車男の流行時をピークに、もはや、利用者も高齢化・減少傾向にあるわけで、ニッチな分野だと思うので、そんなもので佐藤健が一喜一憂すること自体が安直だなと思ったりもしたけど。
しかし、佐藤健の意外に胸筋が凄いことに驚いた。『亜人』では綾野剛に存在感から演技力まで圧倒されて全部持って行かれてた感あるけど、今回は悪い意味でカッコ良過ぎちゃって、目立っちゃいましたね。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  2. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  3. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. 「時代遅れのRock’nRoll Band」を聴く
  5. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】マリアンヌ

    久々にハリウッド映画を堪能できた気がした。その理由は顔にあった。古…

  2. 映画レビュー

    『エイリアン:コヴェナント』種の誕生と起源に迫るスコット監督の鬼才に慄く

    本来のSFホラー回帰した、スコット監督の気迫が感じられる力作だ…

  3. 映画レビュー

    『アド・アストラ』映画的醍醐味も希望も描けないスッカスカな駄作

    くっそつまらない!大概の映画は表現の存在として認める性質だ…

  4. 映画レビュー

    【綾野剛は流石だけど・・・】シュールこそ独自性と勘違いした悪ふざけ『パンク侍、斬られて候』

    劇中薄らとは感じていたけど、エンドロールでセックス・ピストルズが流…

  5. 映画レビュー

    前作に続き続編も成功★『パディントン2』は、チャップリンイズムを継承する傑作娯楽だ!

    笑って泣けて、本当に心が温まる映画とは、こういう作品を言うのだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  2. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  3. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  4. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
  5. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
PAGE TOP