アカデミー賞

  1. 単なる恐妻家?ウィル・スミスの殴打事件を賞賛してはいけない理由!

    決して格好良くないウィル・スミスが置かれる立ち位置先日のアカデミー賞の壇上でのウィル・スミスによる殴打事件は衝撃的だった。同時に日本では…

  2. 妻は浮気、仮面夫婦なのに?アカデミー賞のウィル・スミス騒動で感じる違和感…

    脱毛症ジョークで仮面夫婦の愛が深まった?ウィル、クリス・ロックに強烈ビンタを食らわす!今年のアカデミー賞の話題をかっさらったのは間違いな…

  3. 大逆転!アカデミー作品賞『コーダ あいのうた』が受賞!またもNetflix敗れる!

    最多ノミネートされていたNetflix『パワー・オブ・ザ・ドッグ』の独占で幕を開けた本年度の賞レース。後半になってから想定外の方向から有…

  4. 邦画初の快挙!『ドライブ・マイ・カー』アカデミー賞を獲る可能性は?

    3月28日に発表される第94回アカデミー賞のノミネートが発表された。濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』が作品賞にノミネートされた。日…

  5. 『ノマドランド』の勝利!史上最高に地味なオスカーで感じた違和感の数々…

    コロナ禍での開催となった第93回アカデミー賞授賞式。今年は三密回避のため、従来のドルビーシアターでなく、場所を変更して行われた。授賞式が…

  6. トランプ大統領がオスカー受賞の『パラサイト 半地下の家族』に不満爆発!

    先日のアカデミー賞で、外国映画としては史上初となる作品賞を含む4部門を受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』に対して、トランプ大統…

  7. 【オスカー雑記】外国映画史上初の快挙!『パラサイト 半地下の家族』は、なぜ作品賞が獲れたのか?

    韓国映画『パラサイト』ナイトだった今年のオスカー大番狂わせの作品賞を密かに期待してた映画ファンも多かった?前日に思った。明日のアカデ…

  8. ノミネートを見て感じる「変わってるようで何も変わってない」アカデミー賞の偏向性

    いよいよ本格的な賞レースの時期がやって来た!アカデミー賞のノミネートが発表され、昨年、世界的ヒット作となった『ジョーカー』が最多11部門…

  9. スピルバーグ監督がアカデミー賞の候補からNetflix作品除外を提案

    個人的な感想として、先日のアカデミー賞の結果を受けてNetflix配信映画『ROMA/ローマ』が作品賞を獲らなかったことに関して肯定的な意見を呈した。しかし…

  10. 主演女優賞大本命のグレン・クローズがまたもオスカーを逃した理由とは?

    『天才作家の妻』名演に関わらず今回も“無冠の女王”健在!『天才作家の妻 -40年目の真実-』でノーベル文学賞を受賞した夫を献身的に支える妻を演じて本年度…

  11. 『グリーンブック』勝利!第91回アカデミー賞が示したネット配信映画の拒絶は正しい!

    司会者の不在や、女性・人種・移民・LGBTなど様々な方面で騒がれていた今年のアカデミー賞だったが、個人的には無難に終わったかなという印象だった。司会者いなくても…

  12. アカデミー賞直前にハラスメント告発が風物詩化してることへの危惧

    『ボヘミアン・ラプソディ』監督に性的虐待告発!ノミネートだけでも偉業だと思っていた『ボヘミアン・ラプソディ』の主演ラミ・マレックが今期の賞レースで主演男…

  13. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れるのか?

    公開11週目を迎えても未だに大ヒット驀進中の『ボヘミアン・ラプソディ』。本年度のゴールデン・グローブ賞のドラマ部門において作品賞を獲る偉業を達成! 先日、発…

  14. 第91回アカデミー賞ノミネート発表!今年の賞レースを席巻している『ROMA/ローマ』優勢か?

    『ブラック・パンサー』ヒーロー映画として初の快挙!いよいよ本格化してきた2019年の映画賞レース。2019年2月22日(日本時間)遂に世界最高峰のオ…

  15. 10年ぶりの快挙『万引き家族』がアカデミー外国語映画賞にノミネートするも強敵あり!

    遂に発表がはじまった第91回アカデミー賞ノミネート!日本人として誇りに思いたいのが外国語映画賞にノミネートされた是枝裕和監督作『万引き家族』と、長編…

  16. 第76回ゴールデン・グローブ賞ノミネートを見て思うこと・・・ガガは主演女優賞無理だって!『ブラックパ…

    年の瀬ともなれば年末年始映画の話題で盛り上がり(今年は超大作が不作な気もする)映画館で流れる予告も来年公開のものばかりになる。映画界は早くも2019年に…

  17. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために本格始動!

    来年2019年に行われるアカデミー賞についてハリウッド界隈がザワザワしている。事の発端は、「人気作品部門」を設立するという、アカデミー賞を主催する映画芸…

  18. LGBT映画の従来のイメージを覆す普遍的恋愛を描いた画期的な傑作『君の名前で僕を呼んで』

    1983年の夏休みにイタリアで家族と一緒に住んでいる17歳の少年エリオが、そこに現れた24歳の大学の博士課程の研究生オリバー青年と恋に落ちるという話。なんだ…

  19. 【祝・主演男優賞】ゲイリー受賞に元妻が“案の定”大抗議!それに反論した意外な人物は・・・?

    先日の第90回アカデミー賞で大方の予想通り見事、主演男優賞を初受賞した名優ゲイリー・オールドマン。蓋を開けてみれば、他を寄せ付けない圧倒的な存在感だった…

  20. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!

    世界の価値観がこれほど動いたと感じさせるアカデミー賞は無かった。結果は『シェイプ・オブ・ウォーター』が作品賞、監督賞を受賞!(その他、美術賞、作曲賞…

  21. 【いよいよ本番】今年2018年のオスカーはこうなる!

    いよいよ明日に迫った第90回アカデミー賞授賞式!映画界最高峰の賞の行方を、映画ファンならずとも全世界が固唾を飲んで見守っている。今年のキーワードは、今や…

  22. 『シェイプ・オブ・ウォーター』の成功の理由は異質との性描写で逃げなかったことにある!

    異物との性描写を逃げないからこそ究極の愛が描けた甘美で倒錯的な独自のデルトロ監督ワールドのひとつの到達点と言えるだろう。「クセが凄いんじゃ~」な同監督作…

  23. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャラメが大穴から最有力…

    いよいよ今週末(2018年3月4日現地時間)に発表される第90回アカデミー賞授賞式。全世界から注目を浴びるエンターテイメント界最高峰の同賞だが、今年は何と言…

  24. 女性への性的暴行への批判、怒りの連鎖を断ち切る・・・分断された今の米国を的確に示すことに成功した傑作…

    二元論で片付けられる善悪ほど簡単なものはないし、勧善懲悪な映画ほど楽な物はない。けど、現実社会はそうもいかない。立場や環境によって、物事の善悪は変わるからだ…

  25. 第90回アカデミー賞ノミネート発表!

    現地時間3月4日に発表されるアカデミー賞のノミネートが発表された。作品賞をはじめ最多ノミネートは、ギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォー…

[PR]

最近の記事

  1. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  2. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  3. ライブレポート

    ポール東京ドーム初日を観た!
  4. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  5. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
PAGE TOP