アカデミー賞

トランプ大統領がオスカー受賞の『パラサイト 半地下の家族』に不満爆発!



© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

先日のアカデミー賞で、外国映画としては史上初となる作品賞を含む4部門を受賞した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』に対して、トランプ大統領がコロラド州で開いた支持者集会でズバリと苦言を呈した!

アカデミー賞がどれほど酷かったことか。韓国の映画が受賞した。一体どうなっているんだ。韓国とは十分すぎるほどの貿易問題を抱えている。それなのに、今年最高の映画の称号を与えるのか。そんなに良かったか?ちょっと待ってくれ。『風と共に去りぬ』のような映画がいい。復活させよう。『サンセット大通り』もある。たくさんの素晴らしい映画がある。でも、勝者は韓国作品だ。最初は外国作品賞を取ったのかと思った。でも違った。こんなことが今までにあっただろうか

いくら偏向的なトランプ大統領とは言え、貿易等の政治問題と芸術を一緒くたに捉えるのは感心しない。政治とは離れた場所でこそ芸術は成立すべきと思うから。しかも、発言したのが大統領選遊説の場であったことから「アメリカ・ファースト」を掲げる白人支持層への猛アピールに共和党の宿敵“ハリウッド批判”を使ったのが明白なのも、ウンザリ気味ではある。



この発言には、多くの米メディアが取り上げた。
トランプ大統領の宿敵でもあるCNNは「トランプ大統領は一体いつの時代に戻りたいのか? 女性が日常的に差別されていた時代か。『風と共に去りぬ』の時代は、白人男性以外にとっては良いものではなかった」と、ワシントン・ポストも「トランプ大統領の暴言は、外国人嫌悪の負の面を示す良い例だ。馴染みのないものに挑戦しないのなら、多くの優れた芸術を逃すことになる」と痛烈に批判した。
また、ニューヨーク・タイムズは「映画産業は自由主義の砦だと主張する共和党員にとって、アカデミー賞は長年標的にされてきた。今年の授賞式でもトランプ大統領を批判する有名人のスピーチが行われた」と中立的な立場で分析。
『パラサイト』のアメリカの配給会社は「(大統領の批判も)理解できる。トランプ大統領は字幕が読めないから」と揶揄した。


© 2019 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

また、助演男優賞を受賞したブラッド・ピットについても「特にファンではなかった」とか、「知った風なスピーチをしていた。小利口な男だから!」とコケ降ろした。ブラピは受賞スピーチの冒頭で「この名誉中の名誉を与えてくださったアカデミーに感謝します。スピーチ時間は45秒だけもらえるんだよよね。上院がジョン・ボルトンに与えた時間より多いな。」と皮肉を込めて発言。ブラピは映画『バイス』など共和党批判の映画の製作に名を連ねるなど、反共和党寄りで知られる(ハリウッド俳優は多いけど)。
この発言は、トランプ大統領の権力乱用と議会妨害の罪を問う弾劾裁判で、トランプ大統領の嘘を証言できると考えられたジョン・ボルトン前大統領補佐官に、証言の時間が一切与えられなかったことに由来する。彼が証言しなかったことでトランプは無罪放免となった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  2. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  5. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…

関連記事

  1. 映画

    徹底予習!!ディカプリオ×ブラピ共演『ワンハリ』を観て「何コレ?」にならないための豆知識!

    賛否両論の『ワンハリ』批判に待った!レオナルド・ディカプリオと…

  2. ハリウッド

    【お前の嫁そいつじゃない】ジャスティンとヘイリー夫婦が似合わな過ぎて不満タラタラな件

    いつの間にかしっぽり地味に役所婚をしていたジャスティン・ビーバ…

  3. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない

    俺は「老害」という言葉が嫌いである。逆に「最近の若者は」と一括…

  4. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?

    2018年5月25日に米国で公開された『ハン・ソロ/スター・ウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  2. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  3. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  5. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
PAGE TOP