ライブレポート

【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)

© ROCKinNET.com

昨年の来日公演から早くも新ツアーで今年も来日を果たしたポール・マッカートニー。平日にも関わらず東京ドームは満席だった。11年ぶりの来日となった2013年から僅か五年で4回目の来日。
来日の度にライヴへは行っているが、まさか、こんなに生ポールを拝めるとは思ってもみなかった。今回のツアーは最新作「エジプト・ステーション」を携えてのツアーではあるものの、同作からの新曲は「Who Cares」「Come On to Me」「Fuh You」と三曲にとどまった。他はビートルズやウイングス、ソロのお馴染みの曲だ。
一曲目は前ツアーと同じ「A Hard Day’s Night」だった(とは言ってもビートルズ以来2016年から初めてソロとして披露するようになったことを考えると希少性が半端ないことが分かる)、惜しげも無く人類史を彩ってきたポップやバラードなど名曲が連投され、最後は「Live And Let Die」「Hey Jude」で本編が締め括られ、アンコールでは「Golden Slumbers/Carry That Weight/The End」に突入する(その頃には俺の涙腺は崩壊している)。ポールのライヴには定型がある。

けど、ポールのライヴには飽きが来ない。マンネリしない。むしろ、それらお馴染みの楽曲を求めているのだ。いつ見ても多幸感に満ち溢れ、楽しさと感動が刷新されている。凄いことである。自分は新しいファンだから過去の名曲と同列に近年の楽曲も好きである。オールド・ファンは過去に縛られる傾向ってあると思うが。だから「Queenie Eye」も聴けたのも嬉しかったし、その次に「Lady Madonna」と続くことにポールの現役感が垣間見れた気がして嬉しかった。楽曲リリースが云十年離れているものを並列に置いて披露するなんて通常できない。ポールの現時点でのキャリアを総括したものを聴かせようとする姿勢なのかなという凄味を感じた。
普通なら新譜リリース後のツアーである、新譜の楽曲をやりたがるだろう。しかし、ポールはそこを最小限にする。希代のスターは聴衆が何を聴きたがっているかを熟知しているからだ。彼以上のスターは世界見渡しても、そういないことは明確だが、ポールの選曲にはエゴイズムが無い。むしろ献身的で、サービス精神旺盛。
加えて、この日「Eleanor Rigby」を歌い出す時に珍しく失敗してやり直し、「これでライヴだと分かっただろ」とおどけたが、その時に見せた愛嬌というのがポールらしくて微笑ましい。この人の楽天的な部分や、こういうチャーミングな魅力というのは永久なんだろうなと思った。

[PR]


初日では披露されたらしいが自分が行った日は「Yesterday」が披露されない初のポールのライヴだった。その分「Let it be」に胸が熱くなり、自然と涙が出てきた。


アンコールの「I Saw Her Standing There」「Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band」「Helter Skelter」の流れが個人的に上がった。ここにも表れているように今回のポールはどちらかと言えばロックモードだったと思う。50年前のロックを2018年にも聴かせる、楽曲の普遍性とポールのボーカル力の見事なマッチングが成す奇跡だと思う。「マタアイマショウ」と言ってポールは会場を後にした。いつも「もしかしたら今回が最後かも知れない」という覚悟を決めて観に来ている。けど、そんなネガティヴな気分さえも跳ね除けるほどポールはパワフルで、絶対また会えるという確信が何故か持てた。来年でもいい。希少価値がなくなろうと構わない。また、会いましょう!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  2. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  3. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  5. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…

関連記事

  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPANのRADWIMPSが凄過ぎた!

    今回のCDJで特に印象的なのは、やはりRADWIMPSでした。…

  2. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2016 vol.1

    ひたちなかで過ごす12回目の夏。今年もROCK IN …

  3. ライブレポート

    【BUMP、ヤバT、あいみょん】COUNTDOWN JAPAN 1819 1日目ライヴレポート

    年の瀬もロックではしゃぐのが最高じゃないかと参加し続けて個人的…

  4. ライブレポート

    ビクターロック祭り2018に行く

    今年で五年目を迎える「ビクターロック祭り」に今年も行った。…

  5. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1314 vol.2【最強の新人KANA-BOON】

    12/30に観たアーティストはこんな感じ。●FLOWE…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  2. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  3. 映画レビュー

    俺が勝手に選ぶBEST映画2016
  4. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
PAGE TOP