ライブレポート

ポール東京ドーム初日を観た!

2013年の来日時には「これが最後だろう」と誰しもが思っていただろう、私も思っていた。しかし、それから5年の間に3回も生ポールが拝めるなんて誰が想像できただろうか。
で、何が凄いかって御年74歳とは思えないパワフルなヴォーカル。そして、以前から取り立たされているが休憩なし。一滴も水を飲まずに、三時間ぶっ通しで歌い続ける。しかも、ほぼ原曲キーのまま。要は、この5年間68歳から74歳という高齢の期間を過ごしても、衰えが無いのだ。紛れもなく超人である。この人こそが音楽という形無き抽象物の偶像なのかも知れない。いや、そう呼んでも異論はないだろう。

ポールのライヴは、だいたいお決まりのセットリストである。
冒頭からビートルズやウイングスの名曲を演ってから、中盤に「Lady Madonna」や「Ob-La-Di,Ob-La-Da」など盛り上げ曲を投入、終盤は「Band on the Run」「Back In The U.S.S.R.」「Live And Let Die」などのキラーチューンで観客の沸点を最高潮までに上げ、「Let It Be」「Hey Jude」で泣かせ、アンコールは「Yesterday」ではじまり「Golden Slumbers~The End」で閉める。この曲は演ってくれるという安心感と期待感を決して裏切らない。そして、もうひとつの、いや、これがファンとしての最大の楽しみかも知れないが、どんな意外性を取り込んでくるかである。

この日も冒頭一発目が「A Hard Day’s Night」だった。実は、前公演の武道館の外で音漏れを聞いてたので、知っていたのだが、やはりDNAに刷り込まれたレベルの名曲を生で聴く喜びはひとしおだ。
その他「Can’t Buy Me Love」「Love Me Do」「BIRTHDAY」など超有名なビートルズ曲が多く盛りこめられていた、レアな一晩となった。一方でウイングスの「Letting Go」「Junior’s Farm」などコアな楽曲も入れる。もちろん、すっかり定番になってる最新作『NEW』(2013年)の楽曲や、リアーナ、カニエとのコラボ曲「Four Five Seconds」も演り“いま”の自分を見せる。何を聴かせず、何を聴かせるかの選択に、ポールの天才と呼ばれるエンターテナーぶりが垣間見れる。

「キョウモニホンゴガンバリマス」「オッス」「イッショニウタオヨ」など日本語のMCも、どこかおどけていて、「(スクリーンに)日本語の字幕は出るのかな? (会場の反応が無いから)字幕が出るのを待つよ」と会場を微笑ましくする。ポールが年齢に関係なく尊敬以上に人から愛されるキャラなのは、こういう愛嬌からなのだろう。至福な時間はあっという間に流れる。嬉しさ、感慨深さ、純粋な感動・・・ポールを観ていると、いろんな感情で涙する。こんな幸せな音楽体験は、そうできない。心からポールに感謝を伝えたい。
ポールは去り際に「See you next」と再び約束した。この約束は必ず守って欲しい。必ずまた会おう!

image source:http://www.billboard.com/articles/news/6092010/paul-mccartney-postpones-tokyo-concert-after-coming-down-with-virus

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  3. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  4. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  5. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する

関連記事

  1. ライブレポート

    10年ぶりの年越しライヴにてサザンの覚悟を観た!

    サザンの今年の活動を締め括る年越しライヴ「ひつじだよ!全員…

  2. ライブレポート

    最近のフェスの過ごし方w

    20代の頃みたいな、がむしゃらな体力は、流石の俺でも衰えま…

  3. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)

    昨年の来日公演から早くも新ツアーで今年も来日を果たしたポール・…

  4. ライブレポート

    ジャンプのタイミングが分からんw(サマソニ2011)

    会場の至る所にセキセイインコのようなカラフル且つ、ダイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
  2. 音楽

    【徹底考察】ビルボード1位、米英人気過熱、国連演説・・・勢いが止まらないBTS(…
  3. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  4. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  5. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
PAGE TOP