ライブレポート

ポール東京ドーム初日を観た!

2013年の来日時には「これが最後だろう」と誰しもが思っていただろう、私も思っていた。しかし、それから5年の間に3回も生ポールが拝めるなんて誰が想像できただろうか。
で、何が凄いかって御年74歳とは思えないパワフルなヴォーカル。そして、以前から取り立たされているが休憩なし。一滴も水を飲まずに、三時間ぶっ通しで歌い続ける。しかも、ほぼ原曲キーのまま。要は、この5年間68歳から74歳という高齢の期間を過ごしても、衰えが無いのだ。紛れもなく超人である。この人こそが音楽という形無き抽象物の偶像なのかも知れない。いや、そう呼んでも異論はないだろう。

ポールのライヴは、だいたいお決まりのセットリストである。
冒頭からビートルズやウイングスの名曲を演ってから、中盤に「Lady Madonna」や「Ob-La-Di,Ob-La-Da」など盛り上げ曲を投入、終盤は「Band on the Run」「Back In The U.S.S.R.」「Live And Let Die」などのキラーチューンで観客の沸点を最高潮までに上げ、「Let It Be」「Hey Jude」で泣かせ、アンコールは「Yesterday」ではじまり「Golden Slumbers~The End」で閉める。この曲は演ってくれるという安心感と期待感を決して裏切らない。そして、もうひとつの、いや、これがファンとしての最大の楽しみかも知れないが、どんな意外性を取り込んでくるかである。

この日も冒頭一発目が「A Hard Day’s Night」だった。実は、前公演の武道館の外で音漏れを聞いてたので、知っていたのだが、やはりDNAに刷り込まれたレベルの名曲を生で聴く喜びはひとしおだ。
その他「Can’t Buy Me Love」「Love Me Do」「BIRTHDAY」など超有名なビートルズ曲が多く盛りこめられていた、レアな一晩となった。一方でウイングスの「Letting Go」「Junior’s Farm」などコアな楽曲も入れる。もちろん、すっかり定番になってる最新作『NEW』(2013年)の楽曲や、リアーナ、カニエとのコラボ曲「Four Five Seconds」も演り“いま”の自分を見せる。何を聴かせず、何を聴かせるかの選択に、ポールの天才と呼ばれるエンターテナーぶりが垣間見れる。

「キョウモニホンゴガンバリマス」「オッス」「イッショニウタオヨ」など日本語のMCも、どこかおどけていて、「(スクリーンに)日本語の字幕は出るのかな? (会場の反応が無いから)字幕が出るのを待つよ」と会場を微笑ましくする。ポールが年齢に関係なく尊敬以上に人から愛されるキャラなのは、こういう愛嬌からなのだろう。至福な時間はあっという間に流れる。嬉しさ、感慨深さ、純粋な感動・・・ポールを観ていると、いろんな感情で涙する。こんな幸せな音楽体験は、そうできない。心からポールに感謝を伝えたい。
ポールは去り際に「See you next」と再び約束した。この約束は必ず守って欲しい。必ずまた会おう!

image source:http://www.billboard.com/articles/news/6092010/paul-mccartney-postpones-tokyo-concert-after-coming-down-with-virus

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  2. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  3. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  4. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  5. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…

関連記事

  1. ライブレポート

    ビクターロック祭り2018に行く

    今年で五年目を迎える「ビクターロック祭り」に今年も行った。…

  2. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート

    夏真っ盛りである。夏と言えば・・・・・・海! ビール! フェス…

  3. ライブレポート

    サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック界最高潮のエモい対バ…

    ロックバンドは熱い存在だ。時代を讃え、時には憂い、己の内たる秘…

  4. ライブレポート

    【ユニゾン、オーラル、元春】COUNTDOWN JAPAN 1819 3日目ライヴレポート

    フェスシーンの旬な若手人気バンドから新進気鋭のラッパーやシンガ…

  5. ライブレポート

    ONE OK ROCK『EYE OF THE STORM』日本凱旋公演が最高だった!

    00年代中盤から毎年観ているワンオクのライヴの中でも、個人的に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ニュース

    【日米LGBT理解度格差】LADY GAGAが「ミス・ゲイ・アメリカ」選出!一方…
  2. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  3. 邦楽

    勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
  4. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  5. ハリウッド

    SW史上最大の被害者?ダース・モールその悲劇の人生を徹底解析!
PAGE TOP