邦楽

初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!

出典:@MyHairisBad

いよいよ今週末、我らがMy Hair is Badが日本武道館のステージに初めて立つ。ロック・バンドにとったら特別な場所である。初なら尚更。日本武道館公演として大々的に取り上げる、バンド史の中でも重要なエポックとして位置付けるバンドが大半である。けど、なんとなく今のマイヘアを見ていると、そう大袈裟な感じもしない。あくまで、現在行われている「ギャラクシーホームランツアー」の中のいち公演という位置付けのような気すらしている。

椎木って、そもそもがそういう人間である。媚びない。
それは最新作『mother』の中の楽曲「燃える偉人たち」の一説にもよく表れている。

興味愛想挨拶もなかったのに
手のひら返して smiley smiley ありがとう
その急に湧いて出た愛を貰って歌います
俺の吐いた唾なんか飲んで美味いすか?
なんか笑えるっすね
冗談すよ 冗談

そして女好き。

そして俺らの代弁者。

そして誠実。

MLMとか訳の分からないネズミ講みたいなの流行してるじゃん。あれもあれで否定はしないけど、俺は思うのは、生涯の仕事じゃないじゃんって思うし、それで仮に得た金を誇れるのかってこと。汗水垂らしてみたいな美徳が良いなんて、古びた時代の爺みたいなこと言いませんけど~。お前の心身に染みついたスキルが何もないで金得ても、お前自身が薄っぺらいだろって、ずっと前から言いたかったのを、椎木がずっと前に呟いてたので感動。こういうロック・ミュージシャンがいてくれて本当に良かったとさえ思うんだ。




そして酔っ払い。

最近、酒や煙草をやらないことが美徳ですみたいな風潮が強くて、合法的な嗜好品までとやかく言われる時代に窮屈さは感じてて、若い世代で酒飲まない、タバコ吸わないとか多いのは、それはそれで良いんだけど、それがバンドマンにまで価値観として広がっていることには驚いてて、別に酒煙草やることは偉くとも何ともないけど(やらないことが偉いとも思わないけど)、もっとバンドマンって反体制的でつんけんしてるべきなんじゃないかって思ってるから。それもダサくて古いのは十分に承知!
椎木みたいな、彼女の家に転がり込んで、ヒモ同然の暮らししながら、ミュージシャン本気で目指しちゃって、酒に溺れて、時には堕落してる姿って、俺の思うところのロック・バンドっぽいし、変に気取ってないし、人間らしいなって愛おしく思うんだけどね。

そういう人間らしさが愛しいというか、人を寄せ付けるんだろうなって思うんだけど
椎木自身も楽曲の中で「終わり」とか「孤独」に対する嫌悪感をストレートに表してるけど、椎木自身が人を欲してるんだと思う。人を欲する人間だから、人から欲される。

椎木をイケメンと崇拝する女性ファンを指す「椎木ガールズ」なんて言葉もあるようで、俺なんかはバンドマンを顔で選ぶとか、顔に惚れてライブハウスでキャーキャーピーピー言われるの無性に腹立つ性質なんだけど、果たして椎木は男前なのかを考えてみようと思う。
ま、ルックスは整っていないこともないという表現が適してると思う。ディーン・フジオカのように顔で売ってるわけじゃないから。それよりも本来の椎木の魅力って、楽曲であって、ライブでの熱さや、バンドマンとしての姿なわけで、あまり顔推しして欲しくない。バンド至上主義な俺的にはルックス以上にもっと崇高な魅力だと思っているわけ。ジャニーズではないんだからさ。
「月曜から夜更かし」でマツコ・デラックスにイケメン否定されたことが話題だったけど、顔売りなんか微塵もしてないので、椎木ガールズも少しは大人しくすべき。嫌だよ、マイヘアのライブでキスマイみたいな黄色い声援起きたら・・・・・・一気に冷めるだろうな~。けどね、関ジャニの村上よりかはイケメンだぜ?

カリスマ美容師が流行した時に、何でもかんでも「カリスマ」付ければいいって風潮になったのと同じで、今時のイケメンの定義もイケメン付けとけばいいって軽薄さはある。女の子も、自分と釣り合う領域の上位をイケメンと言うんだと思う。もはや、それって潜在的な意識で、釣り合う合わないの計りを瞬時に行っている。椎木は、その計りに最適なイケメンなんだと思う。だから、ロック好き界隈の女子たちにピーピー言われる。けどさ、浅はかなんだよな。そういう表面的な魅力でとっつくのって。
昨年のビバラで友人を待ってる時に、隣にいた頭が緑色した貧血なムックみたいな女が「このフェスって(客に)イケメンいないんだね」って俺の20cm真横で言いやがったってことは、俺が釣り合う領域に入っていないんじゃなくて、釣り合う領域を遥かに超越したイケメンだと思うことにする。じゃないと、悔しくて夜も眠れない。その娘が可愛いなら萎えるだけだけど、ムックに言われた屈辱よ。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。


dヒッツ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  2. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  3. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  4. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  5. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…

関連記事

  1. 邦楽

    人気YOUTUBER「Fischer’s」がロッキンに出ることの違和感をバチコン言ったる…

    国内最大級の邦楽フェスにYoutuberの賛否ロックか否かはど…

  2. ライブレポート

    ビクターロック祭り2018に行く

    今年で五年目を迎える「ビクターロック祭り」に今年も行った。…

  3. ライブレポート

    レキシ全国ツアー「不思議の国のレキシと稲穂の妖精たち」大宮公演を観る

    笑い過ぎてどうにかなっちゃうかと思った。王道のキャッチーなメロディ…

  4. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート

    夏真っ盛りである。夏と言えば・・・・・・海! ビール! フェス…

  5. 邦楽

    マキシマムザホルモン2号店はどんなバンドが最適か日本一適当に考えてみた

    だいすけはん(キャーキャーうるさい方)が頚椎椎間板ヘルニアと診…

  6. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大に盛り上がったサザン…

    サザンオールスターズ、ロッキン実に13年ぶりの登場であった。圧…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
  3. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  4. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  5. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて
PAGE TOP