ハリウッド

【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?

(C) 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

2018年5月25日に米国で公開された『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の興行収入が予想を遥か下回っているという驚愕のニュースが飛び込んできたのも記憶に新しい。
日本公開も既にされているが、日本では公開初週から首位発進で、その後二週に渡って首位をkeepしたのだから、洋画としてはソコソコのヒットだと言えよう。そんな俺も実際に鑑賞したけど、娯楽性も高く、そんなに悪い作品では無かった。むしろ面白かった。

確かに、フォースとかライトセーバーとか、ジェダイとかは一切出てこないけど、ヒューマノイドであるハン・ソロはフォースなんて関係ないし、だからこそ、ジェダイの複雑な葛藤とか、スカイウォーカー親子の面倒臭い関係を吹き飛ばす“荒くれ者”って意味合いにおいては、SWの中でも貴重な存在だと思っている。
そんな荒くれ者が如何にしてEPⅦ『新たなる希望』まで生き延びてきたかの若き日々を見せてくれるエピソードとして、ファンとしては、この上なく楽しみな作品なのは言うまでもない。

しかし、蓋を開けてみればEPⅧ『最後のジェダイ』と比較すると1/3の興行収入と散々な結果に。公開後7日間の全米興行収入は『最後のジェダイ』が約3億ドルに対して、『ハン・ソロ』は約1億ドルちょい。その後も数字が伸びなかったことで、ディズニー幹部たちは総ズッコケしたことだろう。





極端に『ハン・ソロ』だけが低迷しているのだ。
その理由は何か? ちょっと妄想してみよう・・・・・・

・主役に華が無い
若手を起用するなら次世代スターとなるような俳優を誰もが望むだろうが、今回若き日のハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライクは違ったようだ。男前ではないとは言わないが、どうも華が無い。しかも、ルーカスフィルムは、オールデンの演技に納得が行かず、演技指導員まで付けている。
・マーベルに客を取られた
世界的に10億ドルを突破するメガトン級のヒットを記録した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に
立て続き『デッドプール2』とマーベル作品に関心を奪われたのと、先手を打たれた? いくら何でも、そこまで立て続けに映画館に足を運ばなかった北米の客足の把握不足、マーケティングの失敗でもあろう。
・『最後のジェダイ』の悪評がもろに影響している
これまで愛され続けたSWの主要人物を次々に死なせてしまう新三部作に非難の声が上がっているのも事実。SWは世界で最もコアなファンが多い映画である。新三部作のような、あまりに好き勝手な展開に従来のSWファンが徐々に離れて行っている表れとも捉えられる。
・『フォースの覚醒』で死なせるべきじゃなかった
やっちまった感が凄まじかったEPⅦ『フォースの覚醒』でハリソン・フォード版を死なせてしまった功罪は大きい。ハン・ソロはハリソンありきのキャラであるから、どうせ後で息子にやられちゃう奴の過去を見ても仕方ないって人もいるかも。あれは生かしておくべきだった。
・単純にSWに飽きた
量産制が招いた悲劇でもある。全権をディズニーに売ってしまってからSWは単なるドル箱コンテンツに成り下がった声も大きい。ルーカスもそれえっぽいことは言っていた。実際に今後数年間は新作ラッシュ。数が増えれば希少価値も下がる。神話が壊されていくことに危機感を覚える。





(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  2. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  3. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  4. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  5. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…

関連記事

  1. ハリウッド

    シンプソンズ嫌悪感丸出しでディズニーを宣伝する(笑)

    ディズニーが20世紀FOXを買収するという衝撃的なニュースが世…

  2. ハリウッド

    【世界共通の正義】戦隊モノ原案のハリウッド大作が来夏上陸!

    いよいよ佳境を迎えている動物戦隊ジュウオウジャー!レギュラ…

  3. 映画

    【速報】『ピッチ・パーフェクト』最終章が日本上陸決定!激レア写真解禁!

    また彼女たちに会える!見逃せない熱狂のラストステージが開幕!『…

  4. アカデミー賞

    今年のオスカーの主役、実はマット・デイモンだったんじゃないか説

    司会がジミー・キンメルと聞けば、自ずと頭をよぎるのがマット…

  5. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない

    俺は「老害」という言葉が嫌いである。逆に「最近の若者は」と一括…

  6. アカデミー賞

    遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れるのか?

    公開11週目を迎えても未だに大ヒット驀進中の『ボヘミアン・ラプソデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  2. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  3. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  5. ハリウッド

    【ジャスティス・リーグ公開記念】いま最もホットなハリウッド俳優“エズラ・ミラー”…
PAGE TOP