映画レビュー

SW初の感動作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に涙する!

image source:http://www.imdb.com/title/tt3748528/mediaviewer/rm1098980352
© 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


前作のJ.J.エイブラムスの『EP7/フォースの覚醒』があまりに既存のスターウォーズ(以降SW)6作品への遠慮と、世界中の旧来SWファンに媚びへつらったもので新鮮味に乏しく心底ガッカリした部分があったのは本音としてあります。

が、やりました!やってくれました!完璧です!脱帽です!大拍手です!
ルーカスは、SWにはまだまだ語られるべきEPがあると発言していた、まさにその「まだまだ語られるべき」部分。これぞ「我々が見たかったSW」を真っ向勝負で描いて大成功。エンディングでお馴染みのテーマ曲が流れた瞬間に「(EP3~4が)繋がった」実感を確かに感じ、鳥肌が立ちました。
しっかりルーカスイズムを引き継ぎながら、新しい物語を構築し、SWという一大叙事詩の中で存在意義のあるEPとして成立させました。ルーカスが手掛けなくても、同シリーズが成立し続ける不安の払拭をしてくれた!

何よりも、この『ローグ・ワン』は泣けるんです!泣けるSW!
言ってみればSWは、所詮はSF映画であり、大衆娯楽の最高峰なので、これまでは感動とは無縁の「遊園地のような映画」でしかありませんでした。楽しければそれでいいってやつ。

しかし、この作品では、今までアトラクション的な描写とでしか描かれて来なかった戦闘シーンに「大義名分」を持たせました。
戦争に大義名分や正義などありはしないと個人的には思いますが、この映画で活躍する先述の反乱軍のスパイ達は、ローグ(=ならず者・無法者)なので、愛国心より「自身の正義」のために立ち上がります。「利他的な信念」とでも言うべきでしょうか。そんな信念を持ったローグ・戦士たちが帝国軍に挑む自己犠牲の姿をこの上ない英雄像として描き切り、思わぬ感動路線に持っていく。

その戦闘シーンが、テンポがあり、流石の迫力が凄いこと!
初めてSWの戦闘シーンで、まるで『プライベート・ライアン』のような生身の人間の戦いなんだというリアリスムが感じられました。
これが吉と出たんです!本来ならSWはWarsと銘打っておきながらも、現実の戦争を感じさせるべきではないと思っていましたが、そういう嘘くさいファンタジーが、もはや通用しない世相なんじゃないかと思うんです。娯楽は娯楽として、SWはその王道中の王道でもいいけど、ここまで迫真のメッセージを見せつけてくれなきゃ、もはやSW歴も25年以上になる古株ファンの俺は満足はしない。SWが好きで本当に良かった。そう思える名作でした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  3. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  4. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  5. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた

関連記事

  1. 映画レビュー

    『亜人』日本漫画の過激性という欠点をハリウッド的なアプローチで見事にカヴァー

    興味深かったのは、この映画には善悪が無かったことだ。不死身の体であ…

  2. 映画レビュー

    『IT/イット “それ”が見えたら終わり。』久々の娯楽ホラーの成功作!

    北米で社会現象級の大ヒットを記録!アメリカでは社会現象級のヒッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ライブレポート

    METROCK 2017 1日目完レポ
  2. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  3. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  4. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  5. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
PAGE TOP