ハリウッド

【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?

出典:thelgbtsentinel.com


創作上の意見相違からダニー・ボイルが監督から降板し、2019年11月に公開予定とされていたが延期せざるを得ない状況になっている007シリーズ最新作『シャッターハンド』(『ボンド25』という題名になるとも噂されている)。今回が最後のジェームズ・ボンド役となるダニエル・クレイグの後継となる次のボンド俳優が誰になるか世界中の007ファン、映画ファンが予想を立てている。

© 2017 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.


無難に40代で英国出身の白人俳優がなるんだろうなと思っているが、意外や意外、調査会社ユーガブの調査では約三割の人が、『ダーク・タワー』での好演も記憶に新しい黒人俳優イドリス・エルバが一番人気だったことが分かった。次点に、いまアメリカで空前のヒットを飛ばしている『ヴェノム』のトム・ハーディが約10%、トム・ヒドルストン、『マイティ・ソー』のロキ役で有名なトム・ヒドルストンが5%と続く。

ボンド役と言えば、これまでは白人で黒髪というイメージが強く、2005年にダニエル・クレイグが新ボンド役に決定した際には「金髪のボンドなんて有り得ない」と大批判が巻き起こっていたが、蓋を開けてみれば、予想以上のハマり役で拍手喝采となった。ただ、それだけ世界中の人々が持つジェームズ・ボンド像の拘りは強いものであることが垣間見れるだろう。

[PR]


しかし、時代も変わったのだろうか。ボンドが有色人種など白人以外の人種的少数派になることを「受け入れられる」という回答は約六割にものぼり、同性愛者でも許せるという回答は約五割にも及んだ。また、女性でも良いと答えたのは36%で、英国人以外は35%にとどまった。性別と国籍の壁は越えられないようだ。けど、これって#metooの潮流に逆らっているわけではない。ボンドは男、ただそれだけのことだ。


個人的にはダニエル・クレイグは能力的に弱ったジェームズ・ボンドを演じていた気がするため、次はボンドの若返りが必要なのではないかと思っている。そこで提案したいのが、この三人。

ジェイミー・ドーナン

ジェームズ・ボンドの特徴としてセクシーさは不可欠だと思うが、『フィフティ・シェイズ』シリーズでお馴染みの彼の色気なら申し分ないだろう。30代後半に差し掛かり年齢的にも調度いい気がする。

ジェイミー・ベル

次のボンドには若返りを望む者としては是非とも彼を推したい。『リトル・ダンサー』の子役イメージが強いが、彼も2018年現在で32歳だ。英国出身だし着実に積んだキャリアも物を言うだろうし最適な気がする。

サム・クラフリン

『スノーホワイト』で王子役を演じたことでも有名。まだ30歳そこそこで若いし、端正な顔立ち、高身長でガタイもいいことから『007』で主演を務めるのに迫力あるアクションが期待できるだろう。


けど、今の段階(2018年10月下旬現在)で最も次のボンドに近いのが人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」でもお馴染みのリチャード・マッデンだとか。白人俳優で、英国出身、キャリアも伸び盛りの若手としては十分に次期ボンドとして適してると言えるだろうけどね? どんな新生ジェームズ・ボンドが誕生するのか、今から楽しみだ。というか、その前にダニエル・クレイグ最後のボンド役である最新作の行方の心配をしなければ(笑)

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  2. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  5. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!

関連記事

  1. ハリウッド

    ジョニー・デップ本人がディズニーランドに出現

    楽しみ過ぎて失禁しそうなくらいでいる!世界的大人気映画シリ…

  2. アカデミー賞

    アカデミー賞直前にハラスメント告発が風物詩化してることへの危惧

    『ボヘミアン・ラプソディ』監督に性的虐待告発!ノミネートだけで…

  3. グラミー賞

    【テイラー、エドまで】黒人優位なのに今年もグラミー賞をボイコットする歌手続出!

    散々、白人贔屓と揶揄され続けてきたグラミーではあるが。昨年末に…

  4. 映画

    欧米でも絶賛『君の名は。』の世界制覇がいよいよ現実味を増してきた

    せいぜい国内人気が高騰するだけだろうと思っていたところから、ア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ライブレポート

    METROCK 2017 1日目完レポ
  2. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  3. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
PAGE TOP