邦楽

勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017

© 2017 ROCKinNET.com All rights reserved.

年末の風物詩って勝手に言ってるんだけど・・・
むしろ俺一人で思ってるだけだけど、それでもいい!
今年もこの企画を発表する季節がやって来ました!
第9回俺が勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017!チェケラウトじゃぁぁ!

10位「Glory Days」尾崎裕也
才能と音楽家のDNAを受け継いでいることを証明した楽曲だと思う!大きなフェスで父親の歌を歌わない。彼は決して七光りではない。そんな道を歩んではいない。来年は飛躍を!

9位「We are」ONE OK ROCK
安定のワンオク!どんどん物凄いバンドになっているのが楽曲にも反映されてるのが嬉しい!

8位「ララバイ」WANIMA
WANIMAらしさが炸裂した爆アゲ曲で聴いていて爽快!CMでの使われ方も絶妙だった!笑

7位「明日、また」[Alexandros]
代表曲「ワタリドリ」に引けを取らない傑作に思える。未来に希望を持たせるロックとしての本質的な部分をきちんと描いた名曲だと思う!

6位「シーグラス」ストレイテナー
キャリアが成熟した後にも、こんな名曲が生まれるのだからテナーは本物だ!夏の終わりの切なさを感じる歌詞と旋律、ホリエの美声の化学反応が凄まじく良い!

5位「オアシスと果樹園」桑田佳祐
サザン的なサマー・チューンではあるものの、こういった夏の王道ポップをコンスタントに書けるところに桑田の才能を感じる。

4位「Summer Venus」KEYTALK
EDMを取り入れちゃう意外性に驚くも、しっかり自分達の曲にしているのが凄い!首藤義勝の変幻自在なソングライティング能力には毎年脱帽してしまう。

3位「Double Down」SKY-HI
ソロのキャリアも長いらしいが、一度も聴かずして“イケメンの道楽ラップ”と思っていた自分を恥じたい。彼こそ今の大衆ラップの頂点だ!時代がようやく彼の需要に追いついた!

2位「一滴の影響」UVERworld
TAKUYA∞は救いの手を差し伸べる。このバンドについていけば何とかなると思える歌詞の共感性に興奮通り越して涙する。ライヴ映えする名曲!

1位「Finally」安室奈美恵
世界基準で歌って踊れる歌手は日本には彼女しかいないことを再確認した。彼女らしい引退と賞賛を贈りたいが、それでもやはり惜しい・・・

とにもかくにも安室奈美恵が全て話題をかっさらった感のある2017年の日本音楽界。それでも若手のバンドがアリーナやドームクラスを満杯にするような全国ツアーをやってしまうほどの人気を誇ったりと、邦楽ロック界も未来は明るいなと思えた一年だった。フェス自体が、もはやロックに限定されたものでなくなって久しいが、いろんなジャンルの音楽が入り乱れている乱世のような状況だけれども、CD不況だ、ダウンロードもストリーミングもしないと危惧されている状況が信じ難いほど音楽は受け入れられる意識はあるんだろうなと思ってはいる。来年も素晴らしい楽曲に出会えますように!

See you 2018!

【バックナンバー】









(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  3. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…

関連記事

  1. 邦楽

    宇多田ヒカル新作『Fantôme』が素晴らしい!

    日本音楽界に語り継がれる新たな名作誕生!凄くパーソナル…

  2. 邦楽

    UVERworldのTAKUYA∞が入籍!

    昨年からフェスに出場したりと生まれ変わったかのように大躍進…

  3. 邦楽

    復活ライヴの対バン相手をワンオクにしたことで感じるエルレの決意とは!

    意外な対バン相手に驚く。10年ぶりに奇跡的な復活を遂げたELLEG…

  4. 邦楽

    【SMAP急上昇】購買運動の意味ってあるのだろうか?

    解散まで1カ月半となった戦後最大のアイドルグループSMAP…

  5. ライブレポート

    【ユニゾン、オーラル、元春】COUNTDOWN JAPAN 1819 3日目ライヴレポート

    フェスシーンの旬な若手人気バンドから新進気鋭のラッパーやシンガ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2018 4日目(2018/08/12)ライブレポー…
  2. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  3. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  4. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  5. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
PAGE TOP