邦楽

大発表!2012年素晴らしき邦楽たちTOP10!

出典:jpsongs.net


毎年、恒例化しました!Best 邦楽 TOP10です!
今年、輝いた楽曲を僭越ながら個人的趣味で選ばせて頂きます!

第10位 「everybody feels the same」 くるり
久々にくるりでグッときた!原発事故は誰も許さない!ROCKは絶対に許さない!

第9位 「Yang 2」avengers in sci-fi
ダンスとロックと和のコラボが見事!かなりクオリティの高い楽曲だと思う!

第8位 「ロックンロール イズ ノットデッド 」 サンボマスター
ロックンロールは生き続ける!山口さんが言うから説得力がある!希望が見える!

第7位 「FAKE IT」 Perfume
中田ヤスタカに興味はないです、が、テクノPOPの傑作だと思います、この曲。

第6位 「夜の踊り子」 サカナクション
鉄板のサカナクション!毎年必ずキメ曲を出すパワーには脱帽!

第5位 「愛しい人へ捧ぐ歌 」 桑田佳祐
日本を代表する歌い手として、3.11後に何を歌うべきか分かってる!さすが!

第4位 「In The Spotlight(TOKYO)」 安室奈美恵
J-POPはここまで出来るんだ!と自信が持てるような。これを安室が歌うからなお良い!

第3位 「夢の外へ」 星野源
2012年“よく頑張った大賞”をあげるとすれば、この人以外にいません!ただただ拍手!

第2位 「ROCK ME BABY」 THE BAWDIES
ちょっと毎年THE BAWDIESに甘くないか?という声もありますが、良いものは良いw

第1位 「distance」 MAN WITH A MISSION
個人的には、今年は狼さん達の勝利です!

こんな感じです!
CD不況が叫ばれている中、今年はCDの売上が前年よりも増えたそうです。
アイドル系が好調なほかに、達郎、桑田、ミスチル、ユーミンなど大物アーティストのベスト盤が貢献したとか。けど、ベテラン以外でも、素晴らしいアーティスト・曲が無いわけでは決してありません!むしろ、増えてるように思えます!
2013年も素敵な曲で溢れますように!
See you 2013!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  2. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  3. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. 2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!

関連記事

  1. 邦楽

    ヤバイTシャツ屋さん紅白急浮上で感じる2つの違和感

    最近の紅白では「フェス枠」が設けられているようなオリコンが実施…

  2. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~

    サザン40周年ライブをLVで観る。個人的な話になるが、サザンのファ…

  3. 邦楽

    サマソニに和田アキ子

    毎年必ず入れてくるブッ飛び要員。少女時代、TOKIO、…

  4. 邦楽

    フェス初出演を経て勢い付くUVERworldが半端ない!

    今年のロッキンでバンド史上初となるフェス出演をしたUVER…

  5. 邦楽

    発表!2014年素晴らしき邦楽たち!!

    もはや、年末の恒例行事!俺が独断と偏見で勝…

  6. 邦楽

    EXILE所属LDHの世界進出が成功しない理由

    EXILEなどが所属するLDHが、世界基準でエンタテインメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  2. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  3. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  4. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
PAGE TOP