音楽

My Best Song 2012

アデルの歴史的快挙、ストーンズ50周年、ロンドン五輪、マドンナとGAGAの大喧嘩、レディヘッドのライヴでの事故、江南スタイル世界的大ヒット、GREEN DAYのビリー入院、ビヨンセ出産、フーファイターズ活動休止・・・2012年も本当にいろいろありました!

そんな1年の終わりの恒例行事!My Best Song TOP10の発表です!
相変わらずミーハー魂炸裂で、独断と偏見で厳選してみました!

第10位 「What Makes You Beautiful」One Direction
毎年言ってる気がするけど、俺はアイドルにも寛容ですw敢えてこういうのも選びますw

第9位 「Payphone」Maroon5
もはや俺の中では鉄板のMaroon5!さらにPOPに、進化し続ける彼らには脱帽!

第8位 「Back In Time (Men In Black3)」PITBULL
この曲聴いてると思うんだけど、ミーハーでいることって実に心地良いです!w

第7位 「Stronger (What Doesn’t Kill You) 」Kelly Clarkson
実にド直球なメッセージに励まされました!今年、この曲にはパワー貰いました!

第6位 「Somebody That I Used To Know (feat. Kimbra)」Gotye
BECK以来の衝撃!今年最大のヒット曲にして最高の曲!メロディが心地良い。

第5位 「We Are Young」FUN.
もぅ、今年、何千回耳に入ってきたことか・・・否応無くこの曲なしに2012年は語れないw

第4位 「Call Me Maybe」Carly Rae Jepsen
今年は、にっちもさっちもカーリーちゃんでした!とりあえず、可愛い勝ち!w

第3位 「Two Fingers」Jake Bugg
2012年最大の発掘!新時代のスター誕生の瞬間を見た気がします!素晴らし過ぎる!

第2位 「Doom And Gloom」The Rolling Stones
圧巻!50年目にして、こんな“かっちょえぇ曲”やられたら文句の言いようもないよね!

第1位 「Oh love」Green Day
今年のGREEN DAYは実に膨大な数の楽曲を発表しました、その全てに称賛を送りたいです!

こんな感じです!
ヒットチャート的な部分もチラホラあるのが、THEミーハーな俺流w異論反論あるかと思いますが、権威もへったくれもないランキングなので、そこは受け流してね^^;
来年も素晴らしい楽曲が世界中に溢れますように!
See you 2013!!!

過去のランキング
●2011年

●2010年

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  3. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  4. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  5. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…

関連記事

  1. ライブレポート

    祝!サマソニ10周年【SUMMER SONIC 09】vol.1

    8:30に海浜幕張駅集合で、朝起きたのが8:30。先週…

  2. 音楽

    【FUJI ROCK直前特集 Part.1】何人たりとも媚びない御大、ディランは何を歌う?

    ディランはフジロックで何を歌うのか?その答えは神のみぞ知るレベ…

  3. 音楽

    The 1975のマシュー同性愛禁止のドバイで男性客にキスの流石な行動!

    反LGBTQ法に抗議して自ら同性とキスしちゃう先日のサマソニで…

  4. 音楽

    ビヨンセ出産!

    俺の妄想元カノでお馴染みのビヨンセが無事、出産を終えた…

  5. 音楽

    ひっさびさに妖怪・・・いや、シェールが凄まじいw

    シェールの本当に久々となる新曲がいい感じです!!!アメリカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  3. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  4. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2018 4日目(2018/08/12)ライブレポー…
  5. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
PAGE TOP