邦楽

2011年素晴らしき邦楽たちTOP10!

c ROCKinNET.com


早いもんで、あと2週間で今年も終わりってことで、去年、意外に反響の高かった
俺が勝手に選ぶBest邦楽TOP10!を発表します!
今年もガッツリと邦楽も聴いてきましたので、僭越ながら独断で選んでみました!
批判も多々あるでしょうが、順位とか、まぁそんな気にせず気楽に見てくださいな。

第10位 「スターライトパレード」SEKAI NO OWARI
POPバンドとして着実に大衆化する方向性が吉と出ている気がする。

第9位 「A NEW DAY IS COMIN’」 THE BAWDIES
今年も最高のロックをぶっ放してくれました!おかげで1年中BAWDIES漬けでした。

第8位  「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」 サカナクション
俺の中では、もはや鉄板のサカナ!聞けば聞くほど癖になるスルメ曲。

第7位 「福笑い」 高橋優
「きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う」10年に1度の名言!

第6位 「maximum the hormone」 マキシマムザホルモン
久々にかましてくれた感じが気持ちいいです!

第5位 「Re:make」 ONE OK ROCK
この曲で、J-ROCKの王道街道を歩むに相応しいバンドとして確定した感がある。

第4位  「家族になろうよ」福山雅治
久々に老若男女問わずに「いい曲」と言えるような国民的な名曲!

第3位「Let’s try again~keisuke kuwata ver.~」 桑田佳祐
王道な桑田流POPが逆に気持ち良い!サザン休止後の桑田で一番いい曲!

第2位 「I love you & I need you ふくしま」 猪苗代湖ズ
震災系の音楽で最も心に染みた曲。音楽の力を感じることができる気がしました。

そして、2011年の栄えある1位は!!!!!

第1位 「MirrorDance」 androp
J-ROCKの新しい可能性!すごい才能がまた出てきた!

以上です!編集長!大木凡人、古い!androp聞いてる世代には通じません!
2012年も素敵な曲がこの国にたくさん生まれますように!See you 2012!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  2. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  3. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  4. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. テレビ・芸能人

    紅白

    何かと文句の対象にされる紅白歌合戦。幕張からの中継だっ…

  2. 邦楽

    【宇多田新曲2曲が素晴らしい】日本中が彼女を待っていた

    正式な復活を発表していた宇多田ヒカルの新曲が早くも2曲も聴…

  3. 邦楽

    SKY-HIの新曲「キョウボウザイ」が身震いするほど素晴らしい!

    今年個人的に要注目しているアーティストの一人にSKY-HIとい…

  4. 邦楽

    【EXILE神話終焉】三代目JSBが1億円でレコ大買収発覚!

    レコード大賞自体が業界最大権力バーニング配下の賞であること…

  5. 邦楽

    Dragon AshのMステ初登場を見て

    キャリア20周年を迎えたDragon AshがMステに初めて出演し…

  6. 日記

    平昌五輪閉会式でのポップアーティストの“イマイチ感”を見て感じる東京五輪への不安!

    気付かぬうちに閉会式を迎えた平昌五輪。やばいな・・・・・・俺、羽生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  3. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  4. ライブレポート

    ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  5. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
PAGE TOP