邦楽

毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!

もはや、年末の恒例行事でございます!
俺が独断と偏見で勝手に選ぶ「今年素晴らしいと思った邦楽TOP10」の発表!

SMAPと、ゲスの極みと、『君の名は。』だった2016年!
その中で俺の心を鷲掴みにした楽曲を10曲に厳選してランキング!
これ、本当に1か月前から悩むんです・・・毎年本当に素晴らしい曲多くて!
では!そんな悩みぬいた10曲を、チェケラウチョ!(*^▽^*)b

第10位 「Paradise Has No Border」東京スカパラダイスオーケストラ
各々の音楽道を極めつつも大衆受け抜群のキャッチーな楽曲を生み出し続けるスカパラを賞賛して今宵も踊ろう!

第9位 「戦争を知らない大人たち」My Hair is Bad
こういうバンドがシーンの中心に来ないなら邦楽辞めろ!と言いたくなる才能!胸にグッと来るメッセージ性と言葉の選択のセンスに惚れた!

第8位 「Butterfly」BUMP OF CHICKEN
常に変化していき、時代に受け入れられ続ける偉業を継続させているバンプの凄まじさ!

第7位 「MATSURI BAYASHI」KEYTALK
まさに21世紀のサザン!夏祭りを体現する楽しさ、開き直った前のめり感が力強くて良い!ライヴ映えする傑作がまた増えた!

第6位 「よー、そこの若いの」竹原ピストル
魂で歌うシンガーが少なくなってきている昨今、日本の音楽界が彼を見出すシーンであることに敬意と安堵を覚える。久々に音楽で涙した。

第5位 「STAY TUNE」Suchmos
ジャミロクワイをJ-POP的解釈させたオシャレさが良い!これからの音楽!

第4位 「花束を君に」宇多田ヒカル
天才としか形容し得ない。期待を遥かに超越した楽曲で復帰した彼女に拍手!

第3位 「拝啓、いつかの君へ」感覚ピエロ
聴き手に伝えようとするパワーの凄み!今後が末恐ろしい、最高過ぎる!!

第2位 「オンリーワンダー」フレデリック
ここまで中毒性を持ったJ-ROCKを聴いたことが無い!脳内リピート率今年No.1!

そして、今年を制覇した、栄えある頂点に輝いた曲は・・・

第1位 「前前前世(movie ver.)」RADWIMPS
今後20年は語られ聴き継がれるべき大名曲!哲学を脱し大衆性を優先し完全勝利!

如何でしょうか?2016年はこんな感じです!

今年も本当に素晴らしい邦楽がたくさんありました!
ヒット曲が生まれにくい時代ですが、それと音楽の質とは、また次元の違う話。むしろ年々、邦楽のクオリティは高くなっているように思えます!『君の名は。』に話題独占された感じはありますが、その主題歌である「前前前世」も底抜けに明るく世間を楽しませてくれました。あの映画の社会現象的大ヒットも、この曲無しには成り立たなかったとさえ思います。音楽の力を感じずにはいられませんでした。
来年もこの国に素晴らしい楽曲が生まれ、世の中を明るく照らし、音楽の力を感じることが出来たら幸せですね。

See you 2017!

◆バックナンバー◆
工事中

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  2. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  3. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  4. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  5. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!

関連記事

  1. 邦楽

    本人も戸惑う…宇多田新作新作『Fantôme』が世界席巻中!

    iTunesアルバム総合ランキングでは、日本を含む世界31…

  2. 邦楽

    スカパラに限定加入した、さかなクンがめちゃCOOL!

    しかし、本当に不思議な人だ・・・あの「さかなクン」が、…

  3. 日記

    ネット批判が完全正義な世は如何に~前編~

    かつてMY FIRST STORYのHiro(Vo)が某ネ…

  4. 邦楽

    宇多田ヒカル8年ぶりの新作リリース決定

    宇多田ヒカルが、9月28日に8年ぶりとなる新作をリリースす…

  5. 邦楽

    RADWIMPSのドラム山口智史が無期限休養へ

    約6年前から「フォーカル・ジストニア」という「楽器を演奏すると…

  6. 邦楽

    NICO Touches the Wallsの活動終了の理由を考える

    突然の活動終了に驚き通り越して無心・・・NICO Touche…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  2. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  3. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  4. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
PAGE TOP