映画

日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない

© 2016「君の名は。」製作委員会

俺は「老害」という言葉が嫌いである。逆に「最近の若者は」と一括りにする風潮も大嫌いで、個性や個人を排除した物の見方に違和感しか覚えない。これから、その傾向は益々進んでいくであろう、自分よりも年上で自分の嗜好にそぐわない相手は全て害!それでは、世代間の溝は深まるばかりで、真っ当な社会形成がされるとは到底思えない。

そんなことを思いながらも日本アカデミー賞を見ながら、心底思った「これ、老害だな」と。
まず、『シン・ゴジラ』が作品賞、技術賞はじめとし最多賞を受賞していたのはいいとしても(技術が褒められる映画が作品賞を獲るのはオスカーに例えるなら『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のような感じだろうか)、おそらく昨年の公開作では最も役者としての演技の幅を見せつけたであろう綾野剛を主演男優賞に選ばなかった件、海外では箸にも棒にも引っ掛からなかった凡作『ハドソン川の奇跡』を外国映画賞に選ぶところ、『君の名は。』にアニメ賞を獲らせないところだ。

殊更『君の名は。』がキネマ旬報や日本アカデミーに選ばれないことに関しては、『世界の片隅で』が素晴らしい云々でなく、日本映画界の閉塞感、高齢化の顕著に表れた現象として捉えている。要するに、あの映画は日本のポップ・カルチャーの集大成的な映画なわけで、その肯定が、何故できない!と憤りを感じたのだった。大衆との温度差!“ぜんぜん”納得いかない!ああいうものを、理解できないような年の取り方を俺はしたくない!

結局、『シンゴジラ』に多くの賞をあげたのは、これから東宝が再びゴジラを中心に一大ビジネス展開することを想定したお膳立てな気がする。
そもそも、日本映画最高峰の映画賞で権威がある(ことになってるのに)受賞を待たずに、主演女優を実際に受賞した宮沢りえが、他の仕事でその場にいないって言うのが、この賞がどれほど舐められているのかを表していると思う。そういう権威化は、やはり大衆寄りな結果に多少は意識することだと思うのだが。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ポール東京ドーム初日を観た!
  3. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  4. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  5. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する

関連記事

  1. 映画

    妖怪ウォッチ vs スターウォーズ今年の軍配は?

    昨年スターウォーズの新作『フォースの覚醒』が上映され、…

  2. ハリウッド

    世界を恐怖に落し入れる『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が北米で空前の大ヒット!

    原作者キングも絶賛!空前の大ヒットを記録!スティーヴン・キング…

  3. アカデミー賞

    主演女優賞大本命のグレン・クローズがまたもオスカーを逃した理由とは?

    『天才作家の妻』名演に関わらず今回も“無冠の女王”健在!『天才…

  4. 映画

    第11回 独断で選ぶ今年良かった映画 TOP10 2019

    今年2019年の邦画と洋画を合わせた興行収入の総額が、2016年に…

  5. 映画

    『天気の子』オスカー日本代表作に選出!絶対に受賞できない理由とは?

    この夏、日本に『天気の子』旋風吹き荒れる!タイアップコラボは7…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
  3. ライブレポート

    安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  4. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  5. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
PAGE TOP