音楽

ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化

image source:http://www.mtv.co.uk/justin-bieber/


ジャスティン・ビーバーがスペイン語の歌唱でゲストで参加している、今年最大のヒット曲、ラテン系アーティストのルイス・フォンシとダディー・ヤンキーとのコラボ曲「デスパシート」。世界各国を回っている世界ツアー「Purpose World Tour」のスウェーデン公演にて、同曲を披露した際に、冗談交じりに「歌詞が分からない」と歌うことを諦めたジャスティンに、怒ったファンがペットボトルを投げつける珍事が発生した。
以前も、歌詞を完全に忘れて、適当に歌ったことでヒンシュクを買っているが、依然ジャスティンは同曲のスペイン語歌詞を歌えないでいるようだ。

話題曲「デスパシート」ってどんな曲?

MV再生回数は2017年7月現在で15億を超え(関連すべて含む)、スポティファイのチャートにおいてスペイン語楽曲史上初の1位を獲得するなど現在世界で大ヒット中の楽曲である。
大傑作「Purpose」後の新曲として注目が集まっていたジャスティンが、フューチャーされた話題曲である。MVや楽曲内では流暢なスペイン語を披露しているが、生歌唱になるとそうもいかない様子。

適当歌唱がブームになりつつある

「それでもプロか!」とお怒りになる方も多いだろうが、実はこの曲、相当難しい様子。
『きっと、星のせいじゃない』や『ダイバージェント』シリーズで知られるアンセル・エルゴートや、バックストリート・ボーイズなど、錚々たるメンバーがジャスティンさながらの適当なスペイン語を披露し、ちょっとした“適当ブーム”が発生中。スペイン語の部分は全体的にいい加減なものだが、楽曲のタイトルである「デスパシート」だけ、はっきりと歌唱するのが面白いと話題だ。
けど、これってスペイン語と原曲をdisってないか?

いずれにせよ、ピコ太郎然り、ちょっとした言動(今回に限ってはミスだからなぁ)で世界的にムーヴメントが起きるジャスティンの影響力って本当に凄まじいと感心するばかりだ。

プエルトリコに想定外の経済効果

この「デスパシート」の人気は、セレブの悪ふざけに留まらない。なんと、プエルトリコへの旅行者が45%も増加したというのだから驚きである。ジャスティンがフューチャーされていないオリジナル版も注目を集めており、そのMVで撮影されたロケ地を巡るツアーも組まれているとかで、この夏は、空前のデスパシート・ブームが起こっている。
ジャスティンが歌えないと言ってから騒動となり注目を集めた「デスパシート」、今年の夏を代表する楽曲と言って過言でない。

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載は固く禁ずる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  2. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  3. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  4. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  5. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える

関連記事

  1. ニュース

    【のんぽり?バカ?】テイラー・スイフトがバッシングの標的に!

    先日マドンナはじめ大勢のセレブも参加した、女性による反トラ…

  2. 音楽

    エアロスミスが大阪の路上ライヴに飛び入り参加w

    エアロスミスのスティーヴン・タイラー(Vo.)が先週、深夜の大…

  3. ライブレポート

    SUMMER SONIC 08

    曇り(ちょっと雨も降ったかな)・・・ぶちゃけ物足りない。…

  4. グラミー賞

    ビヨンセ双子を妊娠~そして気になるグラミーの行方!

    おめでとうございます!JAY-Zの浮気疑惑、その夫と妹…

  5. 音楽

    頭がいい人が聴く音楽はレディオヘッド!じゃ~俺はアホだw

    どっかのライターが、主な米大学ごとの大学進学適性試験の平均得点…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  3. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  4. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. 映画

    ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
PAGE TOP