音楽

ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化

image source:http://www.mtv.co.uk/justin-bieber/


ジャスティン・ビーバーがスペイン語の歌唱でゲストで参加している、今年最大のヒット曲、ラテン系アーティストのルイス・フォンシとダディー・ヤンキーとのコラボ曲「デスパシート」。世界各国を回っている世界ツアー「Purpose World Tour」のスウェーデン公演にて、同曲を披露した際に、冗談交じりに「歌詞が分からない」と歌うことを諦めたジャスティンに、怒ったファンがペットボトルを投げつける珍事が発生した。
以前も、歌詞を完全に忘れて、適当に歌ったことでヒンシュクを買っているが、依然ジャスティンは同曲のスペイン語歌詞を歌えないでいるようだ。

話題曲「デスパシート」ってどんな曲?

MV再生回数は2017年7月現在で15億を超え(関連すべて含む)、スポティファイのチャートにおいてスペイン語楽曲史上初の1位を獲得するなど現在世界で大ヒット中の楽曲である。
大傑作「Purpose」後の新曲として注目が集まっていたジャスティンが、フューチャーされた話題曲である。MVや楽曲内では流暢なスペイン語を披露しているが、生歌唱になるとそうもいかない様子。

適当歌唱がブームになりつつある

「それでもプロか!」とお怒りになる方も多いだろうが、実はこの曲、相当難しい様子。
『きっと、星のせいじゃない』や『ダイバージェント』シリーズで知られるアンセル・エルゴートや、バックストリート・ボーイズなど、錚々たるメンバーがジャスティンさながらの適当なスペイン語を披露し、ちょっとした“適当ブーム”が発生中。スペイン語の部分は全体的にいい加減なものだが、楽曲のタイトルである「デスパシート」だけ、はっきりと歌唱するのが面白いと話題だ。
けど、これってスペイン語と原曲をdisってないか?

いずれにせよ、ピコ太郎然り、ちょっとした言動(今回に限ってはミスだからなぁ)で世界的にムーヴメントが起きるジャスティンの影響力って本当に凄まじいと感心するばかりだ。

プエルトリコに想定外の経済効果

この「デスパシート」の人気は、セレブの悪ふざけに留まらない。なんと、プエルトリコへの旅行者が45%も増加したというのだから驚きである。ジャスティンがフューチャーされていないオリジナル版も注目を集めており、そのMVで撮影されたロケ地を巡るツアーも組まれているとかで、この夏は、空前のデスパシート・ブームが起こっている。
ジャスティンが歌えないと言ってから騒動となり注目を集めた「デスパシート」、今年の夏を代表する楽曲と言って過言でない。

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載は固く禁ずる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  2. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…

関連記事

  1. 音楽

    サマソニ20周年に相応しい盤石のヘッドライナーを見て思うこと

    今年2019年に20周年を迎えるサマソニのヘッドライナーが発表…

  2. ニュース

    ジミー・ペイジ演奏無しで大炎上中

    ロック界で最も権威ある授賞式「CLASSIC ROCK AWA…

  3. 音楽

    安室奈美恵ベスト盤のミリオン突破がどれだけ凄いのか世界基準で考える!

    来年2018年の9月で引退を発表した安室奈美恵のベスト盤『Fina…

  4. 音楽

    My Best Song 2011

    今年発表された曲の中から、俺の好きな楽曲を独断と偏見で選んで勝手にラン…

  5. 音楽

    歴代のMy Best Albumを振り返る!

    今年もいよいよ音楽を総括する時期です。油断してましたが今年は素晴ら…

  6. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!

    梅雨明け待たずして灼熱の日が続いている・・・・・・夏真っ盛り!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…
  2. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  3. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  4. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  5. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
PAGE TOP