ハリウッド

【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン・ティンバレークに決定で思い出される13年前のアノ事件

出典:https://www.huffingtonpost.com/2014/05/12/justin-timberlake-solo-nsync_n_5309842.html


来年2018年の2月に行われるスーパーボウルのハーフタイムショーがジャスティン・ティンバレークに決まった。なんとも無難な抜擢に少し幻滅だ。彼は米音楽界きっての優等生キャラである。業界から愛され、信頼もされている。そして実力者であるから何でもこなしてしまう。リアーナがオープニングアクトを務めるはずだったグラミー賞の前日に恋人のクリス・ブラウンから暴行を受けてしまった際も、緊急の代打として完璧なステージングを披露したように。今回もインシンクが復活するか? などと期待もされているようだが、個人的には、ここ7~8年間のハーフタイムショーがあまりにクオリティが高いがゆえに、無難にまとまるのも退屈だなと思っている。それなら、ジャスティン・ビーバーで観たかった。多くのアメリカ人が反対するのだろうけど。

ジャスティン・ティンバレークとハーフタイムショーといえばアノ事件

なんて、個人的な文句を言っていたら、実際に文句を言ってる人が多いと聞いて、どんなことにイチャモン付けられているのか調べてみた。
どうも、13年前のアノ事件が関与しているようである。ティンバレークのハーフタイムショー出演は、私の記憶が正しければ、インシンク時代にエアロスミスのゲストで登場、そして、ジャネット・ジャクソンのゲストで登場の過去2回。言わずもがな、後者のジャネットの時は、いわゆる「おっぱいポロリ事件」で全米から非難殺到となり、世界中でも大騒動となった。

それ以来、ティンバレークもジャネットもハーフタイムには出演していないので、“出禁疑惑”まで出ていた。しかし、今回ティンバレークの出演が決まるや否や、ジャネットのファンが「なぜジャスティンだけOKで、ジャネットは出られないのか」と怒り心頭らしく、ハッシュタグ「#JusticeForJanet(ジャネットに正義を)」まで作られているという。

この騒動で変わった変化

結局、事故で無く意図的な演出だったことで、このパフォーマンスを企画したMTVは今後一切スーパーボウルに携わることを禁じられる。CBSが55万ドルの罰金を科せられる(2011年にはこの判決は無効となる)。
また、ジャネットはその年のグラミー賞受賞式への出席を禁じられる。
その他にも、今では一般的となった、下着が透けたり、乳首が浮いたりといった衣裳の不都合を指す「wardrobe malfunction」という言葉はこの時に生まれ、08年には辞書に登録される。
この事件以降7年間2011年のブラック・アイド・ピーズ(ファーギー)まで女性アーティストがハーフタイムショーに登場しなかったり、グラミーやオスカーなどの大型生中継番組で遅れが生じるようになる。また、エンタメコンテンツ配信の定義が厳しく制定される。

この事件がYOUTUBE誕生のきっかけとなった

出典:idolator.com

そして、この事件がもたらした、人類史上何よりもの発明が「YOUTUBE」であろう。今ではすっかり全世界の人々の生活に必需品となりつつあるが、当初はYOUTUBEはパーティー映像などの私用ビデオ共有ツールでしかなかったが、実業家のジョード・カリムが、ジャネットのポロリ事件の動画をネット上で検索するのに苦労したため、動画共有サイトを作ろうと決めた。これが後にYOUTUBEとなったのだという。確かに世界的なトピックスだったし、大騒ぎしたが、乳首くらいで、後にここまで世界中の人々の生活を変えてしまうジャネットの凄さよ!
しかし、アメリカと言うのはヌードには厳しくて、暴力には寛容的なのが謎だ・・・・・・

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。
引用の際はURLとリンク記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  2. アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  3. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  4. ポール東京ドーム初日を観た!
  5. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…

関連記事

  1. 音楽

    Avicii日本を堪能「この国に恋してしまったよ」

    おそらくこの国のEDM系のライヴでは、あのULTRAをも優…

  2. テレビ・芸能人

    シーア新曲MVで土屋太鳳が踊りまくり

    俺も大好きだったNHK朝ドラ「まれ」で知られる土屋太鳳が、顔な…

  3. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将来を考える

    米国史上最悪の銃乱射事件が発生マンチェスターの大惨劇から数か月…

  4. 音楽

    Coldplay、Beyonce、Bruno!圧倒的勝利!

    過去最高のハーフタイムのひとつと言って過言でないでしょう!…

  5. 邦楽

    第11回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2019

    この時期、恒例企画となりました! 個人的に選んじゃいます、素晴…

  6. ハリウッド

    映画『ジョーカー』狂騒曲~あの階段が新たな観光名所に!近隣住民から反発も~

    空前のヒットとなった映画『ジョーカー』で最も印象的なものとして…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  2. ハリウッド

    【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  3. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  4. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  5. ニュース

    【徹底考察】『カメラを止めるな!』は何故ここまでヒットしたのか?を真剣に妄想する…
PAGE TOP