音楽

The 1975のマシュー同性愛禁止のドバイで男性客にキスの流石な行動!

COPYRIGHT © 2016 UNIVERSAL MUSIC LLC ALL RIGHTS RESERVED.

反LGBTQ法に抗議して自ら同性とキスしちゃう

先日のサマソニでのパフォーマンスも大好評だった!

昨年リリースされ世界中から絶賛の嵐だった新作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』の記憶も新しい中、先日のサマソニでのパフォーマンスも大好評だったThe 1975。ロックが衰退したと言われて久しい音楽界において彼らの存在ほど現代の空気感と釣り合ったロック・バンドはいないということをパフォーマンスで示した。彼らがヘッドライナーでも良かったんじゃないかという声さえあるほどだ。

公の場で男性ファンとキスを披露!

そんなロック界の寵児とも言えるThe 1975だが、フロントマンのマシュー・ヒーリーが、アラブ首長国連邦の露骨な反LGBTQ法への抗議として、現地時間8月14日にドバイで行われたライブ中に男性ファンにキスをしたらしい。

ドバイでは同性愛は犯罪で禁固刑に科される可能性も

アラブ首長国連邦の法律では、同性愛は犯罪であり、最大で10年間の禁固刑に処せられる可能性があるという。それに臆さず同性愛者でないマシューが公然の場で男性とキスするのだから流石である。何事にも媚びない彼のアグレッシブさは時に実に爽快である。

[PR]

「もうドバイには戻れないかも」と言うも後悔なし

マシューはこの大胆な行動について

「ありがとう、ドバイ。みんな最高だったよ。僕の「行動」のせいでもうドバイには戻れないかもしれないけど、君たちを愛しているということを知っておいてほしい。もう一度チャンスを与えられたとしても、僕は同じことをする。誰にもわからないけれど、もしかしたらまた戻れるかもしれない。もう少し様子を見てみよう」

どうやら、彼自身はこの行動を後悔せず、むしろ前向きである意向を示している。ただ、相手側の男性が処罰される可能性はあるため、現地のLGBTQの活動家は、この件の画像や動画がもしあったとしてもSNS上にアップしないで欲しいと呼び掛けているという。そりゃ、マシューはライブ後は知ったこっちゃないかもしれないが、相手側としては、とんだ貰い事故になってしまうからね(笑)

The 1975の性差別抗議は数多くある!

マシューが公の場所で性問題に関わる発言をしたのは今回が初めてではない。2018年にはロンドンのLGBTQセンターの開設を支援するために寄付を行い、その行動を「正しい」と顧みたり。今年2019年のブリット・アワーズの受賞スピーチでは、女性差別者たちを非難した。また、性犯罪や近親相姦による妊娠であっても中絶できないうえ、中絶手術をした医師は罪に問われる、全米で最も厳しい「中絶禁止法」がアラバマ州で可決されたことに激しく抗議もした。

権力に刃向う勇気ある行動に称賛相次ぐ!

The 1975のこれらの行動は権力に対する抗議であり、勇気あるがゆえの行動なので各地から称賛の声が上がっている。こういうリベラリティな寛容性こそThe 1975の魅力の根源であり、現代における最重要ロック・バンドと呼ばれる由縁であるかも知れない。
どことなくデヴィッド・ボウイ的な性の垣根を超えた崇高な立ち位置に自然と近付いているような錯覚すら覚えるのだが。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]



[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  2. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  3. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  4. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  5. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…

関連記事

  1. ニュース

    アリアナの爆発事件に多くのセレブが追悼のコメント

    今回のアリアナのライヴ会場での爆発事件を受け、多くのミュージシャン…

  2. 音楽

    SPIN誌の選ぶ2015年のベストSONGにジャスティン・ビーバー

    Rolling Stone誌と並ぶ米国大手音楽誌「SPIN…

  3. 音楽

    ワン・ダイレクション来日★最大規模のジャパン・ツアー開始!

    世界一のボーイズ・グループ、ワン・ダイレクション!日本…

  4. 音楽

    MTV VMA2016

    アメリカ音楽界最大のお祭り「MTV Video Music Award…

  5. 音楽

    ストーンズ50周年ツアーの可能性

    もうね、今年は花粉が少ないと聞いてたけど、そんなの少しな?…

  6. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた

    ノエル・ギャラガーやBECKといったギター・ロックの大御所がヘッドライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート
  2. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  4. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  5. ハリウッド

    年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
PAGE TOP