音楽

My Best Song 2013

ポール11年ぶりの来日!デビッド・ボーイ突然の復活!ビーバー奇行の数々!ハーレムシェイク大流行!マイリー・サイラスの過激パフォーマンス騒動!ストライプス等、新生バンド誕生!ビヨンセ突如新作発表!マライアvsニッキー大喧嘩!・・・今年もいろいろとありました!

そんな1年の終わりの恒例行事!My Best Song TOP10の発表です!
今年は予想以上に素晴らしい楽曲が多く、大豊作の1年でした!
厳選に厳選を重ねた結果、泣く泣く10曲にしぼりました!では、いってみましょう!

第10位 「Clarity」ZEDD
彼は主体性と客観性を持って時代に合ったEDMを作ってると思う!

第9位 「Blurred Lines ft. T.I., Pharrell」Robin Thicke
ただのスケベ根性丸出しの歌詞が好き。みんな乱れていこうよ!


第8位 「Locked Out Of Heaven」Bruno Mars
やっぱ、この男の歌う曲はvery cool!

第7位 「SAME LOVE feat. MARY LAMBERT」MACKLEMORE & RYAN LEWIS
愛という人間の原点に返った美しい曲!同性愛だけでなく世界中の愛に捧げたい名曲!

第6位 「Wake Me Up」Avicii
カントリーを時代の潮流であるEDMに昇華させる手腕には天才というしかない!

第5位 「Slumville Sunrise」Jake Bugg
去年はデビューで衝撃を、2013年は進化で世界をあっと言わせた新時代の天才に脱帽!

第4位 「Get Lucky ft. Pharrell Williams」Daft Punk
今年の覇者!2013年を代表する曲!久々のダフト・サウンドに心躍った年でした!

第3位 「Chocolate」The 1975
初めて聴いた、その瞬間から全身が痺れた!めっちゃオシャレ!思わず萌えた!w

第2位 「You Can’t Judge A Book By The Cover」The Strypes
ロックの新しい時代がようやく幕を開けた感じ!全身の細胞が躍動する♪

第1位 「NEW」Paul McCartney
今年は満場一致でポール・イヤー!間違いなくポールは神だ!至福の楽曲をありがとう!

今年はこんな感じです!
2013年ある意味、音楽界にとって革命的な1年だったのではないでしょうか?
新しい才能が突出したほか、ビッグネームの新作も多かったし、それぞれが素晴らしかった!
来年も素敵な楽曲が、この世の中に溢れかえりますように!
See You 2014!!!

◆BACK NUMBER◆
●2012年

●2011年

●2010年

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  2. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  3. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  4. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  5. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!

関連記事

  1. 音楽

    リアム遂に動く・・・2017年ソロ作リリースへ!

    つい先日ファンの為ならoasisを再結成してもいいと言ったリアム・…

  2. 音楽

    ロードが脱テイラー軍団宣言で波乱!

    テイラー軍団(通称:テイラー・スクワッド)とも呼ばれるテイラー…

  3. 日記

    平昌五輪閉会式でのポップアーティストの“イマイチ感”を見て感じる東京五輪への不安!

    気付かぬうちに閉会式を迎えた平昌五輪。やばいな・・・・・・俺、羽生…

  4. 音楽

    1Dの新メンバーにまさかのベッカム息子?

    世界ツアー「On The Road Again」の評判の高…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
  2. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
  3. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  4. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  5. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
PAGE TOP