音楽

My Best Song 2013

ポール11年ぶりの来日!デビッド・ボーイ突然の復活!ビーバー奇行の数々!ハーレムシェイク大流行!マイリー・サイラスの過激パフォーマンス騒動!ストライプス等、新生バンド誕生!ビヨンセ突如新作発表!マライアvsニッキー大喧嘩!・・・今年もいろいろとありました!

そんな1年の終わりの恒例行事!My Best Song TOP10の発表です!
今年は予想以上に素晴らしい楽曲が多く、大豊作の1年でした!
厳選に厳選を重ねた結果、泣く泣く10曲にしぼりました!では、いってみましょう!

第10位 「Clarity」ZEDD
彼は主体性と客観性を持って時代に合ったEDMを作ってると思う!

第9位 「Blurred Lines ft. T.I., Pharrell」Robin Thicke
ただのスケベ根性丸出しの歌詞が好き。みんな乱れていこうよ!


第8位 「Locked Out Of Heaven」Bruno Mars
やっぱ、この男の歌う曲はvery cool!

第7位 「SAME LOVE feat. MARY LAMBERT」MACKLEMORE & RYAN LEWIS
愛という人間の原点に返った美しい曲!同性愛だけでなく世界中の愛に捧げたい名曲!

第6位 「Wake Me Up」Avicii
カントリーを時代の潮流であるEDMに昇華させる手腕には天才というしかない!

第5位 「Slumville Sunrise」Jake Bugg
去年はデビューで衝撃を、2013年は進化で世界をあっと言わせた新時代の天才に脱帽!

第4位 「Get Lucky ft. Pharrell Williams」Daft Punk
今年の覇者!2013年を代表する曲!久々のダフト・サウンドに心躍った年でした!

第3位 「Chocolate」The 1975
初めて聴いた、その瞬間から全身が痺れた!めっちゃオシャレ!思わず萌えた!w

第2位 「You Can’t Judge A Book By The Cover」The Strypes
ロックの新しい時代がようやく幕を開けた感じ!全身の細胞が躍動する♪

第1位 「NEW」Paul McCartney
今年は満場一致でポール・イヤー!間違いなくポールは神だ!至福の楽曲をありがとう!

今年はこんな感じです!
2013年ある意味、音楽界にとって革命的な1年だったのではないでしょうか?
新しい才能が突出したほか、ビッグネームの新作も多かったし、それぞれが素晴らしかった!
来年も素敵な楽曲が、この世の中に溢れかえりますように!
See You 2014!!!

◆BACK NUMBER◆
●2012年

●2011年

●2010年

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  3. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  4. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  5. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018

関連記事

  1. 音楽

    ハリー遂にテイラーとの交際について口を開く

    これまで元カノであるテイラー・スイフトに散々な事を一方的に言われて…

  2. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最新YOUTUBE再生…

    異常な世界的ブームとなったPSYの「江南スタイル」が流行したの…

  3. 音楽

    3度目の正直!Avicii遂に来日!

    3年連続来日公演キャンセルを受け、念願の初来日公演が迫った…

  4. ニュース

    アリアナ・グランデのライヴ会場で起こった爆発テロについて

    現代の世界的トップ・ディーヴァであるアリアナ・グランデのコンサート…

  5. 音楽

    Coldplay、Beyonce、Bruno!圧倒的勝利!

    過去最高のハーフタイムのひとつと言って過言でないでしょう!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  2. ハリウッド

    世界各国で記録的ヒットの『ブラック・パンサー』は何故ここまでの現象になったかを勝…
  3. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  4. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  5. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
PAGE TOP