邦楽

発表!2013年素晴らしき邦楽たち!!

c ROCKinNET.com


毎年恒例!もう今年も、この企画を発表する時期になってしまいました!
俺が独断と偏見で勝手に選ぶ、“2013年最も素晴らしいと思った邦楽10選”です!
僭越ながら、北関東で最も音楽にはうるさいって巷では噂の俺が選んだ、今年の10曲はコレだ

第10位 「SING YOUR SONG」THE BAWDIES
毎年俺はBAWDIESに甘いってのも恒例(笑)今年も最高のロックかましてくれました!

第9位 「夜間飛行」石崎ひゅーい
彼にスポットライトが当たったことを見ていると才能の原石は必ず輝くんだと感じた。

第8位 「Bring me up !」久保田利伸
この無敵のグルーヴ感・・・もはや、誰が文句つけられようか!ww

第7位 「Deeper Deeper」ONE OK ROCK
俺の中では安定のワンオク!近年の曲の中でもキャッチーで印象に残る。

第6位 「RPG」SEKAI NO OWARI
この曲によって、彼らは今以上に数百倍も大きな存在になる可能性を示唆させた!

第5位 「にんじゃりばんばん」きゃりーぱみゅぱみゅ
脳ミソを空っぽにして聴く音楽の中でも最高級の空っぽ感が逆にGOOD!

第4位 「ピースとハイライト」サザンオールスターズ
祝35周年!夏バンドから社会派の転向で国民的バンドとしての格が上がった感がある!

第3位 「Kick&Spin」[Champagne]
デビュー当時の強烈さをも凌ぐ、彼らの新しい代表曲にしてもいい最高にcoolな曲!

第2位 「Dancing Zombiez」a flood of circle
AFOC節大炸裂!最高過ぎる!かっこいいバンドとは彼らのことを言うんです!

そして、俺の中で2013年を制覇した栄えある頂点に輝いた曲は?・・・

第1位 「盛者必衰の理、お断り」KANA-BOON
日本のロック界に身震いするほど素晴らしい新生誕生!文句なしで今年はコイツら!

如何でしたか?今年はこんな感じです!

2013年の邦楽界を振り返れば、もはや日本音楽界はセールス的に崩壊しております、CDも買われない、ダウンロードもされない!
けど、俺は思います!好きなアーティストがいるっていうのは幸せなことだと!
好きな音楽に囲まれて生きていく・・・それだけで自然と人生に色艶が出てくるはずだと!
そのためにも、音楽はお金が払われて大衆に届かなければいかんですよね。たとえ、それが投票権や握手券がついていなかろうとも!
2014年の邦楽界がアイドルだけでなく、いろんなジャンルで盛り上がることを祈ってますッ!!
See You NEXT YEAR!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  2. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  3. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  5. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える

関連記事

  1. 邦楽

    ヤバイTシャツ屋さん紅白急浮上で感じる2つの違和感

    最近の紅白では「フェス枠」が設けられているようなオリコンが実施…

  2. テレビ・芸能人

    パクリでもパロディでもいいが二番煎じ感が一番ダサい

    オリエンタルラジオの「PERFECT HUMAN」が中高生の間…

  3. 邦楽

    同性代が感じる嵐の活動休止に対する共感

    嵐が2020年末を以て活動休止することが発表された。ファン…

  4. ライブレポート

    BUMP OF CHICKEN 20周年記念ライブを観る!

    今日のコンセプトの根底には仲間との「共有」があったように思…

  5. 邦楽

    何故、サザンは政治を歌ったのだろうか?

    恋をテーマにした夏曲とか、お家芸ともいえるアッパーなエロ曲を書…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  2. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  3. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  4. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  5. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
PAGE TOP