邦楽

発表!2013年素晴らしき邦楽たち!!

c ROCKinNET.com


毎年恒例!もう今年も、この企画を発表する時期になってしまいました!
俺が独断と偏見で勝手に選ぶ、“2013年最も素晴らしいと思った邦楽10選”です!
僭越ながら、北関東で最も音楽にはうるさいって巷では噂の俺が選んだ、今年の10曲はコレだ

第10位 「SING YOUR SONG」THE BAWDIES
毎年俺はBAWDIESに甘いってのも恒例(笑)今年も最高のロックかましてくれました!

第9位 「夜間飛行」石崎ひゅーい
彼にスポットライトが当たったことを見ていると才能の原石は必ず輝くんだと感じた。

第8位 「Bring me up !」久保田利伸
この無敵のグルーヴ感・・・もはや、誰が文句つけられようか!ww

第7位 「Deeper Deeper」ONE OK ROCK
俺の中では安定のワンオク!近年の曲の中でもキャッチーで印象に残る。

第6位 「RPG」SEKAI NO OWARI
この曲によって、彼らは今以上に数百倍も大きな存在になる可能性を示唆させた!

第5位 「にんじゃりばんばん」きゃりーぱみゅぱみゅ
脳ミソを空っぽにして聴く音楽の中でも最高級の空っぽ感が逆にGOOD!

第4位 「ピースとハイライト」サザンオールスターズ
祝35周年!夏バンドから社会派の転向で国民的バンドとしての格が上がった感がある!

第3位 「Kick&Spin」[Champagne]
デビュー当時の強烈さをも凌ぐ、彼らの新しい代表曲にしてもいい最高にcoolな曲!

第2位 「Dancing Zombiez」a flood of circle
AFOC節大炸裂!最高過ぎる!かっこいいバンドとは彼らのことを言うんです!

そして、俺の中で2013年を制覇した栄えある頂点に輝いた曲は?・・・

第1位 「盛者必衰の理、お断り」KANA-BOON
日本のロック界に身震いするほど素晴らしい新生誕生!文句なしで今年はコイツら!

如何でしたか?今年はこんな感じです!

2013年の邦楽界を振り返れば、もはや日本音楽界はセールス的に崩壊しております、CDも買われない、ダウンロードもされない!
けど、俺は思います!好きなアーティストがいるっていうのは幸せなことだと!
好きな音楽に囲まれて生きていく・・・それだけで自然と人生に色艶が出てくるはずだと!
そのためにも、音楽はお金が払われて大衆に届かなければいかんですよね。たとえ、それが投票権や握手券がついていなかろうとも!
2014年の邦楽界がアイドルだけでなく、いろんなジャンルで盛り上がることを祈ってますッ!!
See You NEXT YEAR!!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  2. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  3. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  4. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. 映画

    【遂に興収100億突破】『君の名は。』社会現象!

    ちょっと今月は激務だったので、まだ観れてないんすよ・・・今…

  2. 邦楽

    ヤバイTシャツ屋さん紅白急浮上で感じる2つの違和感

    最近の紅白では「フェス枠」が設けられているようなオリコンが実施…

  3. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由

    正直驚いた。TBSが毎年OAしている特大音楽番組「音楽の日」に…

  4. テレビ・芸能人

    NHK「第1回明石家紅白」を見て

    明石家さんま、ここにあり!流石です!さんまが歌番組をや…

  5. ライブレポート

    BUMP OF CHICKEN 20周年記念ライブを観る!

    今日のコンセプトの根底には仲間との「共有」があったように思…

  6. 邦楽

    UVERworldのTAKUYA∞が入籍!

    昨年からフェスに出場したりと生まれ変わったかのように大躍進…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  2. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  3. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  4. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  5. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
PAGE TOP