邦楽

「時代遅れのRock’nRoll Band」を聴く



「時代遅れのRock’n’Roll Band」
@sasfannetより

桑田佳祐とは日米共同体だと思っている。英語混じりの歌詞、早口な歌い回しは、サザンがデビューした70年代当時、演歌・フォーク・歌謡曲がメインストリームの日本音楽界においてアメリカナイズされたスタイルは革新的であった。その後、桑田は商業的な成功を収め、後のJ-POPの礎を築き裾野を広げた、その功労者に違いないが、まさに50年代初頭に日本に急速に流れ込んだ欧米カルチャーの波に感化されているのは言うまでも無い。ビートルズも、ウッドストックも、愛と平和が大前提だった。ずっと、それが揺るがない正論で、継承されてきたはずなのに、ロシアによるウクライナ侵攻や、それに伴う安全保障の改憲議論、コロナ禍という閉塞感もあり、出口の見えない苦しみに苛まれているかのようだ。音楽で心を癒やすなどが戯言と化した昨今において、それでも音を奏でることで時代の空気を変えることを信じる「親父」が集結したのが、「時代遅れのRock’n Roll Band」だ。世良公則、佐野元春、Char、野口五郎と、桑田佳祐と同じ1955年~56年の「同級生」が集結、「ださいロックンロールバンド」と歌う彼らの姿は、それとは真逆で、我々は、現代の理不尽や平和に対する自身の無力さに忸怩たる思いと、60代で時代に媚びずにギターを掻き鳴らし続けながら年齢を重ねることの憧れという両極な思いを、この曲に馳せる。歌詞もメロディも王道的だ。青臭さすら感じる。けど、その野暮ったさすら格好良い。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  2. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  3. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  4. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  5. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!

関連記事

  1. 日記

    ネット批判が完全正義な世は如何に~後編~

    今回のサザン騒動も真意からだい~ぶ離れていって、批判だけが…

  2. 邦楽

    サザン最大規模の全国ツアー発表!

    正月にサザンが何かを発表することは実に珍しいです!夏バ…

  3. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~

    サザン40周年ライブをLVで観る。個人的な話になるが、サザンのファ…

  4. 邦楽

    演歌界の大御所、八代亜紀がビリー・アイリッシュの大ヒット曲をカヴァー!

    演歌界の大御所である八代亜紀がビリー・アイリッ…

  5. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大に盛り上がったサザン…

    サザンオールスターズ、ロッキン実に13年ぶりの登場であった。圧…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  2. ライブレポート

    安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  3. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  4. ニュース

    【日米LGBT理解度格差】LADY GAGAが「ミス・ゲイ・アメリカ」選出!一方…
  5. 音楽

    2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
PAGE TOP