邦楽

「時代遅れのRock’nRoll Band」を聴く



「時代遅れのRock’n’Roll Band」
@sasfannetより

桑田佳祐とは日米共同体だと思っている。英語混じりの歌詞、早口な歌い回しは、サザンがデビューした70年代当時、演歌・フォーク・歌謡曲がメインストリームの日本音楽界においてアメリカナイズされたスタイルは革新的であった。その後、桑田は商業的な成功を収め、後のJ-POPの礎を築き裾野を広げた、その功労者に違いないが、まさに50年代初頭に日本に急速に流れ込んだ欧米カルチャーの波に感化されているのは言うまでも無い。ビートルズも、ウッドストックも、愛と平和が大前提だった。ずっと、それが揺るがない正論で、継承されてきたはずなのに、ロシアによるウクライナ侵攻や、それに伴う安全保障の改憲議論、コロナ禍という閉塞感もあり、出口の見えない苦しみに苛まれているかのようだ。音楽で心を癒やすなどが戯言と化した昨今において、それでも音を奏でることで時代の空気を変えることを信じる「親父」が集結したのが、「時代遅れのRock’n Roll Band」だ。世良公則、佐野元春、Char、野口五郎と、桑田佳祐と同じ1955年~56年の「同級生」が集結、「ださいロックンロールバンド」と歌う彼らの姿は、それとは真逆で、我々は、現代の理不尽や平和に対する自身の無力さに忸怩たる思いと、60代で時代に媚びずにギターを掻き鳴らし続けながら年齢を重ねることの憧れという両極な思いを、この曲に馳せる。歌詞もメロディも王道的だ。青臭さすら感じる。けど、その野暮ったさすら格好良い。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  3. 実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  4. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  5. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~

関連記事

  1. 邦楽

    a flood of circleに“また”新メンバー加入!「俺が最後のギタリストだ~」と叫んでファ…

    彼らが出てきた時は「ミッシェル・ガン・エレファントの再来か?」…

  2. テレビ・芸能人

    SMAP解散

    列島激震!リオ五輪もポケモンGOもジャスティンビーバー…

  3. 邦楽

    【SMAP急上昇】購買運動の意味ってあるのだろうか?

    解散まで1カ月半となった戦後最大のアイドルグループSMAP…

  4. 邦楽

    Underworld「Mステ」に登場!

    今年のサマソニにも出演が決定しているUnderworldがMス…

  5. 邦楽

    サザン最大規模の全国ツアー発表!

    正月にサザンが何かを発表することは実に珍しいです!夏バ…

  6. ライブレポート

    Mr.Children25周年東京ドーム公演で感じた邦楽の良心

    圧倒される三時間強だった。冒頭から有名曲の連続。「CENTER O…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  2. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  3. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  4. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
  5. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
PAGE TOP