映画レビュー

【映画レビュー】これぞ映画!『トップガン マーヴェリック』大傑作続編!




(C)2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.


これぞ、映画!これぞ、娯楽!
懐古主義に走るでもなく、変に老衰もしない、主演のトム・クルーズ含め、本作が持つ「Don’t think. Just do it!!」というメッセージ性、その”現役感”に驚愕する。長い時間が経過して同じキャラクターを演じる俳優は多いが、トムのように主演で、スター性も維持し、しかも外見的な衰えを感じないのは奇跡としか言いようが無い。トム無しでは成し得ない続編だけに、まさに奇跡の続編なのだ。
飛行訓練に長尺を割き、その間に群像劇を深めるなど、マンネリズムを感じる部分もあるが、それこそ『トップガン』のブランドを守り抜く制作者達の真摯さを感じたし、何よりも空中アクションや、戦闘、爆撃など、前作よりも、明らかにスケール・アップされているのが凄い。
前作の親友の息子を『セッション』の熱演も記憶に新しいマイルズ・テラーが演じ、マーベリックとのひと言では言い表せない確執や絆の再確認を行うシーンの数々には感慨深さのほか形容しようが無い。前作が公開されてから実に36年という時間を、尊いものに昇華させる濃厚な人間ドラマに涙が溢れる、まさに”人生”を描いた大傑作続編だった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  2. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  3. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  4. KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  5. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『ドリーム』人類偉業の裏にあるのはIBMでなく人間の苦悩と頭脳と労力だ!

    黒人差別が横行する中で偉業を成し遂げた黒人女性の物語というと、いか…

  2. 映画レビュー

    グレン・クローズの芸達者ぶりに圧倒された『天才作家の妻 -40年目の真実-』

    ノーベル文学賞を受賞した作家と、その夫婦にまつわる疑惑をめぐるサス…

  3. 映画レビュー

    『記憶にございません』風刺も思想もほどほどに抑えて大衆喜劇として見事に成功!

    風刺を許さぬ現代に三谷幸喜の才が冴え渡る!特に今のご時世、音楽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  2. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  3. ライブレポート

    METROCK 2017 1日目完レポ
  4. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  5. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
PAGE TOP