邦楽

桑田佳祐5年ぶりロッキン参戦が持つ大きな意味とは?



@sasfannetより

桑田佳祐が「ROCK IN JAPAN 2022」に出る。ソロとして2017年以来3度目5年ぶりの出演。SNSには若い世代を中心に驚きと歓喜の声が次々に上がり、その期待値は果てしなく大きい。かつてはサザンとしての出演(2005年)から12年を要したこともあったが、時代の流れ、情報やコンテンツ消費の速度が驚くほど速くなった昨今においてはベストタイミングと言っても良い。
ロッキンと言えば、コロナ禍で中止を余儀なくされ、特に昨年2021年は開催2週間前の茨城医師会の要請で約77億円の負債を抱えながらの中止になった。その影響も少なからずあろう、会場を茨城の国営ひたち海浜公園から千葉県の蘇我に移しての開催となる。同イベントにおける新たなフェーズ開幕に、桑田佳祐の名が並ぶことは「箔」が付くし、実に3年ぶりの開催の祝祭感を、より盛り上げることになろう。いや、既になっているか。それだけ桑田の存在はmustなのだ。

ただ、桑田佳祐は2017年ソロ出演時に大きなミスを犯した。選曲である。要するに(2002年に出演した際に桑田が感じた)骨太なロック蔵のような見せ方と、現代の「ポップ化」しているフェス観客が求めるものとにズレが生じたのだ。ましてや、2017年はチケットが売り切れた後の発表で、ファンがほぼいなかった。ライヴでは大盛り上がりのソロデビュー曲「悲しい気持ち」でさえ、フェスの会場での認知度は低く感じた。遊園地化されたフェスにおいて、少し乱暴だがソロもサザンの区別も認識されていない空気感すらあるのは事実。
ただ、翌2018年のサザンでの出演時は、我々の想像以上のヒット曲満載の選セットリストで圧倒的なステージを見せ付けてくれたことからも、エンタメ王者である桑田佳祐が同じミステイクをするとは思えない。5年越しの正真正銘のリベンジでもあろう。今もなおJ-POPカルチャーの頂点である証明をする場としても必要なステージに思える。国民歌と化した五輪曲「SMILE~晴れ渡る空のように~」や、CMでお馴染み「SOULコブラツイスト~魂の悶絶」など、最近の認知されている楽曲も多いので安心か・・・・・・。個人的には、2002年時のようにサザン楽曲も織り交ぜるなど、問答無用の桑田佳祐ショーを期待せずにはいられないのだが。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  2. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  3. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  4. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. 邦楽

    第13回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2021

    恒例企画となりました、今年もやっちゃいます!…

  2. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート

    いよいよ今年のロッキンも最終日である。後半週は、天気予報では雨…

  3. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!

    日本中が驚きと落胆に溢れた。安室奈美恵の芸能界引退の報は事件と…

  4. 邦楽

    マキシマムザホルモン2号店はどんなバンドが最適か日本一適当に考えてみた

    だいすけはん(キャーキャーうるさい方)が頚椎椎間板ヘルニアと診…

  5. 邦楽

    実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!

    もう20年近く酷評が続いていた昨年末2018年の紅白歌合戦に久々の…

  6. ライブレポート

    【VIVA LA ROCK特別編】スガシカオ20周年を祝う

    昨日までのVIVA LA ROCKの延長戦だ!スガシカオな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  2. ニュース

    エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  3. 邦楽

    勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
  4. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  5. 音楽

    【FUJI ROCK直前特集 Part.2】音楽に政治を持ち込むのは是か?非か?…
PAGE TOP