映画

何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!

出典:http://ja.fanpop.com/clubs/castle-in-the-sky/images/38688663/title/castle-sky-wallpaper © STUDIO GHIBLI Inc.

2017年9月29日、宮崎駿監督作の不朽の名作『天空の城ラピュタ』が日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で放送された。16回目のテレビ放送にも関わらず、視聴率は14.4%。1988年の初回放送の12.2%に次ぎワースト記録となるも、テレビ離れの現状を考えると大健闘である。
今回は前が2016年1月15日の放送であることを考えると、ちょっと想定よりも早い。ジブリ作品は2年周期で放送されるとされており、作品数も増えたことから、もっと間隔が長くなっている感もある。しかし、ラピュタの放送回数が増える特別な理由は、だいたい想像が付くだろう。劇中で登場する滅びの呪文「バルス」を多くの視聴者がTwitterに書き込む現象、通称“バルス祭り”が行われるからだ。

バルス祭りの数がどれほど凄いのか?

2011年放送の際は、Twitter社のエンジニアから「サイバー攻撃が起こったのでは?」と騒ぎが起こったほどだったという。そして、その年に突然それはTwitter上で起こり、恒例化した。バルス現象の1秒間に世界中でツイートが発生した数が25,088ツイートという世界新記録を更新。東日本大地震では5,530ツイート、ビヨンセ妊娠では8,868ツイートであることと比べても桁違いの数字である。

今回の放送のTwitte数と過去回との比較

NTTデータによると、2017年9月29日中の「バルス」ツイート量は91万7024件だったという。これは映画に関係なく、その日、一日中、twitterにバルスで溢れていたということである。映画放送中に投稿された「バルス」は75万9242件。1分間あたりの最大ツイート量は午後11時23分に記録した23万7295件だった。
過去放送時の1分間あたりの最大ツイート量は、2013年放送時が44万8922件、2016年放送時が33万9558件だったことから、徐々にバルス祭りも減少傾向になるのかなと思われる。

“バルス祭り”は日本独自の現象

しかし、こうした国内で一斉にツイートする習慣があるのは日本だけだという。何故か? それは、例えば新年になった、1月1日0時ジャストに「あけましておめでとう」と言いたがる国民性など、もともと時間やイベントの共有を日本人は好んでやってきた。しかし、アメリカだってタイムズスクエアで大々的な新年イベントをやるではないか? あれこそ世界最大級の共有イベントである。なのに、アメリカや海外でそれが風習化しないのは、テレビ以上にラジオ文化が根付いていること、テレビも多チャンネル化が進んでいること、また、国内で時差があることが挙げられる。正確には、日本にも僅かな時差はあるらしいが、ほぼ同時刻で過ごすに不自由しない。だからこそ、このような現象が成立し得る。また、この現象は先述の通り、突如起こったものである。強要されていないのが参加しやすい。

これには便乗するものも多く、今回は健康食品会社「タニタ」が「バルス」を超えられなかった場合、社名を1日だけバルスに変更するとした、これにはシャープ、カルビー、井村屋、湖池屋などの一流大手企業も参加するなどの盛り上がりを見せた(結果、放送終了後「株式会社バルス」に変更)。また意外なところでは、2015年のスーパー戦隊「手裏剣戦隊ニンニンジャー」では、このバルス現象に倣って、最終回のエンディングで「ワッショイ!」とツイートする運動を呼びかけた。(劇中の「忍ばずワッショイ」から引用されていると思う)
ますます何がヒットするか分からない世の中である、テレビとネット融合という点では、テレビ局が躍起になっていた地上デジタル放送の双方向性よりも、この“バルス現象”こそ成功しているといえよう。

しかし皆が好きなシーンは「バルス」ではない?

そして今回は“バルス祭り”だけではなく、連動企画として「みんなで選ぶ!好きなシーンランキング」も行われた。1位は意外にバルスではなく、ロボット兵により火の海となった要塞からシータをパズーが救いだす場面だったという。で、2位がバルス。3位は雷雲の中でパズーが父の姿を見るシーン。4位はシータのことを「あたしの若い頃にそっくり」とドーラが言うシーン。5位がオープニングだった。
個人的には少しショックだ。ラピュタの、いや、ジブリ史上最も好きなシーンと言ってきた、それまで敵だったドーラがシータの救出を懇願するパズーに「40秒で支度しな」と言い放つシーンが箸にも棒にも引っ掛かっていないのが物悲しい(笑)

(文・ROCKinNET.com)
※引用する場合はURLとリンク必須。無断転載は固く禁ずる。

参考:http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/29/barusu_a_23228045/
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000022-flix-movi
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000324-oric-ent
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000022-flix-movi

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  2. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  3. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  4. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  5. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…

関連記事

  1. ハリウッド

    世界を恐怖に落し入れる『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が北米で空前の大ヒット!

    原作者キングも絶賛!空前の大ヒットを記録!スティーヴン・キング…

  2. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない

    俺は「老害」という言葉が嫌いである。逆に「最近の若者は」と一括…

  3. 映画

    第12回 独断で選ぶ今年良かった映画 TOP10 2020

    コロナ禍により公開が予定されていた話題作や大ヒ…

  4. 映画

    【いよいよ今週末公開】SWローグ・ワンの鍵となるデス・スターを改めて検証

    今度のスター・ウォーズ『ローグ・ワン』はシリーズ初となるス…

  5. 映画

    【その人気本物かい?】中川大志主演映画『きょうのキラ君』が10位圏外の大誤爆!

    飽和期に差し掛かっているせいか、恋愛漫画原作の映画が意外な…

  6. ニュース

    『万引き家族』是枝監督の政府からの祝意を辞退した理由が素晴らしいな~と思った

    カンヌ入りした是枝監督の現地インタビュー「日本では共同体文化・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ニュース

    【歌姫から伝説へ】安室奈美恵に25年分の感謝を!さよなら、ありがとう安室ちゃん!…
  2. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  3. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  4. 映画レビュー

    勝手に選ぶ今年良かった映画TOP10 2017大発表!
  5. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
PAGE TOP