ハリウッド

『ジョーカー』の怪演で早くもオスカー最有力のホアキンは賞嫌い?

(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

ジョーカーを演じるには特殊なエネルギーが必要

早くも来年のオスカー主演男優賞最有力!

日本でも特大ヒットを飛ばしている『ジョーカー』。作品の内容が衝撃的だという以外にも、主演のホアキン・フェニックスの狂気じみた怪演も評判を呼んでいる。早くも来年のアカデミー賞の主演男優賞は間違いないのではないかと言われるほどの見事な演技だった。ホアキン自身、ジョーカーを演じたことについて「即興的な演技はジョーカー役を演じるうえで大事なこと。ジョーカーには特殊なエネルギーが必要だったから」と振り返っている。

問題行動も多いがソレがホアキンの魅力

兄が売れっ子リバー・フェニックスだけに、何かと比較され業界でも変わり者と言われていた。08年には突然の俳優引退宣言と歌手転向を表明したり(後に嘘だったと弁解)、09年にはラップ・ライヴの途中で野次馬の罵声に激怒し、観客につかみ掛かる騒動を起こすなど問題も多かった。

[PR]

徹底した役作りした上の怪演は見事だった!

しかし、そんな問題行動を起こすような危うさこそ彼の役者としての魅力の源のように思える。少し取っ付きにくさを感じさせる彼だからこそ、今回の『ジョーカー』のような陰のある難しい役をこなせたと思っている。対面的には強面で無骨なイメージだが、非常に繊細な演技も秀逸だから、虐げられる者の弱さと狂気の両端を表現することが出来るのではないか。背骨の形状が分かるほど痩せこけ、体重コントロールも徹底的に行ったことも窺え、まさに満場一致でオスカー級の渾身の演技だったと断言できるホアキンだが、実は大の賞嫌いでも有名だ。

アカデミー賞なんてクソ食らえ!

09年のオスカーでは『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』で主演男優賞にノミネートされるも受賞を逃した際に、「アカデミー賞なんてクソ食らえだね。賞レースに参加もしたくないし、賞の価値を信じてもいない。まるで馬の前にぶら下がっている人参みたいだよ。それも、これまでの人生で味わったこともない、最高にまずい人参ね。そんなものほしくもない!」と一刀両断。

「完全に主観的なものだし、賞をもらうために人間どうしを争わせるなんて、世界中で最も愚かなことさ。あんなに不愉快な経験をしたのは初めてだったんだ。二度とあんな状態に身を置くのはごめんだね」と、インタビュー誌に語っていた。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]





[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  2. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  3. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  4. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  5. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?

関連記事

  1. アカデミー賞

    主演女優賞大本命のグレン・クローズがまたもオスカーを逃した理由とは?

    『天才作家の妻』名演に関わらず今回も“無冠の女王”健在!『天才…

  2. ハリウッド

    「フルハウス」続編に日本語吹替声優集合!予告編公開!

    やはり吹替って重要なんですね。変わらぬ声を聞き、当時を思い…

  3. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない

    俺は「老害」という言葉が嫌いである。逆に「最近の若者は」と一括…

  4. 映画

    妖怪ウォッチ vs スターウォーズ今年の軍配は?

    昨年スターウォーズの新作『フォースの覚醒』が上映され、…

  5. ハリウッド

    フラーハウス出演者初来日フィーバー

    全世界で人気沸騰のNetflix配信ドラマ「フラーハウス」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  2. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
  3. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP