ライブレポート

【ライヴレポ】13年ぶりの来日公演!U2『ヨシュア・トゥリー・ツアー』が凄まじ過ぎた!

© ROCKinNET.com All rights reserved.

06年以来13年ぶりの来日となったU2
約40年のキャリアを誇りながらもライヴ動員は世界トップを維持し続けるモンスター・バンドの来日は文字通りの「事件」ある。なぜ、テイラー・スウィフトやエド・シーラン等、時代の寵児たちでさえも彼らを超えることが出来ないのか。それを紐解くには十分すぎる凄まじいライヴだったことは間違いない。まず、今回のツアーは音楽史に燦然と輝く、1987年の歴史的傑作『ヨシュア・トゥリー』の再現を現代でするコンセプトに加えて、U2の代表曲も惜しみなく披露するという贅沢すぎる内容で、既に全世界から大絶賛を受けているものである。

とにかく、会場入りして度肝抜かれた。さいたまスーパーアリーナの会場の端から端までに渡る巨大すぎるスクリーン。こんなサイズは見たことがない。開演時刻とほぼ同じタイミングで、暗転からメンバーが花道にフラットに出てきては「Sunday Bloody Sunday」「I will follow」「Pride (In the Name of Love)」とキャリアの初期曲を披露。会場のボルテージも既に最高潮だったが、ボノの変わらない伸びやかな歌声も健在で、余計な演出のないアナログな生演奏に、U2のロック・バンドたる尊厳を感じる。

[PR]


その後、前方ステージに4人が移動し「Where the Streets Have No Name」の演奏が始まると、それまで赤く光っていた巨大スクリーンがモノクロの大空の映像に切り替わり、そのまま荒野に直線に伸びるハイウェイを滑走する疾走感ある映像が展開される。曲と映像のシンクロが何とも言えない高揚感を醸しだす。今まで体験したことのない壮大なライヴ体験であった。この瞬間こそ、このツアーを最も象徴し、ハイライトとも位置づけても良いような気がする。


いよいよ始まった『ヨシュア・トゥリー』の楽曲群。バックステージには、ヨシュア・トゥリー(=ユッカの樹)が生える南西部の砂漠地帯、そこに建つポツンと一軒家にアメリカの国旗を描く女性や、その家の前で軍隊のヘルメットを着脱する人々が映し出される。言わずもがな、『ヨシュア・トゥリー』は、コントラ支援(冷戦下の米国による中米への親ソ連勢力排除活動中、米政府が共産圏と親交深めるニカラグアに対抗する反政府武装組織コントラを協力したこと)を告発する「Bullet the Blue Sky」など社会風刺楽曲で成り立つ意義深い作品だ。それを象徴する映像とバンド演奏とが協奏する一大叙事詩は程良い緊張感すら漂った。


そこから、楽曲は現代にワープする。「Elevation」「Vertigo」「Even Better Than the Real」「Beautiful Day」と、これ以上ないキラーチューンが繰り広げられる。個人的には、この頃の楽曲が大学生前後と多感な時期に聴いてきたU2なので思い入れも深い。ボノもメイクして妖艶な容姿に変身している。巨大スクリーンにはリアルタイムの会場の映像や、ポップ・シンガー顔負けの多彩でド派手な映像で彩られ、カオス状態、会場もこの日一番の盛り上がりを見せる。ベテランのロック・バンドとは思えないほどポップで多幸感溢れる光景に、U2の現役性を感じた。


その後、「Ultraviolet (Light My Way)」でボノが歌う背景で、紫式部からオノヨーコ、草間彌生、エレン・ジェネシスと世界的著名人を映し出す一方で、プッシーライオットや伊藤詩織らも映し出された。このように、ロックを通じて社会と向き合い続けるからU2は常にリアルで現役感を失わない。この日、「Walk on」はやらなかった。聴きたい曲はまだまだある。13年とは言わず、またすぐにでもお目に掛かりたいと思わずにはいられない(未だに余韻に浸っている)。

2019/12/04(Wed)@さいたまスーパーアリーナ

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  2. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…
  3. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  4. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. ライブレポート

    THE YELLOW MONKEY復活ライブを観る!

    まさに電撃的という印象だった今年初旬のTHE YELLOW…

  2. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート

    いよいよ今年のロッキンも最終日である。後半週は、天気予報では雨…

  3. ライブレポート

    RADWIMPS「Human Bloom Tour2017」さいたま公演を観る

    既に20代を中心に大きな成功を収めていた彼らが『君の名は。』の主題…

  4. ライブレポート

    史上最高のロックンロールPARTY!

    a flood of circle、圧倒的勝利です!フ…

  5. ライブレポート

    ひたちなか終了!

    ってわけで、ROCK IN JAPAN 2012終了!…

  6. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2015 vol.2

    ではでは、恒例の一行ライブレポートぶっぱなします!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  2. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  3. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  4. 邦楽

    勝手に選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2017
  5. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
PAGE TOP