映画レビュー

誰もビートルズを知らない世界で抜群のセンスが光る傑作『イエスタデイ』

© Universal Pictures


プロのミュージシャンに憧れ目指した人なら誰しも思ったことがある発想だ。自分も大学時代にバンド組んでた時は思ったもんだ、どれほど桑田佳祐がいなかったら、桜井和寿がいなかったらと思ったことか。そんな安直な妄想を映画化しちゃったら、こんな素敵な映画になりましたって例。

世界中の誰もが知ってるビートルズを自分以外の誰もが知らなかったら・・・・・・
売れないミュージシャンの主人公が「Yesterday」を歌った時に周囲の友人が言葉を失うまでは想定内だったが、Googleでビートルズと調べると「甲虫」と出てきたり、オアシスも存在しなかったり、けど、チャイルディッシュ・ガンビーノは健在と、ウィットに富んだ冗談にセンスを感じる。
ついでに、劇中では、コカコーラも煙草もハリーポッターも存在しないことになってるのは、行き過ぎた表現だと思ったが、それだけ世俗的なものや、大衆文化形成にビートルズの影響が大きかったことを表現するに十分過ぎるユーモアではある。

その他は、王道的なラブ・ストーリーに落ち着くのだが、それこそビートルズが世界に発信し続けてきたメッセージ。終盤では、まさかのアノ人(職業が画家というのも面白い)まで登場するのだから降参である。その人は「愛する者に愛を伝え、偽りなく生きていく」隣にオノヨーコは当然いなかったが、「All You Need is Love」だ。基本過ぎて、逆にその愚直なメッセージに感動する。

この映画、実はエド・シーランの存在がかなり大きい。彼は言わずもがな世界で最も売れてるシンガーソングライターだ。通常、映画におけるミュージシャンの位置は付属にしかならないものだが、エドがいなかったら、ドリフの「もしもシリーズ」宜しく、そんな馬鹿な!な、ファンタジー小作に過ぎなかっただろう。

[PR]


現代にビートルズが歴代の名盤を出したら、どうなるか? 例えば、『ホワイト・アルバム』は白すぎる、『アビーロード』は単なる道だ、『サージェントペッパー』は意味不明すぎるなど、今の時代性で名作を湾曲させてしまうのが抱腹絶倒。挙げ句の果てには、「Hey,Jude」は「Hey,Dude(調子はどう?)」に変えて相棒の歌にしようは最高に笑えた。滑稽で面白いし、これってmetoo以降のTimesUpの風潮で、人種や性別を強く意識しすぎる現代への究極の皮肉にも思える。もちろん、差別擁護はしないが、アーティストの意見よりも大衆迎合しか頭にないギョーカイには強烈なパンチだろう。

また、何故か主人公は「Eleanor Rigby」が歌えないとか、主人公以外にビートルズを覚えている男性と女性の存在が出てきたりと、ミステリアスな展開がスパイスとなり、最後まで目が離せない。映画自体は、安易な発想だけど、素敵すぎるセンスで、こうも映画って耽美で情緒性を手に入れるんだなと感心した。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  2. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  3. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  4. ポール東京ドーム初日を観た!
  5. 【速報ライヴレポ】ハリー・スタイルズ初ソロ来日公演を間近で観た!彼こそ時代の寵児…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】マリアンヌ

    久々にハリウッド映画を堪能できた気がした。その理由は顔にあった。古…

  2. 映画レビュー

    決して米軍万歳ではない『ハクソー・リッジ』でメル・ギブソンが描きたかった本当の事とは?

    メル・ギブソンの映画は苦手である。痛々しいシーンが無駄にリアルで目…

  3. 映画レビュー

    マーベルの二番煎じとは言わせない!『ジャスティス・リーグ』世界中がこういうDC映画を待っていた!

    何でコレを最初から出来なかったのかと問いたくなった。これまでの『マ…

  4. 映画レビュー

    『キングスマン ゴールデン・サークル』エグさ健在!カッコ良さ健在!続編大成功!

    アクションの描き方も相変わらずの巧さだし、それに伴う音楽の使い…

  5. 映画レビュー

    『アド・アストラ』映画的醍醐味も希望も描けないスッカスカな駄作

    くっそつまらない!大概の映画は表現の存在として認める性質だ…

  6. 映画レビュー

    横浜流星と中尾暢樹の戦隊俳優が魅せる感涙の王道青春映画『チア男子!!』が熱い!

    いい映画を観たなというのが率直な感想だ。朝井リョウ原作の青…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  2. 邦楽

    月曜から夜遊びでマツコから「非イケメン宣言」受けたMy Hair is Bad椎…
  3. ハリウッド

    年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  4. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  5. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
PAGE TOP