映画レビュー

人種差別を逆手に取った今までにない恐怖『ゲット・アウト』に身の毛がよだつ!

© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

※ネタバレ注意※
この記事は映画の内容に触れていますので、閲覧には十分に注意して下さい。

『シックス・センス』以来の衝撃だった。身の毛もよだつとは、こういうことを言うのだろうという映画体験だった。とにかく、アイディア勝ち。前半で特に意味を持たないと思われる細かなエピソードを回収する脚本の功名さに唸らせながらも、人種差別という米国に永遠に根差している社会問題を意表を突く形で結論付ける。単なる黒人差別の映画だと思ったら痛い目に遭うぞ!

トランプ政権が発足して約1年が経とうとしているが、今や米国は完全に分断されている。保守層が台頭しながらも、俳優や歌手にも多いリベラル派と対立していく中で、マイノリティ差別はより根深いものとなっている。
そんな世相の中に於いて、この映画は、白人彼女の実家に招かれた黒人彼氏の主人公を描くという、ある種の冒険をする。序盤で黒人彼氏は「歓迎されるわけない」と彼女に不安を言及するが、彼女は「父は熱心なオバマ支持者だった」とリベラルな思想を持っていると説明する。実際に彼女の実家に歓迎されるも、まさか、この“歓迎”の意味が後々の戦慄の展開に結びつくなど想像もつかないだろう。

白人彼女の家に着いて早々ミステリーは始まる。使用人が全員黒人であること、次第に、その白人達に周囲に仕える黒人の使用人たちの、目がイッちゃってる表情に、主人公は疑問を抱くようになる。
終始ニタニタ(ニコニコではない)している女性使用人の気色悪さ、夜中に庭の奥から主人公めがけて一直線に猛ダッシュしてくる黒人使用人の描写は気色悪さのあまり鳥肌が立った。社交界で出会った黒人青年は、視線が定まっておらず、笑顔である物の感情が感じられないのだ。
これらの黒人の使用人に対する気味悪さって、今や世界を席巻しているホラー映画『IT』でも注目される“ピエロ恐怖症”(ピエロの無表情なところに恐怖を感じる)に近いものがあると思う。
この黒人俳優たちの演技の薄気味悪さこそ、この映画の最大のキーとなる。喜怒哀楽が読めない、まるで道化師やロボットのようなの演技。まさしく怪演だ。

社交界でも、一見リベラルと思わしき白人富裕層の老人たちだが、黒人である主人公を妙に褒め称えるのだが、どうも胡散臭い。骨格や筋肉、性欲など、褒めるにせよポイントが違うのだ。この居心地の悪さはマイノリティ視点ならではの気持ち悪さで、見事にそんな不穏な空気感を描き切れたことに脱帽する。

その謎を、黒人を白人よりも劣った人種としての差別意識とは真逆の発想で、観る者を圧倒させる。
言ってみれば、黒人の能力は高く評価していても、彼らを実験用のハツカネズミのようにしか捉えていない白人老人達の発想たるや、恐ろしい。黒人の能力を自分のものにする、SFチックな発想だからこそ「非現実的」で、その嘘臭さに救われる部分があるにせよミステリーとしての上出来さを感じる。最終的には『ハンニバル』宜しく脳みそパッカ~ン描写など、開き直ってる程のグロ描写で、どうにも逃げようのないホラー感を以て一種のホラー的娯楽性を生み出している。ミステリーで頭をフル回転しながらも、ホラー要素と心理的恐怖との格闘の末、久々に観疲れする映画だったなと感じる。これを、黒人コメディアンであるジョーダン・ピールが作ったというのだから驚きだ。

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  3. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  4. 何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  5. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…

関連記事

  1. 映画レビュー

    実写版『アラジン』賞賛する言葉が多過ぎて的確な表現探すのが大変なほど名作!

    この映画を賞賛したい言葉が多過ぎて的確な表現を見つけるのに大変…

  2. アカデミー賞

    【映画鑑賞日記】メッセージ

    宇宙人襲来映画は腐るほどあるが、その中でも群を抜いて素晴らしい…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】クリミナル 2人の記憶を持つ男

    スーパーマンの父親役から目立った作品にはご無沙汰だったケヴィン…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ターザン:REBORN

    (C) 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc.…

  5. 映画レビュー

    何故か『ヴェノム』が可愛く見える不可思議?最恐で最高のダーク・ヒーロー誕生!

    ヴェノムは既に2007年の『スパイダーマン3』に登場済みヴェノ…

  6. 映画レビュー

    『僕のワンダフル・ジャーニー』気持ち良い涙が流せた素敵な続編☆

    まさかの続編も号泣必至の心温まる感動作!続編は犬中心ではなく、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  2. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  3. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  5. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!
PAGE TOP