グラミー賞

【速報】第60回グラミー賞のノミネートが発表!今年の候補には異変が・・・黒人アーティストが多数!

© 2017 Recording Academy.

早いもので、来年2018年1月下旬に授賞式が催される「第60回グラミー賞」のノミネートが発表された。年末に向けて徐々に街中が慌ただしい空気感になってくる師走直前の、この時期に、来年の話題が出るもんだから、毎年言ってる気がするが、本当に早い・・・・・・

主要4部門のノミネートは次の通り。

●最優秀レコード賞
チャイルディッシュ・ガンビーノ「Redbone」
ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキーfeat.ジャスティン・ビーバー「Despacito」
ジェイ・Z「The Story Of O.J.」
ケンドリック・ラマー「HUMBLE.」
ブルーノ・マーズ「24K Magic」

●最優秀アルバム賞
チャイルディッシュ・ガンビーノ『Awaken, My Love!』
ジェイ・Z『4:44』
ケンドリック・ラマー『DAMN.』
ロード『Melodrama』
ブルーノ・マーズ『24K Magic』

●最優秀楽曲賞
ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキーfeat.ジャスティン・ビーバー「Despacito」
ジェイ・Z「4:44」
ジュリア・マイケルズ「Issues」
ロジック feat.アレッシア・カーラ&カリード「1-800-273-8255」
ブルーノ・マーズ「That’s What I Like」

●最優秀新人賞
アレッシア・カーラ
カリード
リル・ウージー・ヴァート
ジュリア・マイケルズ
SZA


まず驚くのは黒人アーティストの多さだ!
最多ノミネートはJAY-Zの8部門で、それをケンドリック・ラマーと、ブルーノ・マーズが追う形。

出典:YOUTUBE

今年2017年の授賞式では最優秀アルバム賞がアデルに輝き、ビヨンセの『Lemonade』が受賞を逃したように、グラミーはオーソドックスなポップやロックが評価される偏向的な側面を持ち、ヒップホップ勢を中心にした黒人アーティストが、グラミーには不利である問題点が取り上げられ、フランク・オーシャン、ドレイク、カニエ・ウエスト、ジャスティン・ビーバーまでも、多くのアーティストがボイコットを表明していた。
実際に米国の若い世代は、ヒップホップやR&Bを好んで聴く傾向があるので、老人賞と揶揄されることもしばしば。ここにきて、大きな変革が行われたのは、歴史的なトピックスである。
また、あれだけ商業的にも成功し、「デスパシート」と並んで2017年を代表する曲「シェイプ・オブ・ユー」をリリースしたにも関わらず、エド・シーランが全くソッポ向かれていることに米国中が驚いている。正直、私も驚いた(笑)こういうあからさまな偏向は、何となく、その権威が揺らぎ始めていることで、黒人音楽に媚びへつらっているだけなのかなとか思ったりもするが。

image source:http://www.mtv.co.uk/justin-bieber/

特に今年2017年に世界を席巻した「デスパシート」は最優秀楽曲とレコードにノミネート。同曲が受賞すると英語以外の楽曲による史上初の受賞となり(同曲に参加したジャスティン・ビーバーが歌えない宣言をして物議を醸し出した)、これも歴史的快挙になり要注目である。

出典:kendricklamar.com

是非とも、最優秀アルバムは、ケンドリック・ラマーの『DAMN.』に受賞してほしいところだが、唯一の白人女性であるロードの『Melodrama』も大傑作の呼び声高く、Rolling Stone誌など大手媒体が年間ベスト・アルバムに選出している。一方のケンドリックは、英国の主要3誌(英Q誌、Mojo誌、Uncut誌)がベストに選出している。順当にいけば、ケンドリックになるのだが、そこはグラミーである。壁は高い。仮に受賞したら、99年のローリン・ヒル、2008年のハービー・ハンコック(シンガーではないので除外してもいいと個人的には思ってる)以来の快挙だ。歴史は動くか? とにかく、このノミネーションを見て興奮を抑えられない。2018年1月28日(現地時間)が待ち遠しい!

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  2. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  3. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~

関連記事

  1. 音楽

    ボブ・ディラン自身の歌詞について語る

    初の歌手としてノーベル文学賞受賞となったボブ・ディランの貴…

  2. 音楽

    オアシス復活する準備は整ってるが、ノエルに物乞いするくらいならしない

    リアムの発言。期待を持たせて結局は兄弟の意地の張り合いで破断、…

  3. ライブレポート

    NE-YO、結構いいよ【SUMMER SONIC 09】vol.2

    幸いなことに雨が上がった。雨のフェスは過酷だからね・・…

  4. 音楽

    【世界が衝撃】1Dゼインが正式に脱退表明!

    本格的な春の訪れを感じさせる穏やかな日ですが、衝撃ニュース…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
  2. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  3. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  4. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
PAGE TOP