音楽

My Best Song 2014

U2新作をiTunesで無料配信!ストーンズ8年ぶりの来日公演!QUEENサマソニ参戦!アイス・バケツ・チャレンジ!ポール来日公演中止!ビーディ・アイ解散!ビーバー今年も大暴れ!マドンナ新作がリリース前に流出!・・・今年もいろいろとありました!

1年の終わりの恒例行事!My Best Song TOP10の発表です!!!
今年も素晴らしい楽曲に溢れた1年でした!
たった10曲に絞るのって大変なんです・・・そんな中で厳選した今年の10曲はこれ!

第10位 「Wrapped Up ft. Travie McCoy」Olly Murs
10年代の新たなPOPスター誕生の予感!昔ジャミロクワイに出会った感覚を思い出す!

第9位 「Mmm Yeah ft. Pitbull」Austin Mahone
オースティンがいつの間にか大人になってて驚く(笑)


第8位 「Rather Be ft. Jess Glynne」Clean Bandit
まずMVが強烈!親しみやす過ぎるメロディが心地良い!ダンス心をくすぐる!

第7位 「Shake It Off」Taylor Swift
他を寄せ付けないポジティブsong!最強のPOP女王を前に俺たちはひれ伏すしかない!

第6位 「Story of My Life」One Direction
世界中の誰もが共感できるテーマを世界No.1のPOPグループが歌う完璧さ!

第5位 「A Sky Full Of Stars」Coldplay
ColdplayがColdplay足る由縁を感じさせるROCKに脱帽!世の中を照らすROCK!

第4位 「Sing」Ed Sheeran
EDMじゃなくても、最高にダンサブルでcoolな曲★カッティング最高!

第3位 「Rude」MAGIC!
まず聴き心地の良さに驚く!レゲエ・テイストが癒される!大ブレイクも納得!

第2位 「Problem ft. Iggy Azalea」Ariana Grande
ルックスだけでも100点な気分♥2014年最高のディーバにして、最高級POPです!

第1位 「HAPPY」Pharelle Williams
今年の主役は満場一致でファレル!この曲で踊らないのは人間じゃない!

今年はこんな感じです!
とにかくファレルがノリに乗ってますね!
芸能界のど真ん中で勝負し続けるタフさには感心させられます!
今年は、ROCKにせよ、POPにせよ、アーティスト・サイドの確固たるヴィジョンを備えて世に放たれている楽曲が多かった、だからか耳に残る楽曲が非常に多かったのは嬉しかったですね。
来年も素敵な楽曲が、この世の中に溢れかえることを願って・・・
See You NEXT YEAR!

◆BACK NUMBER◆
●2013年

●2012年

●2011年

●2010年

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  2. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  3. 『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  4. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  5. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…

関連記事

  1. 音楽

    元1Dのゼインが脱退後、初めて公の場に登場

    世界で活躍するアジア人を賞する授賞式に出席。久々に公の…

  2. ハリウッド

    【ケイティ謝罪】二大歌姫の確執に急展開!テイラー&ケイティの喧嘩の歴史も振り返る!

    米二大歌姫のバトル、ここに来て急展開が起こった。あれほどT…

  3. 映画レビュー

    OASIS日本ラスト公演「FUJIROCK’09」を映画館で観る!

    フェスにおける生の現場に比例する臨場感のある音響。月並みな表現にな…

  4. 音楽

    レッチリのエア演奏に関して思うこと

    何の問題もないです!スーパーボウルのハーフタイムショー…

  5. 音楽

    レッチリのフリー、ベースで国歌演奏への批判を一蹴!

    NBAの試合にてレッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーが…

  6. 音楽

    ビリー・アイリッシュ「バカなトランプが再選するとか最悪」と相変わらずのド直球発言をする

    来年のグラミー賞で主要4部門全てに最年少でノミネートする偉業を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  2. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  3. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  5. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
PAGE TOP