邦楽

天は何物与えれば気が済むのか?新田真剣佑がザ・チェインスモーカーズのアノ曲を日本語カヴァーで歌の才能発揮!



@Mackenyu1116

本日は天は何物も与えてしまうのかって理不尽な不平等を憂う話。
20年以上日本のいい男ランキングを独占してきた木村拓哉と福山雅治もいい年齢になり、流石に女子高生や20代女性から話題になることもなくなってきた昨今、では誰が人気あるのかと言ったら、最近の「国宝級イケメンランキング」でトップにもなった新田真剣佑であろう。※もちろん、他にも人気俳優は大勢いることは承知なのでご了承頂きたい。

そんな真剣佑といえば、ルックスが整ってるだけでなく、筋肉質で運動神経も抜群、LA生まれで英語も堪能でハリウッド映画『パシフィック・リム』にも出演したりと(中国資本の映画のため中国人ばかり目立って台詞も出番も極端に少なかったが)、正しく天が二物も三物も与えてしまった罪深き完璧な男出演映画も軒並みヒットするなど、日本のいい男の看板を背負っている男である。



そんなイケメン絶対君主に、さらなる才能が見つかった!

「歌」である!

昔から俳優の曲は売れないと言われているが(織田裕二や江口洋介くらいでも大成功と言える)、浦島太郎の桐谷健太や、菅田将暉のように最近は俳優の曲がヒットする時代となっている。そこに真打のように現れたのが真剣佑だが、正当法で曲をリリースするのではなく、世界で最も稼ぐDJ、昨年のサマソニで最終日のヘッドライナーを務め圧倒的なパフォーマンスを繰り広げた、ザ・チェインスモーカーズの代表曲で世界的にも超絶ヒットした「Closer」を日本語カヴァーしたというから興味深い。目の付け所もイケメン過ぎる。
「Closer」と言えば、エモーショナルな美しい旋律に現代風なダンス・ポップのテイストで仕上げられた名曲、そこに真剣佑の流暢な英語まじりの日本語が乗せられ、今まで聞いてきた「Closer」とは、またいい意味で違った魅力に溢れた楽曲となっている。

で、実際に聴いてみた。

う、うまい・・・・・・顔良し、身体良し、語学力良し、演技良し、歌までも良し。
不公平だと思いませんか!? なんてしょうもない嫉妬してしまうほど。同曲は2020年2月19日に発売・配信される『World War Joy』の日本盤にボーナストラックとして収録されているとのこと。



同曲について、真剣佑は「誰もが知っている曲で誰もが一度は聴いたことのある曲なので、どう歌えばいいんだろうということをとても考えました。今回1番を日本語で、2番を英語で歌わせて頂き、自分の中でミックスして歌うことが新しかったのですが、とても楽しませて頂きました。「closer」の新田真剣佑ヴァージョン、ぜひ楽しみにしていて下さい」とコメントしている。これを機に、オリジナル曲を出すのもいいかも?

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ワン・ダイレクションのソロ実績がビートルズに並ぶ!活動休止後の各メンバーの成績も…
  2. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  3. ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
  4. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  5. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…

関連記事

  1. 音楽

    今年のサマソニもヤバい!

    こんなもん、行かないわけがないでしょww何にって、今年のサ…

  2. 音楽

    遂に雪解けの予感?それでもオアシス再結成が無いと言い切れる理由とは!

    触角が鋭いファンなら既に感じている事だろう。ノエルとリアム…

  3. 音楽

    【追悼】Avicii

    体調不良が続き来日が何度も延期になったこともあった。最初で最後の来…

  4. テレビ・芸能人

    シーア新曲MVで土屋太鳳が踊りまくり

    俺も大好きだったNHK朝ドラ「まれ」で知られる土屋太鳳が、顔な…

  5. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!(セトリもあるよ)

    ここ数年は空前の邦楽ロックブームなわけである。「好きな音楽のジャン…

  6. ハリウッド

    ビヨンセ新作を急遽リリースで夫の浮気を暴露!?

    ビヨンセが前作に引き続き、何の前触れもなしに急遽新作アルバ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
  2. ハリウッド

    今夏最大の話題作『パワーレンジャー』に同性愛描写で再び波乱の予感
  3. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN 2018 4日目(2018/08/12)ライブレポー…
  5. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
PAGE TOP