映画レビュー

『ジョン・ウィック:パラベラム』アクションが九割を占め正直飽きる・・・

(R), TM & (C) 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

愛犬を殺され、その復讐のためにマフィア組織を全壊させてきたジョン・ウィック。すべては犬から始まっている。本作でも、ハル・ベリー扮する女殺し屋が自分の飼ってる犬が撃たれた瞬間に、相手が権力者でも感情的に銃で撃ちまくったし、下手したら『僕のワンダフル・ジャーニー』以上に“愛犬家映画”なんじゃないかと思える。

前作で、裏社会でも聖域とされるホテル「コンチネタル」で禁断の殺しをしてしまい、掟を破ったことで、懸賞金1400万ドルが懸けられ、追われる身となるところから第三弾がスタート。役所手続きのように、老婆がジョン・ウィックが組織から除名され、全世界の殺し屋から狙われるまでカウントダウンする事務的な進行がゲーム仕様で面白い。鬼ごっこ、そのものだ。

このジョン・ウィックは裏社会が舞台となっているが、第三弾ともなれば、様々な組織が出てくる。様々な新キャラが出てくるのは、ロール・プレイングのようで面白い。ますますゲーム感が増す。その各国の組織へ向かうためにジョンは世界を縦横無尽に渡っていく。その無国籍感がシリーズ最大のスケール感を醸し出していたように思える。

[PR]


ただし、アクションが九割を占めるだけに、正直飽きる。アクションが売りのシリーズだけに力の入れようも凄いのだろう。終始そればっか。キアヌ・リーブス今年で55歳である。千葉真一を敬愛し、親日家で今年お忍びで三重旅行に来たらしいが、日本の柔術にも精通してるのか、銃撃戦というよりも、生身のアクションが多かった。それだけに迫力もあったが、むろん残酷なシーンもある(隣の老夫婦の奥さんは「ひゃっ!」と目を伏せていたので免疫ない人はご用心)、けど、ほぼ血は出ない。水戸黄門の世界。だが、それでいい。娯楽であるためには過剰な表現は最低限に抑えるべき、韓国映画じゃあるまいし。


三部作だと思って、どんな結末になるか見ていたが、意外や意外にまだ続く。全米の興収で『アベンジャーズ/エンドゲーム』が三週連続で首位をキープしている時に、初登場首位を記録しただけあって、回を重ねるごとに人気が増しているようだ。『マトリックス』以来のキアヌの新たな代表作にもなっている。キアヌが動けるうちは、ずっと続けるのがいいが、もう少しアクションは控えめにしてドラマも見せてほしい。派手なアクションが続けば、飽和も早いから。それだけ心配。主席連合を本格的に敵に回してしまって、ジョン・ウィック、これどう収集付けるよ?

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  2. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  3. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  4. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『空母いぶき』何もかも中途半端な駄作!それなら娯楽に徹していい気がしたが?

    映画は虚構であり娯楽に徹するだけでいいと感じている身としては些…

  2. 映画レビュー

    【報道とは何か?】映画という名のワイドショーだった『フロントマン』

    アメリカの大統領選は完全にエンターテイメントなんだなと思っている。…

  3. 映画レビュー

    成功と反比例して深まる孤独『ロケットマン』で人間の幸せは何かを考える

    『ボヘミアン・ラプソディ』の成功で製作者たちが次に目を向けたの…

  4. 映画レビュー

    『いぬやしき』加齢のギャップを活かせず、憲さんよりも佐藤健がカッコ良いのが最大の失敗!

    空中戦の映像は見事でした。昨今の邦画では最高クラスじゃないかと…

  5. アカデミー賞

    『シェイプ・オブ・ウォーター』の成功の理由は異質との性描写で逃げなかったことにある!

    異物との性描写を逃げないからこそ究極の愛が描けた甘美で倒錯的な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…
  2. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  3. ハリウッド

    『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  4. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  5. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
PAGE TOP