映画レビュー

【映画レビュー】演技派シャラメの片鱗が垣間見える、Netflix本気の史劇『キング』




© Netflix

王様って実に不自由な職業だと思う。正室の長男なら、生まれた瞬間から人生の全てが決まってしまうのだから。当然、そんな中で、やる気のない王様が出てくることだって、そりゃあるだろって。この映画『キング』で今をときめくティモシー・シャラメが演じる主人公がヘンリー五世は、生誕時に既に従兄が英王を務めていたから、「どうせ俺に王位は来ね~や」とテイタラクな生活をしてたと(長髪で堕落したダメンズっぷりが意外にもシャラメに似合っている)。
しかし、王位が従兄弟側から自分側に映ったことで、将来を真剣に考えなければならなくなり、王として覚醒するまでの成長物語を描いたのが、この映画。シェイクスピアが元ネタだとか。



史劇の傑作と言えば『ベン・ハー』や『ブレイブハート』『グラディエーター』のように筋肉隆々の英雄が暴れるイメージが強いが、それとは異なり華奢なシャラメが主人公というところが今っぽいし、無駄な争いを避けようとする異質な王が描かれている。
実際のヘンリー五世は、軍事能力に長けていて、何回も国内での反乱を収めていたんだとか。思えば、劇中でも戦争をそつなくこなしてるから、軍事スキルの高いヘンリー五世像はしっかりと描かれているんだなと思うが、和平を望むようなアイドル的な脚色?部分はシャラメだからこそ成立し得る今時の国王像だと感じた。
それを支えるジョエル・エドガートンの頼れる兄貴的右腕感も最高にかっこいい。

© Netflix

従来の史劇と比べれば迫力に欠けるものの、綺麗事だけじゃ済まないことばかりで、歴史が作られるとはこういうことなんだと未熟王と共に感じられる久々に濃い歴史モノだったと思う。
同時に、将来ハリウッドを背負う存在になるかも知れないシャラメの初の時代物という意味合いでも見応えはあろう。同性愛に揺れ動く青年、女性を虜にするイケメン、麻薬中毒の青年、若草物語で演じた富裕層など、どちらかというと「軟弱」だったり「優男」な配役が多かったが、戦闘直前に王として民衆を奮い立たせる台詞を叫ぶ姿に、シャラメの新たな演技派としての一面を垣間見ることも出来て嬉しい。イギリス訛りも完璧で高評価だ。

何よりも、この映画の存在意義は、Netflixが本気出せば、ここまで本格的な史劇も作れるという一種の指標にもなっていることで、その高いクオリティには驚かされた。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  2. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  3. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  4. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  5. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~

関連記事

  1. 映画レビュー

    驚異の技術力を示した実写版『ライオン・キング』だけど失った物もある・・・

    驚異的な再現力に脱帽としか言いようがないオリジナルに忠実に再現…

  2. 映画レビュー

    絶対的なエンタメ性!これぞ娯楽作の鑑!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

    これぞ娯楽の鑑だ! 何なんだろう、この安定の絶対的なエンタメ性…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    KEYTALKの八木氏はナゼ愛されるのか?その無敵な愛嬌の謎と八木氏のドラムテク…
  2. 映画

    何故「バルス現象」は起きるのか?その理由は日本特有の国民性と風土にあった!
  3. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. ニュース

    【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
PAGE TOP