映画レビュー

『ジェミニマン』役者若返り達成!リー監督による技術への飽くなき追求に驚愕する!

(C) 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

役者の若返りが遂に達成された革命的映画だ!

『ベンジャミン・バトン』でも達せなかった映像技術

技術が日々進歩する映画でも唯一不可能なことは「若返り」だと感じたのは、2008年『ベンジャミー・バトン 数奇な人生』を観た時だった。年月が経つに連れ年齢が若くなる男性をブラピが演じたが、結局は完全な若返りが果たせなかった。無理矢理、特殊メイクで皺とか頑張って調整してる感が垣間見えて、ブラピが実際に若い時の息を飲むようなイケメンぶりは再現できてなかった。湘南美容外科でもアンチエイジングは達成できても若返りまでは難しい、生き物は老いるのが宿命である限り。

[PR]

まるでタイムワープ?ウィル・スミスが若い!幼い!

まず、この『ジェミニマン』は、役者の若返りが達成出来てたのが凄い!
パフォーマンスキャプチャーによって三次元空間でも表情などの細かな描写レベルで若いウィル・スミスが再現されていた。違和感がない。『インディペンデンス・デイ』時の20代前半のウィルと見比べても差があまりない。実肌感の瑞々しさまで、実にリアルだ。

アン・リー監督は世界イチの映像革命家である!

思えば、アン・リー監督は映像に拘ってきた革命家でもある。『グリーン・デスティニー』で、ワイヤー・アクションを世界の映画界に定着させたり、『ブロークバック・マウンテン』では広大な自然を大きく切り取り詩的な映像美を表現、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』では3D描写に長けた映像で圧倒させられた。そして、今回の『ジェミニマン』で役者の年齢さえも操ってしまった。これを映像革命と言わずして何と言おう。

[PR]

若スミスvs老スミスの決闘映像の斬新さの勝利である!

凄腕のガンマンが引退をほのめかした瞬間、若かりし自分が自分を消しに来るというアクション映画王道的内容も気持ちが良い。こういう分かり易い映画は好きだ。若い頃の自分と喧嘩して勝てる気はしないが、そこはウィル・スミスである。若かりし頃にも劣らない重量級の肉体で立ち向かう。その何年経っても崩れない象徴的ヒーロー像は流石だ。勢いだけの若スミスと、いぶし銀の老スミスの対極的な交わり方が実に面白い。

時空を超え、未来からやって来た自分と戦うのは『LOOPER/ルーパー』で、クローン技術への危惧は『月に囚われた男』で既に観た設定ではあるが、それらを圧倒的な技術力でまとめあげ、役者の若返りを達成させた視覚的な驚異でもって、唯一無二の一大アクション映画に昇華させたアン監督に脱帽としか言えない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
  2. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  3. 【ヒットの勝算はネット戦略にあり?】恐怖のピエロ映画『IT』が公開第三週で興収首…
  4. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  5. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…

関連記事

  1. 映画レビュー

    アメコミ映画には無い肉体を駆使するアクションに痺れる『ジョン・ウィック:チャプター2』

    前作は愛犬をチンピラに無残にも撃たれてしまったことから始まる大復讐…

  2. 映画レビュー

    『君の名は。』文句無しに大傑作!生まれて初めてアニメ映画で泣いた!

    生まれて初めてアニメ映画で泣いた。正直、ここまでとは思わな…

  3. 映画レビュー

    『バリー・シール/アメリカをはめた男』を見て感じた、貯蓄額の多さと幸福度指数は比例しない!

    まさに狂想曲。金に物を言わされ、米国そのものに踊らされるバリー・シ…

  4. 映画レビュー

    『記憶にございません』風刺も思想もほどほどに抑えて大衆喜劇として見事に成功!

    風刺を許さぬ現代に三谷幸喜の才が冴え渡る!特に今のご時世、音楽…

  5. 映画レビュー

    大根キアヌが暴走するだけの荒唐無稽なSF映画の駄作『レプリカズ』!

    出来そうで出来ないがSF映画のリアリティこの手のSF映画を許容…

  6. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する

    まず私が小学生高学年の時に親にアニメのVHSを買って貰ったのが20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  2. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
  3. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
  5. 日記

    パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
PAGE TOP