映画レビュー

『ミスター・ガラス』シャマラン監督流のこじんまりしたアクションが愛おしい

© Universal Pictures

全身の骨がガラスのように脆いサミュエル・L・ジャクソン、24人もの人格を有し、その内に驚異の戦闘能力を持つモンスターをしのばせるジェームズ・マカボイ、不死身で触れた者の素性が分かる超能力を持つブルース・ウィルス。18年前にもなる(覚えてる訳ねえだろ)2001年の『アンブレイカブル』と、2016年『スピリット』の物語を継承する完結編が、この映画ってわけだ。遂に、シャマラン監督まで、マーベルよろしくフランチャイズ映画を手掛けたと聞けば映画ファンなら黙ってる訳にはいかないだろう。俺は『シックス・センス』を高校生の多感期にリアル・タイムで観た世代なもんで、未だに彼を天才監督だと思う節が僅かながら残っている、僅かね(笑)

彼らの超能力は虚構であることを立証しようと、この超人三人を監禁して「あなた達の思い込みなのよ!」と女医さんが超人否定するって話ではあるんだけど、それの何に面白みを感じるべきなのか?うん、流石の俺にも分からんですわ。ただ、この映画がシャマラン監督への愛があるかの踏絵になる作品だなと感じたのは、どれだけシャマラン流のB級加減を許せるのか観客が試されてるんだと。
個人的には『ヴィジット』のような、こじんまりした田舎町が舞台であることが表しているように、シャマラン作品は小劇場ノリだから良きだと思っているので、この薄味なアクション映画も、これはこれでOKなんだ。シャマラン自身も低予算に拘ってるし、目指すべき所がスピルバーグでなく、ヒッチコックであるのも想像するに易い。

[PR]


そもそも、シャマランはアクション監督では無い、サスペンスやスリラー監督である。それを前提に観れば、ずっと車椅子で無言のサミュエルが暴れ出すシーンにはニンマリとしてしまうだろう。あれこそ、シャマランの持ち味である。

で、オオサカタワーなる謎の建造物が完成間近という前振りをしておきながら、そのタワーを出してこない謎の采配。これもシャマランらしい。タワーで大乱闘なんて、まるで『アベンジャーズ』的なことをしちゃうと、それこそ他のアメコミ大作と差が無くなる。この映画はシャマランのアメコミ美学が凝縮されてて、それは世界を席巻してるマーベルのような万人受けの良いスーパー・ヒーローではなく、もっとマニアックな域で、人知れず路地裏で活躍してるようなアメコミ世界こそ彼のヒーロー論だと窺い知れるので、病棟の庭で格闘する安っぽさで正解なのだ。

そして、まさかのオチが待っている。
シャマラン流スリラーは成功してると言えない者は映画ファン失格な!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]





[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  2. 半漁人の勝利!90回目のオスカー発表!
  3. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  4. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『15時17分、パリ行き』でハッキリした、映画に役者が絶対必要である理由とは?

    まず大前提として明確にしておきたいのは、この映画で描かれているテロ…

  2. 映画レビュー

    自分の起源を知り家系を大事にする想いに感動する『リメンバー・ミー』

    お盆の時期、幼い頃に両親の実家に行った際に、仏壇がいつも以上に大掛…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ドント・ブリーズ

    20年に一度のホラー映画と言うから期待していったんですが肩透か…

  4. 映画レビュー

    【ご都合主義で旧作と繋がってない】『猿の惑星:聖戦記』は、なぜ失敗に終わったのか?

    ※ネタバレ注意※この記事には映画の内容に触れております。ま…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】モアナと伝説の海

    冒険活劇として一級品だった。まるで『マッドマックス 怒りのデスロー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  2. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  3. テレビ・芸能人

    テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  4. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 3日目ライヴレポート
  5. テレビ・芸能人

    【徹底考察!】元SMAP「72時間テレビ」が大盛況!ネットはテレビに取って代わる…
PAGE TOP