映画レビュー

【映画レビュー】これぞ正当な後継映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』




© 2021 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

思えば、2016年の女版リブートは散々な評価だった。けど、それは実際にはポリコレの暴走なだけだと思ってて、内容云々の話ではなく、台詞が女性差別とか黒人差別だという指摘で騒がれただけかと思う。だって、原作自体がそこまで大傑作だった訳では無いからだ。気楽なポップコーン映画、コメディである。その類の映画の金字塔に変わりはないし、巨大なマシュマロマンに代表されるようにセンセーショナルで世界的大流行になったのは紛れもない事実。

そんな大都会で大人が活躍する話から、ど田舎でのストレンジャー・シングス感満載のジュブナイルに転換したのが成功したようだ!キャッチでは無くなったのも事実だが、ライトマン監督が、実父の作品を受け継いだことで、舞台を田舎に移したことは、すなはち自身の幼少期を反映しているような感慨深さも覚える。



ゴーストが恐ろしい存在では無くホーンテッド・マンション的な程良い感じで、間抜けなところも旧作を踏襲しているし、加えて、主人公の少女が科学オタクでギャグ・センス皆無だったりするのも好感持てる。ちょっとそれは反則だろというのもクライマックスであるが、結局のところ、正真正銘のリブート作品としては、許容範囲なわけで。旧作の軽いノリや質感のまま現代に復活させた手腕も見事だった!

旧作からの時間をどう埋めるのか、ゴーストが復活し騒動を巻き起こす理屈から全てがアイディアに満ちていて無理くり感や嫌味が無い。そして、何よりも30年後にもかかわらず、ゴースト対峙の装置が当時のまま、最新技術が加わっていないアナログ感が何よりだ。そういった旧作へのオマージュも敬意も愛着も十分にある、正当な後継映画と言って満場一致で賛同されることだろう!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  2. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…
  3. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  4. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  5. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…

関連記事

  1. 映画レビュー

    絶対的なエンタメ性!これぞ娯楽作の鑑!『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

    これぞ娯楽の鑑だ! 何なんだろう、この安定の絶対的なエンタメ性…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】アーロと少年

    (C) 2016 Disney / Pixar. All Rights…

  3. 映画レビュー

    アメコミ映画には無い肉体を駆使するアクションに痺れる『ジョン・ウィック:チャプター2』

    前作は愛犬をチンピラに無残にも撃たれてしまったことから始まる大復讐…

  4. 映画レビュー

    【ご都合主義で旧作と繋がってない】『猿の惑星:聖戦記』は、なぜ失敗に終わったのか?

    ※ネタバレ注意※この記事には映画の内容に触れております。ま…

  5. 映画レビュー

    帰宅部の高校生観て何が楽しいんだよ?虹色のはずなのに虹色じゃなかった『虹色デイズ』

    中川大志が主演じゃないという前提条件を把握してないと戸惑うことにな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  2. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  3. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 3日目ライヴレポート
  4. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  5. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
PAGE TOP