映画レビュー

【映画レビュー】毒舌御免!糞にもならない糞映画『大怪獣のあとしまつ』



©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

三木監督のギャグセンスの無さが改めて証明されたようだ。思えば、『図鑑に載っていない虫』で唖然として、こういったクリエーターが重宝される業界のセンスに懐疑的になっていたのだが、やはり合わないものは合わないと胸張って主張したい。

時間を無駄にした!

※くれぐれも断言したいのは、下ネタや下らないネタを嫌うほど頭は固くは無い!
ただ単純に三木聡と笑いのセンスが完全にマッチしない、それだけのことである。

何がそこまでと言うのは、敢えてウ○コなど幼稚園児ノリで笑わせようとする姿勢があざとく興醒めである。笑いについてアレコレ言うのは野暮だと思う(それが、自分がM-1を見ない理由でもあるのだが)。この映画が笑いのツボだという人もいるはずだ。しかし、とにかく面白くない。それはシリアスでないからだと感じた。ハイテンションなYouTuberのように、悪ふざけします宣言をしている学生ノリがウザいのと一緒で、シリアスでない世界観の中ではコメディは映えない。それは、チャップリンや志村けん、シティボーイズや、三谷幸喜作品が証明していよう。彼らはコメディの中では実にシリアスである。そこで起きる理不尽のギャップに笑いが起きる。また、俳優がコント番組に出るのを見るが、本当に面白くない。あたかも笑わせてやるぞというスケベ根性が垣間見えることで冷めてしまう感じだ。



環境相を演じるふせえりが、国防相演じる岩松了を背負い投げするシーンがあった。それだけでも、浮世離れしているにもかかわらず、投げ飛ばされた岩松了はデスクを粉々にしながら着地する。もはや、コント以下である。あまりに現実離れした描写は胡散臭さしか感じないどころか、誠実さを欠いたものに思えて、受け止める気にすらならない。まるで、ギャグセンスのない会社の上司の飲みに無理矢理に連れて行かれて、笑えよという空気感を出される苦行の時間のような居心地の悪さだ。
それで、あのオチである。あれをやってしまうのなら、いわゆるアレの30分番組の冒頭数分で済むだけのエピソードではないか。主人公がアレなんだから。ネタバレ回避のために抽象的表現で申し訳ない。

なもんで、原発事故、緊急事態宣言などの風刺も空回り、西田敏行はじめ名優達の名演も虚しく、怪獣の死骸を後片付けするという、せっかくの斬新な設定も台無しだった。今年公開予定の『シン・ウルトラマン』でお口直しができるのが、待ち遠しくなった。腐った前菜と思うようにする。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝スーパー戦隊の放送時間変更の暴挙は吉と出るか?
  2. 『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  3. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  4. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】バイオハザード:ザ・ファイナル

    この映画の存在意義は2つあると思っています。まずは、ゾ…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】帝一の國

    漫画原作というか邦画そのものに面白みを感じない自分が絶賛したい…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】エイプリルフールズ

    (C) 2015フジテレビジョンいいお話でしたね。嘘がきっ…

  4. 映画レビュー

    『レッド・スパロウ』で初ヌードを見せたジェニファー・ローレンスの女優魂に圧倒される!

    時代の寵児であるジェニファー・ローレンスが果敢にもキャリア初と…

人気の記事

  1. 映画レビュー

    『アベンジャーズ/エンドゲーム』 映画史に残る大傑作にして娯楽の頂点だ!
  2. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  3. ライブレポート

    ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 4日目ライヴレポート
  4. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  5. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
PAGE TOP