映画レビュー

帰宅部の高校生観て何が楽しいんだよ?虹色のはずなのに虹色じゃなかった『虹色デイズ』

(C) 2018「虹色デイズ」製作委員会 (C) 水野美波/集英社


中川大志が主演じゃないという前提条件を把握してないと戸惑うことになる。よりによって最も知名度が低く、華も無いEXILE系の兄ちゃんが主演だったと把握できたのは物語のクライマックスの時だった。そのくらい、中川大志の主役感と、EXILEの兄ちゃんの脇役感が相反することでの違和感があった。
大袈裟な例えだが、トム・クルーズはどんな映画に出ようと絶対に主演だ。脇役なんてことは有り得ない。『マグノリア』みたいな例はあるが、あれは群像劇なので除外。中川大志がミッション・インポッシブル級の俳優だとかって訳では無く、この面子なら主演でないとバランスがおかしいってこと。
役者には役者の立ち位置がある。中央に立つべき俳優がいる。若手俳優の人気者筆頭の中川は、この映画でも中心でなければいけなかった気がする。バランスがおかしい。完全な配役ミス。LDHの主張が強かったか、事務所の忖度なのか?

そもそも、この映画には青春がない。ドラマがないのだ。それは彼らが帰宅部であることが要因として最も大きい。何にものめり込んでいない。若さを無駄に消耗するなとか糞爺みたいな説教はしたくはないけど、これは映画だ。異性にだけ夢中な青春期を描いただけの本作に何も心が揺さぶらされない。「あの子が好き」それだけ。まるで、そこらの高校生のSNSを見ているようなみみっちさ。キラキラしているはずの劇中の17歳の日々は決して“虹色”ではなかった。



今一度、考えてほしいのは、リア充なんて言葉が定着して久しいが、それって結局、彼氏や彼女がいか否かってことでしょ? 恋人がいれば充実してるなんて実に充実のハードルが低い。その程度で充実してる認定は、浅はか過ぎる。そりゃ、恋人がいるに越したことは無いだろうが、恋人がいればALL OKみたいな軽薄さが逆に惨めだろうって。

UVERworldの言葉を借りるならば、《いつも甘えた家庭に包まれ/友達が100人いて/恋人が何十人いたって/満足出来ない人もいて/自らある種の地獄へ向かって行く/でも僕は違う/家族に憧れ抱いたままでも/まだ上手く友達も作れずに恋愛に臆病なままでも/前を向いて生きている/幸せも感じている/すべては自分次第》ってこと。

そんな自分も高校三年間の記憶をごっそり消しても差し支えないような貧相な青春しか送ってない。だからこそ、キラキラとした高校生活疑似体験がしたかったのだ。たまに、若手俳優が出るteen向けの映画を観るのは、この冴えない自分の青春期の補完作業なんだと自覚はあるが、期待は裏切られたようだ。
ただ、吉川愛の圧倒的ヒロイン感には言葉もなかった。女子高生がイケメンを愛でるだけの映画かと思っていたが、しっかり存在感を発揮していたのが流石だった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  2. 世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  3. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
  4. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  5. 『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』の功績は神話をオリジナリティをもって進展させ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    前作に続き続編も成功★『パディントン2』は、チャップリンイズムを継承する傑作娯楽だ!

    笑って泣けて、本当に心が温まる映画とは、こういう作品を言うのだ…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】日本で一番悪い奴ら

    (C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会綾野剛の圧倒的勝…

  3. 映画レビュー

    『デッドプール2』ブラックな笑いと過激描写が続編で増し増しで強引に続編成立

    前作で度肝を抜かされたブラック・ユーモアが続編となって何割か増し増…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  2. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  3. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  4. 音楽

    PSY「江南スタイル」が持つYOUTUBE再生回数1位の記録を破ったのは!?【最…
  5. ライブレポート

    【ライヴレポート】ポール・マッカートニー(2018/11/1@東京ドーム)
PAGE TOP