映画レビュー

先進国ニッポンの歪みを見事にえぐった今観るべき傑作『万引き家族』

(C) 2018『万引き家族』 製作委員会


是枝監督作品は優しさに満ち溢れている。絆や愛情とは何かという根本テーマがあるから、時には常識や通念的なものでは括れない、人間や社会の本質を露わにする。2018年春カンヌで最高賞パルムドールを獲得したことで、一気に注目を集め、是枝作品としては『誰も知らない』以来の、いや、それ以上の異例のヒットとなったわけだが、同時に賛否を巻き起こした。

「万引きなんか日本の恥部を晒して何が映画賞だ!」「犯罪を美化している」「日本を駄目な感じに描いた左翼映画」など、“万引き”というワードにだけ過剰反応を示し、偽物の愛国心を高らかに謳いあげる。気にも留めなくていい意見だが。作者の意図する本質的な部分の読解が出来ないで批判をするということこそ世界に恥部を晒していることに気付いた方が良い。
(そんなこと言う奴らは名作『カリオストロの城』を絶対に面白いって言うなよな。そもそもが大泥棒の話だからな。)

この映画は人と人の絆の物語に他ならない。愛情の物語。両親に邪険に扱われる幼女が、赤の他人で構成される疑似家族で得た幸せ。そこに暮らす全員が、貧しくとも身を寄せ合う不思議な絆。血よりも濃い情を描いたところが流石なのである。それは是枝監督が『そして父になる』でも描いていたことだ。万引きなんて単なる付録に過ぎない。



経済システムから除外された弱者へスポットライトを当てた本作は、先進国である日本でも、こういった現実があるんだという社会の闇を鋭くえぐる。目の上のタンコブ突かれたような気持ちだ。その救済こそ愛国だと思うが、是枝監督は万引き賛美をしているわけでは当然ないので、その語りの行く末は非常にシビアだった。

なにが凄いかと思えば、男児が万引きを繰り返す駄菓子屋のおっさん(柄本明)が、ずっと気付いてなかった風なんだけど、遂に幼女が飴を盗んだ時に、去り際に男児にチューペットみたいなのを二本差し出して「おい、妹にはやらせるな」と言うわけだ。これって要は許しでもあると思うんだよね。その頃から、男児は万引きに疑問を抱きはじめるんだけど、その悟らせ方が凄いなと。警察に捕まって叱られましたって物語を書くんじゃないところがね。厳しいとか甘いとかでは無く、諭すという効力が印象深かった。

あとは、実年齢以上に老けた樹木希林、見た目通りに小汚い親父演じたリリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優と、もう演技が上手いのなんのって。特に男児を演じた城桧吏が凄い。子供とは思えない目力と、是枝監督も言っていたが不思議な色気がある。これだけの演技派が揃う中で、引けを取らず、むしろ彼が中心の映画だったかなと思うくらいで。やっぱ是枝監督は子役のキャスティングと使い方が、も~うまい! 脱帽としか言いようがない。『誰も知らない』然り、毎っ回思う。今回の桧吏君も将来、柳楽のように変に途中やさぐれないで、役者として大成して欲しいなと思った。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  2. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  3. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  4. UVERworldの男祭り遂に東京ドーム実現!でも女性CREWからブーイング?
  5. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…

関連記事

  1. アカデミー賞

    【映画鑑賞日記】オデッセイ

    (C) 2015 Twentieth Century Fox Film…

  2. 映画レビュー

    『スプリット』多重人格を演じきったマカボイの怪演以上に驚くラストに注目!

    M・ナイト・シャマランという映像作家は不幸な作家である。20代にし…

  3. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

    ティム・バートンという映画監督をどういう作家性と位置付けるかにもよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ニュース

    遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  2. ニュース

    映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!
  3. 邦楽

    第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  4. 映画レビュー

    『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…
  5. ライブレポート

    安室奈美恵の引退ツアーを観る!世界中の賛美を彼女に贈りたい!
PAGE TOP