映画レビュー

シリーズのある種の頂点に達した『クリード 炎の宿敵』に胸が熱くなる!

(C) 2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


ロッキーが何故アカデミー賞に選ばれて映画史に燦然と輝く名作になったのか。今更ここで言わなくても、んなこと知っとるわい!と言われてしまうだろうが、ベトナム戦争の敗北によって自信を喪失した大国が再び威厳を取り戻し立ち上がらせるきっかけでもあったわけだ。おそらく当時のアメリカ人は自国の強さをロッキーに見立て、本物さながらの試合のシーンに身を乗り出し歓喜の雄叫びを上げんばかりに興奮したことだろう。
なんとなく、それが想像ついたのは、この映画を観て同じような、当時のアメリカ人の興奮に近いものを感じたからだ。思わず、拳を握りしめ身体を揺さぶりながら夢中になって見入ってしまった。特段シリーズのファンでもないのだが、何十年間に渡って脈々と紡がれてきたロッキーの一大叙事詩のバックグラウンドの壮大さが物語に奥深さを与えていた。これは単なるボクシング映画ではなく、親の遺恨を背負った宿命の物語だ。平然と見れるわけがない。様々な想いが頭の中を駆け巡り、胸が熱くなった。

[PR]


ロッキーは続編が続けば続くだけ、ソ連の戦闘サイボーグが出てきたりと、なんだか少年ジャンプのような世界観になってリアリティを失って行った(特に四作目なんか酷いもんだった)。しかし、正当な続シリーズである『クリード』によって人間ドラマとして感情の豊かさや、人間らしさを取り戻した感があり、続シリーズの二作目の本作で、これまで残されてきたシリーズの諸問題が誤魔化しなく解決され、真の決着が付いたような腑に落ちる大団円も感じた。感動もひとしおだ。

今更スタローンの演技下手を指摘するなど野暮ったらしく、逆にロッキーの棒読み台詞はもはや味であり、あれでこそロッキーなんだと言わんばかりだ。主人公の黒人青年(『ブラック・パンサー』での好演も記憶に新しいマイケル・B・ジョーダン)が婚約者にプロポーズする際に、ロッキーがエイドリアンに求婚した時どうしたかを尋ねるものの、「大昔のことだ」と言うロッキーの言葉にはそれこそ人生の重みすら感じてしまった。このような、ちょっとした台詞の背景に壮大な時間の経過と幾多の物語があるものだと感じる。ロッキーも年を取った。それだけ年月が経ったのだ。やはり時と言うのは偉大で普及の名作を映画の最新作で語り継いでいくことの重みを感じずにはいられなかった。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  2. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  3. アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  4. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  5. 『娼年』の実写化で性に真剣に向き合った監督と、素っ裸で腰振りまくった松坂桃李に敬…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『バリー・シール/アメリカをはめた男』を見て感じた、貯蓄額の多さと幸福度指数は比例しない!

    まさに狂想曲。金に物を言わされ、米国そのものに踊らされるバリー・シ…

  2. 映画レビュー

    【報道とは何か?】映画という名のワイドショーだった『フロントマン』

    アメリカの大統領選は完全にエンターテイメントなんだなと思っている。…

  3. 映画レビュー

    余計な台詞すら削ぎ落とし、戦争を臨場体験させる『ダンケルク』こそ真の戦争映画だ!

    21世紀の娯楽作の王者ノーラン監督が戦争映画を撮るとこうも凄いとい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 音楽

    【この夏も話題独占】ジャスティン・ビーバーの恋愛遍歴を振り返り!
  2. ハリウッド

    アベンジャーズ最新作がコナンに負けた?世界的な流行をも度外視する日本鎖国文化は奇…
  3. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  4. 音楽

    ジャスティン・ビーバー新曲のスペイン語が歌えず大ヒンシュクからのブーム化
  5. 音楽

    アリアナ慈善LIVE「One Love Manchester」を観て感じたこと
PAGE TOP