映画レビュー

【映画レビュー】『Fukushima50』感動の涙の裏で垣間見える不正確な総理叩きに戸惑う・・・



© 2020「Fukushima 50」製作委員会

臨場感のある再現に「あの日」を思い出す。メルトダウン寸前の福島第一原子力発電所の職員達の勇気ある行いは仕事や任務という言葉では片付けられない、何か熱いものを感じ涙腺に響く。

有事の際に、行き詰まった時、最終的には「特攻隊」頼りになってしまう。そういった大義名分のために、個を犠牲にする思想は個人的には甚だ疑問に感じるし、危険だと思っている。しかし、一号機のベントは人手でやらなければならない事情があり、未曾有の事故を防ぐという明確な目的の元の行動は、やはり賞賛すべきなのだろう。9.11以降のアメリカでは消防士が英雄と呼ばれたが、3.11の英雄は彼らなのではないかと思うほどだ。



大地震、津波という未曾有の災害を描くことを避け、ディザスター・ムービーではなく、ヒューマン・ドラマとして描いたことが功を奏したようだ。若松監督の前作『空母いぶき』のような、中井貴一のコンビニ店長のような明らかに浮いてる伏線も極力無くしたことも反省として活きている(笑)

何よりも、この映画の最も見所は、佐藤浩市や渡辺謙をはじめ、骨太な演技で魅せる役者の演技にあると思う。他にも、吉岡秀隆、緒形直人、萩原聖人、安田成美、平田満、篠井英介、佐野史郎と面子を見たら、その本気度が分かろう。(個人的には火野正平が良かった)日本映画界きっての演技派が集結したドラマは終始鳥肌が立つ。

ただ、脱原発の気風高まる昨今、原発に寄せる思い出を描くことで原発そのものが美談になっていくのは違和感がある。吉岡秀隆が一号機のベントに向かおうとした時に「あいつ」なんて、原発を擬人化する台詞すらあったのは首をかしげてしまう。結局、この映画は反原発なのか、原発推進なのか、答えを明確にしていない。
今も放射能はダダ漏れであるのだから、この映画がハッピーエンドで良かったと美談では片付けられない。



また、この映画で総理大臣があからさまな障害として描かれているのには疑問を感じる。官邸が原発処理の障害になっているのは事実なのか? 福島民友新聞に掲載された、東電の協力企業のベテラン作業員のコメントに「こんなところにも総理が来てくれるんだと感心したぐらい」とあるように、必ずしも枷になったのでは無いということ。
これは『踊る大捜査線』以降、キャリア・本店を敵視する心理描写に共感が集まりやすい風潮もあって、大衆映画としては、こうした悪を作った方がいいと思ったのだろうか、エンターテイメントとして受け入れやすいのは確か。ただ、この映画に、詰まるところの3.11に善悪は無い。



そして、佐野史郎総理は「撤退はあり得ない!」とだけ怒鳴るが、実際の菅直人は「東電がやるしかない」(でなければ日本は滅びる)そんな時に「撤退はあり得ない。会長、社長も覚悟を決めてくれ。自分はその覚悟でやる」という意味合いとのことだ。あの時、撤退してたら、首都圏含め広範囲で、チェルノブイリの数十倍の事故になっていたことを考えれば、撤退を止めたことの是非は言わずもがなであろう。その描写を癇癪玉のように「撤退はあり得ない!」と省略して怒鳴るだけなのは、脚色が過ぎる。この映画が、事実として風化させない為の映画であるのならば尚更で、この映画で福島原発事故が語り継がれるとしたら、少し正確性に欠ける気もする。



(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

◆関連記事◆




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 第10回 独断で選ぶ素晴らしい邦楽たちTOP10 2018
  2. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  3. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  4. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  5. 想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『ジェミニマン』役者若返り達成!リー監督による技術への飽くなき追求に驚愕する!

    役者の若返りが遂に達成された革命的映画だ!『ベンジャミン・バト…

  2. 映画レビュー

    【音楽だけ】MVのような薄っぺらい映画『グレイテスト・ショーマン』なんかで感動してる場合じゃない

    薄っぺらい映画だった。こういうのを観て「夢を追うことの大切さを学ん…

  3. 映画レビュー

    群像劇の大傑作『パトリオット・デイ』を観て感じるテロ時代のリアル

    これぞ、刑事映画だと太鼓判を押したくなるような大傑作だった。この映…

  4. 映画レビュー

    人種差別の本質を鋭くエグるリー監督最高傑作『ブラック・クランズマン』

    時たま衝撃を得る映画を観ることがある。自分が理解していると勘違いし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  2. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  3. 映画

    日本アカデミー賞とかいう老害賞には文句しか出て来ない
  4. 邦楽

    RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  5. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
PAGE TOP