映画レビュー

ジョディ・フォスター史上最高傑作だった『マネーモンスター』




TriStar Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

文句なしで今年のトップに入る娯楽作だと太鼓判を押したくなる傑作でした!
これまでのジョディ・フォスター作品は正直面白くなかったけど、これは大当たり!

舞台は株の情報を扱うテレビ番組。司会のジョージ・クルーニー扮する男が軽妙なダンスやコメントを繰り広げるような軽い番組なのですが、その番組の情報に騙されたと憤慨した視聴者が銃を片手に番組の収録スタジオに忍び込み、番組ジャック!ディレクターのジュリア・ロバーツ(久々に見た)と共に、この危機をどう抜け出すかの密室劇!
犯人との丁々発止のやり取りは、オスカー俳優たちの名演技が相まってか、一気に映画に吸い込まれますし、その様子を息つく暇もないほどの高速展開で魅せる構成が流石ですし、ジェットコースタームービーとして、見事に成功!

ただ、一見、クライム・サスペンスとして見られがちな映画ですが、この映画は社会派と呼ぶに相応しい、現代の米国を象徴するテーマ性が隠されており、今見るべき映画だと思います!
番組をジャックした犯人が崖っぷちな生活をしている、株取引で大金を儲けている企業には、この気持ちは分からないという動機が明らかになっていくのですが、そのバックグラウンドにはジョディ・フォスターによる強烈な<格差社会への批判>的意見が織り交ざっています。この映画の本筋はそこ!実際に、劇中でも番組を見ている視聴者たち、世論の声が、いつしか犯人への共鳴へと変わっていくのが興味深かったです。
『狼たちの午後』のアル・パチーノ宜しく、富裕層を敵にした犯人を英雄視する風潮を、嫌味なく描いているジョディの手腕は流石です!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※当記事の著作はROCKinNET.comに帰属し、一切の無断転載・再交付は固く禁ずる。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ポール東京ドーム初日を観た!
  2. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  3. サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  4. 【フジから若者が消えた?】フェスの“聖地”フジロックが中高年化している問題。若者…
  5. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】映画 ビリギャル

    (C) 2015映画「ビリギャル」製作委員会予告編で流れた、聖…

  2. アカデミー賞

    【映画鑑賞日記】メッセージ

    宇宙人襲来映画は腐るほどあるが、その中でも群を抜いて素晴らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~
  2. ライブレポート

    【ライヴレポ】ワンオク初の東京ドーム公演で見た“世界基準のバンドの風格”に圧倒さ…
  3. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 2日目ライヴレポート
  4. ハリウッド

    2018年も大活躍間違いなし“次世代イケメン俳優”を青田刈り!
  5. ライブレポート

    【フジロックレポート】FUJI ROCK FESTIVAL ’18で…
PAGE TOP