映画レビュー

『LION ~25年目のただいま~』母を訪ねて三千里もGoogleがあればお茶の子さいさい?

image source:http://screenrant.com/lion-trailer-dev-patel-rooney-mara/
© 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia


ベンジャミン・バトンをも凌駕する、なんとも数奇な人生である。幼少期に偶然乗り込んでしまった回送列車内で転寝してしまったがゆえに、とんでもない遠方まで運ばれ、言葉すら通じない場所(インドでは少なくとも30の異なる言語があり、全体で2000前後の方言が知られている)に降り立った主人公が、ホームレス、孤児院などの壮絶な経験を通じて、オーストラリアの裕福な夫婦の養子縁組になり、Google EARTHの力を借りて、25年ぶりに故郷に帰るという、これが実話だというから驚きである。

逆に言えば、強運の持ち主である。この主人公だって、下手すれば捕まって人身売買されてもおかしくないし、金銭代わりに変な大人に性的搾取されていたかもしれない。恐ろしいことだ。しかし、そんな危機を潜り抜け、孤児院に保護され、養子縁組され、一流の生活と教育を手にした彼は、やはりかなりの強運の持ち主だ。そもそも、幼少期という、かすかな記憶を辿って、バーチャルのGoogle EARTHで故郷を見つけ出すなど、奇跡に近い。科学の力以上に、彼の運の強さに感心した。

主人公が恋人と喧嘩をするシーンがある。心配をかけ続けている家族に自分の安否を伝えたいと、その気持ちが恋人には分かるまいと責め立てるシーンだ。自分を案ずる人がいて、その人が何処にいるかも分からないもどかしさを察する彼の気持ちを想像すると、張り裂けそうな想いだ。
また、ニコール・キッドマンが、これまでにない存在感を醸し出している。養子を本当の子のように愛し、その人生に満足し、それこそ幸せであると断言するシーン。これぞ、正しくハリウッドで流行(?)している養子縁組ブームの、セレブ達の真意、本音なのだろうと思った。地位と名誉、お金があるから出来ることではあるが、それ以上のものが養子縁組をすることに意味合いがあるのだろう。

それと強く感じたのは、人生は過去よりも未来が重要で、後ろめいてばっかでは何の意味も成さないって思っているけど、この映画のメッセージは真逆であること。自分が何処から来て、どこに向かうのかを知るためには、自分の過去・ルーツを知ることも重要だということ。主人公は自分のルーツが分からず、過去の喪失により、経済的にも、対人的にも満ち足りている人生なのに、どこか不安気で、未完成さを感じるのだ。大人になっても拭いきれない喪失感の払拭のためにも、故郷に帰るってことは、彼自身のけじめをつける意味合いがあったんだろうなって思う。
おそらく、映画では描けないレベルの酷いことは起きていたんだろうなって感じる。あくまで、映画は美談にしたいから。先でも、人身売買や性的搾取のような描写があったと言ったけど、もしかしたら主人公は、そういう目に遭ったのかもしれない(じゃないと、大人になっても頭を打ち付ける程、苦悩しないと思うのだ)。壮絶な半生だったと思う。だから、帰郷のシーンなんかは、映画以上の感極まる思いがあったに違いないと思うのだ。逆に言えば、それを、この映画はドラマに出来てないと言ったらそれまでだが。

あまりに時間的にも距離感も壮大過ぎるし、その経験の数奇さが壮絶過ぎて、実話がフェイクに思えるほどで、感動の実感すら持てない。なんだか、「奇跡体験アンビリバボー」を観ているような感覚に近い。ただ、この映画のラストで、ユニセフを通じて、世界の子供の行方不明者は毎年数万にも及ぶことが伝えられ、この映画で起こったことが決して唯一無二な出来事でもなく、フィクションで片付けられるものでもない深刻さを物語っていることを忘れてはいけないと思い示された。社会が子供を守らなければならないのだから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. パリピが日常悩んでる嫌なことって何?ストレス溜めない極意がULTRA JAPAN…
  2. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  3. 【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  5. 【追悼】アメコミ界の巨匠スタン・リー逝去~映画カメオ出演を振り返る~

関連記事

  1. 映画レビュー

    『アウトレイジ 最終章』は暴力映画ではなくコメディ映画だった(笑)

    日本人は“不良好きDNA”が流れている。昔悪かった自慢など何の意味…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】マグニフィセント・セブン

    原作があまりに名作だとハードル高くて困るよね?笑『七人の侍…

  3. 映画レビュー

    『キングスマン ゴールデン・サークル』エグさ健在!カッコ良さ健在!続編大成功!

    アクションの描き方も相変わらずの巧さだし、それに伴う音楽の使い…

  4. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】殿、利息でござる!

    喜劇かと思っていたら意外にも感動作だった。この時代劇が2016…

  5. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ぼくは明日、昨日のきみとデートする

    (C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会…

  6. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

    冒頭から巨大な海洋的な異性物が落下してきて、お馴染みの駄目駄目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    DA PUMPがSMAPの振付をすることが芸能界で衝撃的である理由
  2. ハリウッド

    『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  3. 映画

    『いぬやしき』興行失敗で垣間見える漫画原作映画の限界~世間はエグさに飽きている
  4. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  5. ハリウッド

    【SW神話崩壊?】北米で『ハン・ソロ』の興行収入が大コケ!その理由とは?
PAGE TOP