映画レビュー

『LOGAN/ローガン』一人の俳優が17年間演じ続けたキャラを最後まで演じ切る気迫を見よ!

image source:http://www.imdb.com/title/tt3315342/mediaviewer/rm1144861696
© 2017Twentieth Century Fox Film Corporation

2000年に始まった『X-MEN』を観た時に、誰がこんな悲劇的で壮絶なエンディングを想像できただろうか。今までのVFX依存のド派手な映画は何だったのだろう? と思えるような方向転換。近未来の世界は逆に荒廃し、まるで西部劇の時代に逆戻りしたかのよう。往年の名作『シェーン』等の西部劇が随所に織り込まれていることからも西部劇愛が伝わってくる。内容以上に見た目重視のCG映画が、こうもテイストを変えてくると思うと、一本取られた感が凄まじい。

このような、従来のイメージを180度ガラリと変えるクリエイティブというのは、本当に優れていると個人的には思っている。
携帯会社のCMで、それまでのギャグ路線から桐谷健太が真剣に歌ってヒットした「海のうた」然り、まるでオープンキャンパスのような爽やかなポスターで、従来の下品なイメージの脱却をし、アダルト製品を身近な存在にしたTENGA然り。レガッタの早慶戦のサイトも、鍛え上げられた大学生の肉体を露出することで、宣伝、話題になったり(後に、大学から裸NGを食らうが)。ホラー映画のようなタイトルの純愛小説『キミの膵臓を食べたい』も、今流行中の「うんこドリル」も、イメージ脱却・ギャップの成功例である。

この『ローガン』も、発想的には同じだ。「まさか、あのCG満載な子供映画が西部劇に?」と、興味が湧き、久々に見入ってしまった。17年間もの間やっている長寿シリーズである。飽和という大きな課題が圧し掛かる。その脱却に見事に成功している。流石としか言いようがない。まさしく有終の美である。

この映画が何よりも革新的だったのは、ミュータントの加齢を描いたことだった。
日本ではアニメキャラの加齢はタブー視されている。のび太も、しんちゃんも、ちびまる子も、年を取らない。それに対して、本作のウルヴァリンは、白髪交じりで、どこか弱々しく、従来通りの力強く華麗なヒーロー像として描かれなかった。それどころか、今まで巨大な力として描かれてきたプロフェッサーXは介護を要する老人でしかない。それをウルヴァリンが介護している画は、実にシュールだった。これらから、このエピソードが、X-MEN史上、もっと言えばマーベル史上最も“異質”且つ、重苦しく、哀愁に満ち溢れ、終焉を迎えるのにどれほど適していたものであるか物語っている。

ウルヴァリンは常に闘ってきた。彼の人生を考えると破滅の繰り返しだった。その終焉に彼は何を思うか。ヒーローの終焉を見送る体験は滅多に出来ない。従来のアメリカン・ヒーローは不死身で無敵であるからだ。その方程式から逸脱した本作は、とことんウルヴァリンに贖罪を課せる。彼の若い時に姿が重なる少女の凶暴さを食い止めようと懸命になる。暴力しかなかったミュータントの人生の行末にしては実に皮肉だ。
敵から逃げるために、ウルヴァリンと少女、プロフェッサーXが古びたトラックで走っている様なんか、もはや『X-MEN』ではない。

まるで、俳優ヒュー・ジャックマンによる“自分の出世作”でもある同シリーズへの感謝や敬意と、17年間共にしたウルヴァリンに対する並大抵ならぬ愛情が、迫真の演技を以て表されているような気がして、とにかく圧倒された。これまでは全て漫画と片付けてきた同シリーズに、生身の人間的なエッセンスが加わることで、観ているのも辛い。その空気感は重々しく、果たしてあなたに受け止めきれるか? ただ、言えることは、マーベル映画に優れた名作が新たに生まれたということだろう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  3. 『君の名は。』のハリウッド実写化が失敗すると断言したい理由
  4. ポール東京ドーム初日を観た!
  5. 13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…

関連記事

  1. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】SCOOP!

    この国のジャーナリズムとは何か?それを『モテキ』や…

  2. 映画レビュー

    『オリエンタル急行殺人事件』名優勢揃い!それだけでも十分に楽しめる!

    ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、ペネロペ・クルス、ウィレ…

  3. 映画レビュー

    『キングダム』旬の俳優で人気漫画を角川映画っぽく味付けし成功

    原作が漫画なので内容が希薄なコミックだと揶揄しても仕方ない。に…

  4. 映画レビュー

    『アウトレイジ 最終章』は暴力映画ではなくコメディ映画だった(笑)

    日本人は“不良好きDNA”が流れている。昔悪かった自慢など何の意味…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 邦楽

    安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  2. ハリウッド

    【実は悪事を働いていない?】『美女と野獣』の悪役ガストンから読み解く、強さを求め…
  3. 邦楽

    【全曲レビュー】桑田佳祐の最新作『がらくた』が凄過ぎた!大衆音楽ここに極まり!
  4. 日記

    アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  5. ライブレポート

    COUNTDOWN JAPAN 1718 4日目ライヴレポート
PAGE TOP