映画レビュー

『ザ・ファブル』浅はかなギャグで自らアクション映画の看板に泥を塗る駄作中の駄作!

(C) 2019「ザ・ファブル」製作委員会

関係者とファンの皆さんごめんなさい!
この『ザ・ファブル』くっだらないっすわ!

なんだか浅はかだなと感じた。映画だけでなく、観客の反応もだ。暴力描写の狭間で、主演の岡田准一がお笑い芸人の真似をして茶化すことに笑いが起きる違和感。日本の平和ボケもいよいよ重症ってとこか。暴力と笑いのコントラストが見事に失敗していて、緊迫感も無いからアクション映画としても実に中途半端。日本は未だに『ミッション・イン・ポッシブル』は作れないということだろう。

アウトローの魅力も悲哀も描けない薄さ

理不尽に敵を殺りまくる映画として記憶に新しいのが、キアヌ・リーブス主演の『ジョン・ウィック』だ。恋人の形見である愛犬が、チンピラに殺されたことで、マフィア組織ごと皆殺しにしてしまうという無茶苦茶な映画だった。しかし、そこはエンタメとして華麗に敵を撃ちまくるド派手なアクションでアウトローの魅力が最大限に描かれていた。ドラマ「24-TWENTY FOUR-」も容赦なく暴力を振りかざすヒーローが描かれていたが、主人公のジャック・バウアーはどこか哀しみに満ちていて、己の宿命に涙する悲哀を感じた。けど、この『ザ・ファブル』は、そこまで踏み込めていない。コメディにも徹してない半端なアクション映画だった。

[PR]

イケメン枠から出れていない向井理と福士蒼汰

まして、敵が向井理や福士蒼汰である。
意外なキャスティングで、主演級の彼らを脇に置く、目の付け所は良かったが、彼らが反社会的組織の若頭やトチ狂った犯罪者というのは些か爽やか過ぎて、演技も大根。女性に愛されるイケメンの枠から出ていない。役者たるもの西田敏行のように『釣りバカ』も『アウトレイジ』もやってのける演技の幅はないとねぇ。
向井も福士も、各々の主演映画で興行的に失敗したので脇役に追いやられるのも無理はない(向井は『S -最後の警官-』『RANMARU 神の舌を持つ男』など大失敗、とにかく主演作で客が呼べない。福士も『曇天に笑う』『BLEACH』と大失敗連続で正直厳しい立場にいる)

柳楽優弥の演技力には感心した

そんな中で目立っていたのが柳楽優弥だった。何だろう? 彼の断末魔的な不気味さは。「ゆとりですが何か?」でも風俗店のボーイを見事に演じるなど、夜系裏系の役柄をやらせたら若手では群を抜いていよう。「WOWOWに入ろっかな? やっぱり辞めよっかな?」と有村架純を説得している兄ちゃんと同一人物とは思えない。大した役者だ。

[PR]

この映画が描くべきテーマは何だったのか?

結局、この映画で最も解せなかったのは、殺し屋が主人公で殺しを辞めるストーリーである以上、命の尊さに対する答えが示されなければならないものを、それがされていないことだ。安田顕演じる親分が「命ってのは理不尽なこの世で唯一平等なものだ、お前にとって命とは何だ」と問うシーンがあったが、それが明示されていないことに監督の未熟さを感じる。主人公の成長や心境変化が無ければドラマは生まれない。この『ザ・ファブル』は、それを放棄していた。生きるか死ぬかの瀬戸際のクライマックスでケツぷりぷり振りながらお茶らける岡田准一を笑わせるのではなく、命の尊さをガツンと主張するくらいのパンチあるアウトロー作品やってみろっての!

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ピーター死亡?アベンジャーズと違う?話題の映画『スパイダーマン:スパイダーバース…
  2. 年収50億のジョニー・デップが破産寸前な理由とは!~お金について考える
  3. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  4. ロッキンにサザン13年ぶりの降臨!昨年の桑田ソロに引き続きフェスに出る意味とは!…
  5. 『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『search』を観た!控えめに言っても大傑作!ここ数年で1番の大傑作と評したい!

    控えめに言っても大傑作である。素晴らしいアイディア、完璧な映画だ!…

  2. 映画レビュー

    【映画鑑賞日記】帝一の國

    漫画原作というか邦画そのものに面白みを感じない自分が絶賛したい…

  3. 映画レビュー

    『記憶にございません』風刺も思想もほどほどに抑えて大衆喜劇として見事に成功!

    風刺を許さぬ現代に三谷幸喜の才が冴え渡る!特に今のご時世、音楽…

  4. 映画レビュー

    『七つの会議』が掲げる「されどネジ」は日本の労働力賛歌だ!

    流石は池井戸潤原作だけあって面白い。ハズレが無い。主演に野村萬斎を…

  5. 映画レビュー

    『アウトレイジ 最終章』は暴力映画ではなくコメディ映画だった(笑)

    日本人は“不良好きDNA”が流れている。昔悪かった自慢など何の意味…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 映画

    是枝監督『万引き家族』がカンヌで最高賞!カンヌにおける日本映画の歴史と、今回の受…
  2. ハリウッド

    【勝手に大予想】ダニエル・クレイグ007卒業で次のボンドは誰になる?
  3. 邦楽

    サザン40周年ライヴをLVで観る!~親近感こそサザン最大の魅力だと再確認する~
  4. ライブレポート

    13年ぶりロッキンに出演したサザンが凄かった!ROCK IN JAPAN史上最大…
  5. ハリウッド

    【YOUTUBE誕生のきっかけ】来年2018年のハーフタイムショーはジャスティン…
PAGE TOP