映画レビュー

『僕のワンダフル・ライフ』この映画で泣ける幸せを噛みしめたい☆

(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

いや実際にはナイアガラの滝のように泣いた(笑)

ハルストレム監督の映画は本当に“温かい”のひと言に尽きる。『ギルバート・グレイプ』『サイダーハウス・ルール』『ショコラ』と、一貫として人生賛歌を謳ってきた。どれもこれも好きな映画だ。映画とはこうあるべきという作品を毎回撮ってくれる。で、今回の題材は「犬」である。反則技とも言える題材だと思うが、それでも絶対に観てしまう自分の単純さに辟易とする部分もあるけれども、結果、薄らと涙を流せたことに安堵感を覚える。こういう映画で泣けなくなることの方が怖い。

「泣ける(いや泣くに決まってる)」との絶賛の嵐!

https://twitter.com/mrs_potatehead/status/929321847681777664


https://twitter.com/mayu_kichi/status/925638918812381184

犬と共にある人生

話の内容は、一匹の犬が転生しながら様々な人生を歩んでいくというもの。主役犬は、最初に運命的な出会いをする。少年イーサンとの出会いだ。少年期に無邪気に犬と遊び、青年期のイーサンに恋人ができても常に一緒に過ごす。エリートであった父親が酒乱となり家族が崩壊したりと、家庭内でトラブルが起きることもある。人間も楽しい、辛いこともある。けど、それらは同時に犬も経験する。多くの喜怒哀楽を共にするからこそ愛おしく、かけがえない。

純粋無垢で献身的な犬だから人は愛を注ぐ

それから、主役犬は警察犬、雌犬、虐待を受ける犬など、様々な人生を転生しながら歩んでいく。各々のドラマは、そんな複雑な話ではないが、そのどれにも描かれていたのは、犬の無邪気さである。犬にも性格はあるが、絶対的に言えることは、犬が純粋無垢であるということ。けなげなのだ。犬が心の底では、愛くるしい姿とは異なって、どうこう思うとかは、ソフトバンクのCMだけでいい(ま、あれはコメディではあるが)。実際は、もっと本能的で、忠実で、純粋で、飼い主に対して無償の愛を捧げるもんなんだと思った。こういう描写には涙腺は容赦なく刺激される。何度も泣けた。

素敵なファンタジーをありがとう!

いろんな転生を繰り返しながらも、最終的に主役犬は偶然にもイーサンと再会する。そして、若い時に叶わなかった恋に一役買う。心地良いファンタジーを見せてくれる。こんなこと、あってほしいと誰しもが願うのかも知れないような、でも現実では有り得ないけど、起きたら素敵だなと思う“粋な”ファンタジーをハルストレム監督の温かさで描き切る。気持ちの良い涙と共に、劇場を後に出来た。こういう映画体験が出来ることに感謝しなければならない。

(文・ROCKinNET.com)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。
引用の際はURLとリンク記述必須。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ロック・イン・ジャパン2017 2日目ライヴレポート
  2. サンボマスター vs My Hair is Bad 男どアホウ夏の陣!日本ロック…
  3. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  4. マーベルが『ブラックパンサー』でヒーロー映画初のアカデミー作品賞を獲得するために…
  5. 映画『アントマン』では味方だった猛毒蟻“ヒアリ”について徹底解説!

関連記事

  1. 映画レビュー

    実写版『アラジン』賞賛する言葉が多過ぎて的確な表現探すのが大変なほど名作!

    この映画を賞賛したい言葉が多過ぎて的確な表現を見つけるのに大変…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ライブレポート

    【即日ライブレポ】KEYTALKの横浜アリーナ公演は到達では無く“門出”だった!…
  2. ニュース

    今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた
  3. ライブレポート

    SUMMER SONIC 2017 東京会場1日目ライヴレポート
  4. 音楽

    【FUJI ROCK直前特集 Part.2】音楽に政治を持ち込むのは是か?非か?…
  5. 日記

    大雪なので雪の日に聴きたい楽曲を集めてみた!
PAGE TOP