映画レビュー

『オーシャンズ8』有名女優の無駄遣い!そんな簡単に何億の宝石盗めるかッ!



(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ジェンダー意識が高まっている現代において、こういう女性優位な映画を批判すると#metooの気風から総攻撃を喰らいそうになって、世界中の評論家は口を紡いじゃうけど、俺はハッキリと言っちゃうよ、そもそもが映画としても面白くもなんともなかった。2001年に『オーシャンズ11』ってソダーバーグの映画があって、大学生だった頃に観て、感じたことと全く同じ感想だ。しょうもない!



豪華スターを共演させるためだけの映画。画ヅラが凄いでしょ自慢でしかない映画。
これだけの名だたるスターが出ていれば画ヅラだけでも持ちますよ。けど、動機づけが無いんだよね。何でサンドラ・ブロックは日常茶飯事に盗むのか? 『万引き家族』なんかは貧困問題があったり、何かしらの人物の生い立ちや取り囲む環境の事情とか、盗みに入る動機があると思うんだけど、サンドラなんて根っからの、かっぱらい癖があるだけでしょ? 元恋人への復讐ってのもあるんだろうけど、いくら復讐劇とは言え泥棒の美化で終わるなって。『狼たちの午後』のようにアンチヒロイズムを描く映画もあるけど、この映画は、ファッショナブルで、スタイリッシュで、表向きのカッコ良さだけ描いてるから、中身がスッカスカ。人間を描けてない気がする。感情無きマネキンが泥棒してるみたい。

そもそも、セキュリティガッチガチなセレブが集うようなPARTYでしょ?
そんな簡単に何億の宝石が盗めるかっつの!

しかも、防犯カメラの死角を狙うって、安直でアナログな発想で面白みもない。しかも、盗みが華麗過ぎて、危機的な状況にならないから観ててドキドキもしない。物語に起伏がない。
往年の名作『スティング』とか、最近で言えば『グランド・イリュージョン』とか手に汗握るような、娯楽性の高い詐欺映画はもっとある。こんな中盤で居眠りしたところで理解に苦しむことも無いようなeasyな映画ね、かたやトム・クルーズが怪我までして体張って映画を撮ってることを思えば、馬鹿にしてるのかという生温さ。女優さんの無駄遣いもいいところ。何でも女性版にすればいいっていう安直な考えなのも、行き過ぎた#metooと言われても仕方ない。



サンドラ、ケイト、アンと誰一人として、才能を活かした演技をしていない。
豪華な女優陣の中でリアーナが抜擢されたってのは、なかなか面白いキャスティングだなと思ったけど。女優にでも転向ですか?
最たるものは、監督の采配が振るえてないってことだと思う。スケジュールの調整だけ苦心して終わったと想像してしまうほどシナリオが置いてけぼりなんじゃないかなってほどに内容が無い。悪口も、これだけ書くには苦労するわ。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。



◆関連記事◆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 【速報レポ】My Hair is Badの初武道館公演を観る!椎木が提示した正し…
  2. 初の武道館公演を控えるマイヘア椎木ってナゼ好かれるのか?彼の魅力を挙げてみる!
  3. 【大混戦】#TimesUp運動の影響で本年度オスカー主演男優賞はティモシー・シャ…
  4. 安室奈美恵の引退への想い~安室という現象が現代の日本女性像を変えた~
  5. 今年2018年のサマソニがガラガラの異常事態!~その原因を探ってみた

関連記事

  1. 映画レビュー

    『検察側の罪人』ようやく見れた英雄以外の汚れたキムタク!

    この映画の最たる存在意義は、ジャニーズによる本格的な社会派であると…

  2. 映画レビュー

    【ご都合主義で旧作と繋がってない】『猿の惑星:聖戦記』は、なぜ失敗に終わったのか?

    ※ネタバレ注意※この記事には映画の内容に触れております。ま…

  3. 映画レビュー

    DC史上最高傑作『アクアマン』多用な映画的要素が詰め込まれた究極の娯楽作

    圧巻のアドベンチャーでありDC映画の不評を吹き飛ばす素晴らしい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. ハリウッド

    『マイティー・ソー バトルロイヤル』を楽しむための豆知識をちょこっとだけ紹介!
  2. 映画レビュー

    『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』からサザンがエロスを歌う…
  3. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  4. ハリウッド

    もはや超人!『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』の撮影舞台裏を知ればト…
  5. 日記

    アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
PAGE TOP