映画レビュー

『アントマン&ワスプ』物理学の常識を自在に遊びまくる発想が見事で楽しい!

© Marvel Studios 2018

『インフィニティ・ウォー』(以下、IW)が絶望的な内容だったので、少し心配だったけど、安定のコミカルさを維持していて安心した。何故、あのMUC史上最大のサノスとの激戦にアントマンがいなかったのかの直接的な答えは明示されていないが、二年前の『シビル・ウォー』でキャプテン・アメリカ達と共に反体制側に回ったことで逮捕されていたアントマンが自宅軟禁されているなど、IWで不在だった分「あいつ、どうしてるの?」という疑問が解決されてスッキリする。
ただ、本作はIWとは独立し、あくまでアントマンの世界観と時系で事は進んでいくので、他のキャラクターも出てこない。IWのインパクトがあまりに強烈だったせいもあり、あの続きが早く知りたい欲から考えれば、その点での物足りなさを覚えるかも知れない。

もはやマーベル映画は、ハズレ無しと言わんばかりの高品質な映画が多いためか、若干の“こなれ感”があって、予定調和的、まとまり過ぎている気がし、マーベル映画の中でも特段秀でている作品では無いと思う。
しかし、「LOST」で大出世したエヴァンジェリン・リリー演じるワスプの登場により、バディ映画としてアクションの幅が広がっているのが嬉しい。

[PR]


特に、サイズが瞬間的に自在に拡大縮小を繰り返すことで、想像を遥かに超す超絶カー・アクションが展開。スピーディーな展開と、車ごと縮小しては、敵の車体の下で拡大して、敵を車ごと吹き飛ばすなどの、痛快さに、アントマン健在がガッツリ証明されたのにも安堵する。キティちゃんのラムネ菓子が巨大化する描写も、前作で汽車の玩具内という小さな世界で闘ったアントマンらしい可愛い描写が嬉しい。何より、このアントマンはテクノロジーの発想が夢があっていいではないか。ビルごとキャリーケース化できたり、視覚的に楽しむことができる。

うだつの上がらない元泥棒男が段々と人間的に真っ当になって行く様子が描かれているのも興味深い。実は成長物語だったりする。もとは、彼は大義名分のあるヒーローでは無い。世界平和なんて興味もないだろう。あの利己主義の塊であるアイアンマンでさえも、多少はヒーローとしての宿命を背負っているというのに。アントマンにあるのは、娘への愛情だけ。立派な父親になることだけだ。
そういう40代の冴えない男が主役に抜擢される大作が作られるなんて素敵じゃないか。
日本に置き換えれば、この主人公はロスト・ジェネレーションに相当する世代である。非正規雇用とか結婚率の低下など、時代性が深く関わっている以上、この世代を総括的に駄目認定など当然できないが、順風満帆ではなかった人生、どこかアントマンと姿が被るところがあって、共感性もバッチリではないか。アントマンの姿は我々の投影でもあり、彼の成長は我々の夢でもあるのだ。

ただ、前作のように蟻の活躍がさほど描かれておらず、乏しいのが残念でならない。彼の仲間は、昨年2017年に日本で大問題になったヒアリであったが、その特殊な習性を活かした描写は面白かった。現実世界では繁殖しては困る外来種だが。今回は、蟻自体がアクションなどで重要な役割として捉われてないのが寂しい。

※この先は多少のネタバレ含みますので未鑑賞の方は、ご覧にならないようお願い申し上げます。

マーベル映画ではお馴染みだが、エンドロールの後の短編EPでようやくIWと関連する描写が映し出されるので、席は立たない方が良い。トイレも我慢!(笑)
サノスの指ぱっちんの影響も描かれており(アントマンが量子世界にワープした実験中に、ワスプも、父マイケル・ダグラスも母ミシェル・ファイファーも例の塵となって消えてしまうのだ!)、量子世界からアントマンがどのように現世界に戻って来るのか、そもそも、誰がどうやって気付くのか、全ては来年2019年公開の『アベンジャーズ4』に向けて稼働し始めている。
(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. 2017年 勝手に選ぶベスト洋楽 TOP10
  2. 『君の名は。』遂に北米公開で絶賛の嵐!
  3. 実は失敗していたサザンの紅白!ユーミンとの奇跡の共演に助けられ拍手喝采!
  4. 遂に日本国内興収100億円突破!『ボヘミアン・ラプソディ』はアカデミー賞を獲れる…
  5. エルレ細美が「待った!」転売野放し・・・チケットだけじゃないライヴ物販問題を考え…

関連記事

  1. 映画レビュー

    『スプリット』多重人格を演じきったマカボイの怪演以上に驚くラストに注目!

    M・ナイト・シャマランという映像作家は不幸な作家である。20代にし…

  2. 映画レビュー

    成功と反比例して深まる孤独『ロケットマン』で人間の幸せは何かを考える

    『ボヘミアン・ラプソディ』の成功で製作者たちが次に目を向けたの…

  3. 映画レビュー

    『アウトレイジ 最終章』は暴力映画ではなくコメディ映画だった(笑)

    日本人は“不良好きDNA”が流れている。昔悪かった自慢など何の意味…

  4. 映画レビュー

    キュウレンジャーは読売巨人軍だと思った『宇宙戦隊キュウレンジャーTHE MOVIE ゲース・インダベ…

    この夏はハリウッドがスーパー戦隊を本域で映画化した『パワーレンジャ…

  5. 映画レビュー

    ハリウッド女優の地位向上以上の続編成功例だった『ゴーストバスターズ』

    30年前は当時の映画興収歴代7位という大ヒットを記録し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. グラミー賞

    今年のグラミー賞で明確になった黒人音楽(RAP/HIPHOP)劣勢の事実と、ブル…
  2. 邦楽

    松任谷由実「恋人がサンタクロース」がクリスマスは恋人と過ごす日という社会的呪縛を…
  3. ハリウッド

    世界で大ヒット中の映画『スパイダーマン:ホームカミング』の主人公トム・ホランドの…
  4. ライブレポート

    METROCK 2017 1日目完レポ
  5. ライブレポート

    ELLEGARDEN復活ライヴを観る!10年の活動休止の先にあった変わらない尊さ…
PAGE TOP