映画レビュー

『マレフィセント2』異種を認め合う多様性時代を甘受するディズニーの鉄板映画

(C) 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

続編もマレフィセントは母性溢れる良い人

もはや『眠れぬ森の美女』の原型は跡形も無いくらいに、何をやってるの?感がますます酷く?なっていた。注目すべきは、やはりマレフィセントの立ち位置である。元々はディズニー屈指のヴィランである彼女が、前作で“まさか”の良い人で終わるという意表突いたオチで世界中を驚かせた。

アンジーの母性本能の主張が本作では大柱!

これも、養子をどんどん引き受けるほど、母親としてありたい意識の強いアンジェリーナ・ジョリーらしい展開だなと思ったものだが(まさか、その内の一人が原因で旦那ブラピと離婚することになるとは思っていなかっただろうが)、母性の描写こそ、このシリーズでは何よりも重要視されることは明白だろう。本作でもマレフィセントは、あくまで正義。

アンジーvsミシェルの大物女優対決が最大の見所!


今回は娘が隣国の王子と結婚するとなって一悶着。人間を嫌うマレフィセント母ちゃんと、妖精を嫌う王子側の母ちゃん同志が合うわけがない。『女王陛下のお気に入り』顔負けの女優同士のバチバチが何とも言えない面白さを与えている(大物女優同士の喧嘩シーンって、なんだかワクワクしませんか?笑)初の食事会でも泥沼化。王子側の母ちゃん(姑)の先制攻撃にマレフィセントがブチ切れて、見事な両家の顔合わせ失敗例。

けど、実は、その裏には、王子側の母ちゃんの陰謀が隠されているわけだが、その母ちゃん役のミシェル・ファイファー姐さんの大暴走っぷりがたまらなく良い! 『オリエント急行殺人事件』でも、あれだけのスターが揃って最後に全部掻っさらっていくんだから姐さんは凄い。今回も、アンジーの存在感を完全に食っていた。

勧善懲悪こそディズニーの基本だと再確認する

思えば、結局ディズニーは勧善懲悪なのだ。
悪がいなければプリンセスの悲劇性も、王子の英雄性も、最終的なロマンチックも生まれない。それらは、ヴィランが魅力的であればあるほど面白くなる。ミシェル姐さんを起用した勝利だと思う。
国を守るためには手段を選ばず、「運命のキスの相手なんて誰だろうと構いやしない!」と、おとぎ話の根底を覆す発言をするミシェル姐さんの凄みよ。

[PR]

指輪物語のような見事な冒険活劇だった!

マレフィセントに同じ種族がいるのは些かやり過ぎ感が否めなかったが、それら妖精と人間との間で不穏な空気が流れ、遂に戦争まで発展。その様は、もはや軽くロード・オブ・ザ・リングの様相(笑)決してディズニーチックではないが、時代に合わせて、おとぎ話を、こんな大胆な活劇に昇華させたのは凄いと言える。

異種を認め合うメッセージ性こそ本作の本筋!

人間と妖精間で起こった「異種を認めない」という偏向的な考えの愚かさを憂うメッセージ性は、もはや使い古された手法であるが、大国の大統領の口から差別的思想が平気で放たれたり、日本国内でも、どこぞの施設で障害者の命に価値を見出せないことで悲惨な事件が起き、ネット上で共感もされる現代には、多様性を甘受するディズニーこそ、こういったダイバーシティを広めることが宿命だと思わざるを得ない。

(文・ROCKinNET.com編集部)
※無断転載・再交付は固く禁ずる。引用の際はURLとサイト名の記述必須。

[PR]




[PR]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でROCKinNET.comをフォローしよう!

ピックアップ記事

  1. ノエル兄貴「ロックが衰退したのは『フレンズ』が原因」と独自の分析を披露!
  2. RADWIMPS「HINOMARU」が物議!ポップ・ソングの右傾化に不自然さを感…
  3. 遂にNYタイムズ誌まで?ガキ使の黒塗りメイク批判は行き過ぎだと思う理由!
  4. またもコンサート会場が狙われる「米国史上最悪の銃乱射事件」から音楽ライヴ運営の将…
  5. THE ORAL CIGARETTES山中がビバラでUVERworld TAKU…

関連記事

  1. 映画レビュー

    群像劇の大傑作『パトリオット・デイ』を観て感じるテロ時代のリアル

    これぞ、刑事映画だと太鼓判を押したくなるような大傑作だった。この映…

  2. 映画レビュー

    久々の韓国映画の成功例『新感染 ファイナル・エクスプレス』の勝算は単純さにあり

    99年の『シュリ』を皮切りに、文化としての成熟度の早さ、高さが凄ま…

  3. 映画レビュー

    『メアリと魔女の花』が駄目だった理由は完全に宮崎駿から解放されてなかったからだ

    アニメ映画というのは少なからず何か心に残るシーンと言うものがあろう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

[PR]
  1. 日記

    アナタが行くヤツ、それ本当にフェス?フジロックが世界の最重要フェス3位に選出!
  2. 映画レビュー

    『ブラック・パンサー』を観た!社会風刺と娯楽性が融合したマーベルの新傑作が誕生し…
  3. 邦楽

    毎年恒例の大発表!俺が勝手に選ぶ素晴らしき邦楽たち2016!
  4. 映画レビュー

    実写化史上最も成功していると言って過言でない『美女と野獣』に感動する
  5. 映画レビュー

    想定外のラストに衝撃!『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めてアメコ…
PAGE TOP